サステナビリティ(Sustainability)

サステナビリティとは

持続可能性、または「持続することができる」という意味です。環境、社会、経済といった観点で、「将来にわたって、機能を失わずにシステムやプロセスが継続していける」という考え方です。

The idea that a system or process can be sustained in the future environmentally, socially, and economically.

もっと詳しく

形容詞は「サステナブル(Sustainable)」で、「持続可能な」という意味です。この概念は、国連の「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に公表した最終報告書「Our Common Future」で謳われました。本来「サステナブル」は、人間が自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキーワードでした。その後、この概念は1992年開催の地球サミットをきっかけに広がり、2015年に採択されたSDGs(持続可能な開発目標)にもつながっています。

近年は企業の社会的責任(CSR)の視点からも、サステナビリティへの取り組みに高い関心が集まっています。SDGsやグリーンリカバリー(環境重視の投資で、経済を浮上させようとする考え方)をきっかけに、環境・社会面の考慮と経済的リターンを、相反するものとしてではなく、「両立させて持続させるものである」という考え方が広まっています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より