V2H

V2Hとは

The term "V2H" means "Vehicle to Home" and refers to the concept of effectively using the electricity stored in EVs at home. V2H devices can be used to charge the car from the home and supply power from the car to the home.

V2Hとは「車(Vehicle)から家(Home)へ」を意味し、EVに蓄えた電力を家庭で有効活用する考え方のことです。V2H機器で家庭から車への充電、車から家庭への給電を行えます。

これまでEVへの充電は、自宅の100V/200Vコンセントから行うのが一般的でした。その後、家庭用充電スタンドの登場で、EVへの充電だけでなく、EVの電力を家庭で使用できる給電機能が備わりました。さらに近年は、昼に太陽光発電の電力を蓄えて夜に充電できるよう、蓄電池機能付き機器もあります。

V2H機器のタイプは大きく分けて2つあります。「非系統連系(太陽光発電を売電のみに利用している場合)」と、「系統連系(太陽光発電で自家消費している場合)」です。「非系統連系」はEVからの給電中に電力会社から電気を利用することはできませんが、「系統連系」は太陽光発電やEV、電力会社からの電力を同時に使用することが可能です。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より