電力小売全面自由化 (Full deregulation of retail electricity market)

電力小売全面自由化とは

On April 1, 2016, entry into the retail electricity industry was fully deregulated, allowing all consumers to freely choose their electricity company and rate.

2016年4月1日から電気の小売業への参入が全面自由化され、すべての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

電力会社が供給する電力は、電圧の大きい順に、①特別高圧、②高圧、 ③低圧の3つに区分されています。最初の小売り自由化は、2000年3月にスタート。「特別高圧」にあたる大規模工場、デパートやオフィスビルが電力会社を自由に選べ、新電力からも電気を購入できるようになりました。2004年4月と2005年4月には、「高圧」にあたる中小規模工場や中小ビルへと拡大。2016年4月1日から「低圧」にあたる家庭や商店なども電力会社が選べるようになりました。これにより「電力の小売全面自由化」が実現しました。2021年5月31日現在の登録小売電気事業者数は、722事業者です。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介