FCバス(FC bus)

EV・FCトラックとは

As a type of electric vehicle, a bus that runs on a fuel cell system that generates its own electricity. It is also called a fuel cell bus.

電気自動車の一種で、燃料電池システムを搭載して自ら発電しながら走行するバスのことです。「燃料電池バス」とも呼ばれています。水素と酸素による化学反応で発電する燃料電池によって、モーターを回して走ります。

燃料電池車両は、水素ステーションで燃料となる水素を補給します。特長は、走行中にCO₂を排出しない環境性の高さや排気音が静かなところです。

2002年にトヨタと日野自動車が共同開発した大型燃料電池バス(FCHV-BUS-2)は、成田~羽田空港間、愛知万博や中部国際空港などで実証運転を行いました。2021年に開催された東京オリンピック・パラリンピックでも、選手やスタッフの移動用に燃料電池バスが運行されました。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より