電気料金プランの比較・一覧 | COMPARISON

きほんプランB(東京電力管内)

新電力ネットの電気料金DBによる、ふくのしま電力が提供している電気料金プランの情報です。セット割引などのオプションではなく、電気料金の安さで勝負しているプランです。

以下にてプランの概要を見ていきます。より細かく最新の情報を知りたい方は、公式URLをご覧ください。

提供地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部
公式URL ふくのしま電力のHPはこちら
電源構成

電気料金の目安(年間)

 ※金額などの情報は目安となります。オプションや条件など最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

 ※情報更新:2017/11/21

1人暮らし

69665円

2人暮らし

119359円

3人暮らし

137141円

4人暮らし

147948円

5人暮らし

162127円

6人暮らし

198151円

料金目安表(電気を使う時間帯別に算出
このプランに向いている場合 このプランに少し向いている場合 このプランに向いていない場合
1人 69665円 69665円 69665円
2人 119359円 119359円 119359円
3人 137141円 137141円 137141円
4人 147948円 147948円 147948円
5人 162127円 162127円 162127円
6人 198151円 198151円 198151円

※どの時間帯でも単価が同じの場合は、全てのケースで同じ金額になります。

電気料金プランデータベース(Excel)

電気料金について

料金プランによって、電気代が安い時間帯や、基本料金などが異なってきます。経済的なメリットを最大限にするには、ライフスタイルに合わせた料金プランを選択することが必要です。下記にて、きほんプランB(東京電力管内)を利用する方に向いているライフスタイルの概要を見ていきます。料金プランによって変動する主な要素は、下記の式のようになります。

電気料金 = 電力量料金 + 基本料金 + オプション

時間帯別の電気代目安(電力量料金)

電力量料金は、電気を使うごとに増えていく料金のことです。料金プランによって、夜の利用単価が安いプランや、いつ電気を使っても同じ単価のプランなどがあります。

最も安い時間帯

一定

1kWh利用する毎に19.52~30.02円

最も高い時間帯

一定

1kWh利用する毎に19.52~30.02円

向いている人 電気を使う時間帯が決まっていない方に向いてます。
向いていない人 電気を使う時間帯が決まっている方には向いてません。
オール電化との相性 夜間の電気代が安く設定されていないため、オール電化との相性は、「×」です。オール電化では安い夜間の電気を利用することにより、経済的に機器を稼働させます。

基本料金

基本料金は、電力の契約をする上で必ず必要となる料金です。基本料金を高く設定すると、一度に使える家電の量が増え、ブレーカーが落ちにくくなる傾向にあります。そのため、一度にたくさん家電を使う方は基本料金を高く設定し、あまり使わない方は基本料金を安く設定することを推奨いたします。きほんプランB(東京電力管内)の基本料金を一部下記しておりますので、ご参考下さい。

  1. 一度にたくさん家電を使う方 :基本料金を高く設定することを推奨します
  2. 一度にあまり家電を使わない方:基本料金を低く設定することを推奨します

30A:契約不可円/月

40A:1123円/月

50A:1404円/月

60A:1685円/月

追加のメリット(オプション)

きほんプランB(東京電力管内)の追加メリットです。料金プランを選ぶ際には、ライフスタイルに合わせた追加メリットであることが望ましいです。

オプションが見つかりませんでした

補足情報

契約条件
解約時について 事務手数料3780円がかかります。供給開始月(供給契約が更新された場合には、更新された月)から起算して12ヵ月目契約期間内に解約となる場合、解約事務手数料として4,320円(税込)を支払う必要があります。

電気・ガス料金プランの比較について

新電力ネットの電気料金プランDBの他にも、電力・ガス自由化のメリットを受けたい方に向け、様々な団体が電気やガス料金の比較・情報サイトを運営していますので、ご参考ください。

電気・ガス料金の比較・情報サイト
  1. エネチェンジ
    日本最大級の電力比較サイト。いくつかの項目を入力することで、お得な料金プランを簡単にシミュレーションすることが可能です。
  2. 電気プラン乗換.com
    電力会社の切替でキャッシュバックが得られるサイト。このサイトから電力切替を申し込むことで、クオカードを別途、受け取ることができます。
  3. エネピ
    プロパンガスの料金比較サイト。LPガスは料金帯の開きが大きいため、半額程度に料金を抑えられる可能性があります。