スマートガラス(Smart glass)

ヒートポンプとは

This is an IoT window pane developed in 2012 by View, an American building materials startup company. It can flexibly change its performance according to the application and situation from a terminal via IoT.

アメリカの建材スタートアップ企業のViewが、2012年に開発したIoT窓ガラスです。IoTによって端末から用途や場面に応じてフレキシブルに性能を変えられるようになっています。複数のガラスを積層させ、それぞれに調光・遮熱などの機能を持たせ、太陽光を自在に調節できるガラスです。

また、太陽光を取り入れることによって、室内照明の消費電力も減らせます。加えて、ガラス自体に遮熱性能があるため、空調設備も使う必要がなくなります。そのことから、オフィスなどの消費エネルギーを約20%削減できるといわれています。通常のガラス窓の4倍近い製造コストがかかるため、低コスト化が課題となっています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介