電気料金プランの比較・一覧 | COMPARISON

中部プラン従量電灯C

新電力ネットの電気料金DBによる、ヤマダ電機が提供している電気料金プランの情報です。ポイントで安くなるオプションがあります。

以下にてプランの概要を見ていきます。より細かく最新の情報を知りたい方は、公式URLをご覧ください。

提供地域 長野県、愛知県、静岡県(一部)、岐阜県(一部除く)、三重県(一部除く)
公式URL ヤマダ電機のHPはこちら
電源構成

電気料金の目安(年間)

 ※金額などの情報は目安となります。オプションや条件など最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

 ※情報更新:2017/10/25

1人暮らし

77086円

2人暮らし

124310円

3人暮らし

137736円

4人暮らし

147805円

5人暮らし

157874円

6人暮らし

191438円

料金目安表(電気を使う時間帯別に算出
このプランに向いている場合 このプランに少し向いている場合 このプランに向いていない場合
1人 77086円 77086円 77086円
2人 124310円 124310円 124310円
3人 137736円 137736円 137736円
4人 147805円 147805円 147805円
5人 157874円 157874円 157874円
6人 191438円 191438円 191438円

※どの時間帯でも単価が同じの場合は、全てのケースで同じ金額になります。

電気料金プランデータベース(Excel)

電気料金について

料金プランによって、電気代が安い時間帯や、基本料金などが異なってきます。経済的なメリットを最大限にするには、ライフスタイルに合わせた料金プランを選択することが必要です。下記にて、中部プラン従量電灯Cを利用する方に向いているライフスタイルの概要を見ていきます。料金プランによって変動する主な要素は、下記の式のようになります。

電気料金 = 電力量料金 + 基本料金 + オプション

時間帯別の電気代目安(電力量料金)

電力量料金は、電気を使うごとに増えていく料金のことです。料金プランによって、夜の利用単価が安いプランや、いつ電気を使っても同じ単価のプランなどがあります。

最も安い時間帯

一定

1kWh利用する毎に20.68~27.97円

最も高い時間帯

一定

1kWh利用する毎に20.68~27.97円

向いている人 電気を使う時間帯が決まっていない方に向いてます。
向いていない人 電気を使う時間帯が決まっている方には向いてません。
オール電化との相性 夜間の電気代が安く設定されていないため、オール電化との相性は、「×」です。オール電化では安い夜間の電気を利用することにより、経済的に機器を稼働させます。

基本料金

基本料金は、電力の契約をする上で必ず必要となる料金です。基本料金を高く設定すると、一度に使える家電の量が増え、ブレーカーが落ちにくくなる傾向にあります。そのため、一度にたくさん家電を使う方は基本料金を高く設定し、あまり使わない方は基本料金を安く設定することを推奨いたします。中部プラン従量電灯Cの基本料金を一部下記しておりますので、ご参考下さい。

  1. 一度にたくさん家電を使う方 :基本料金を高く設定することを推奨します
  2. 一度にあまり家電を使わない方:基本料金を低く設定することを推奨します

30A:1685円/月

40A:1685円/月

50A:1685円/月

60A:1685円/月

追加のメリット(オプション)

中部プラン従量電灯Cの追加メリットです。料金プランを選ぶ際には、ライフスタイルに合わせた追加メリットであることが望ましいです。

  1. ポイント還元
  2. 一か月あたりの電気料金が5000円未満の方はヤマダポイントが2%、5000~8000円未満の方は4%、8000円以上の方は6%もらえます。

  3. でんき簡単アンケートキャンペーン
  4. でんき簡単アンケートに答えると先着5万名に100ポイントもらえます。(~12/31)

補足情報

契約条件
解約時について 1年未満の顧客都合での解約の場合は、2,000円+消費税の違約金が発生いたします。

電気・ガス料金プランの比較について

新電力ネットの電気料金プランDBの他にも、電力・ガス自由化のメリットを受けたい方に向け、様々な団体が電気やガス料金の比較・情報サイトを運営していますので、ご参考ください。

電気・ガス料金の比較・情報サイト
  1. 電気プラン乗換.com
    電力会社の切替でキャッシュバックが得られるサイト。このサイトから電力切替を申し込むことで、クオカードを別途、受け取ることができます。
  2. エネチェンジ
    日本最大級の電力比較サイト。いくつかの項目を入力することで、お得な料金プランを簡単にシミュレーションすることが可能です。
  3. エネピ
    プロパンガスの料金比較サイト。LPガスは料金帯の開きが大きいため、半額程度に料金を抑えられる可能性があります。