国連人間環境会議(UN Conference on the Human Environment)

国連人間環境会議とは

世界初の環境問題についての大規模政府間会合です。1972年にスウェーデンのストックホルムで開催されたため、ストックホルム会議とも呼ばれています。

The world's first major intergovernmental meeting on environmental issues. Also known as the Stockholm Conference because it was held in Stockholm, Sweden in 1972.

もっと詳しく

会議のテーマは「かけがえのない地球(Only On Earth)」で、地球規模の環境問題であることを表しています。113ヵ国が参加し、環境汚染問題や人口、食、資源、野生生物保護など、広範な分野の問題について討議が行われました。討議の結果、「人間環境宣言」「人間環境のための行動計画」などの決議が採択されました。

人間環境宣言は人間環境を自然環境のみでなく、経済開発問題や人口問題なども含めて総合的に捉え、人間環境の保護と改善」に関する原則を宣言しています。

人間環境のための行動計画は、人間居住の計画と管理、天然資源管理、汚染物質の規制など、国際協力に関する具体的な勧告が示されています。これらを実行するため、専門的に環境問題を扱う「国際環境計画(UNEP)」が1972年12月に設立されました。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介