電気料金プランの比較・一覧

公開:2022/03/21、プラン情報:2022/3/3 時点

JPでんき ライトプランA 関西エリア

JPエネルギーが提供している電気料金プランの情報です。以下にてプランの概要を見ていきます。JPエネルギーが提供する「JPでんき ライトプランA 関西エリア」のご利用を希望の方は公式HPよりお申込みお願い致します。

対象地域 滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、福井県の一部、岐阜県の一部
対象エリア 関西電力管内
公式URL JPエネルギーのHPはこちら
電源構成

「JPでんき ライトプランA 関西エリア」の電気料金の目安(年間)

総務省が実施する家計調査の調査項目に含まれる電気料金データを参考に、JPエネルギーによる「JPでんき ライトプランA 関西エリア」の世帯人数別の年間電気料金の推定値を下記しております。

※下記は推計値となりますので、正確な情報は公式HPをご確認ください。

1人暮らし

57150円

2人暮らし

106103円

3人暮らし

120162円

4人暮らし

130707円

5人暮らし

141251円

6人暮らし

176399円

電気料金について

各電力会社が提供する電気料金プランは、原則的に「①電力量料金+②基本料金+③オプション」の3要素の違いによって差が生まれます。下記にて、JPエネルギーが提供する「JPでんき ライトプランA 関西エリア」の特徴を見ていきます。

電気料金 = ①基本料金 + ②電力量料金 + ③オプション

電気料金には上記3要素のほか、一般的には燃料調整費再エネ賦課金が含まれます。再エネ賦課金はいずれの電力会社も原則同額となりますが、燃料調整費は電力会社・料金プラン等によって異なるケースがありますのでご留意ください。

①基本料金

基本料金は、電力の契約をする上で必ず発生する料金です。つまり、例え全く電気を使わなかった場合であっても、基本料金は毎月支払う必要があります。

多くのプランは、基本料金の金額をある程度自由に選ぶことができます。基本料金を高く設定すると、契約容量が大きくなるので、一度にたくさんの家電を使ってもブレーカーが落ちにくくなります(契約容量によらず基本料金が一律のプランも数多くあります)。

「JPでんき ライトプランA 関西エリア」の基本料金を一部下記しておりますので、ご参考下さい。

  1. 一度にたくさん家電を使う方 :基本料金を高く設定することを推奨します
  2. 一度にあまり家電を使わない方:基本料金を低く設定することを推奨します

30A:円/月

40A:円/月

50A:円/月

60A:円/月

【ご参考】基本料金が0円のプランの登場

現在はJapan電力等、基本料金が0円のプランも登場しており、電気プラン乗換コム(当事務局サポートサイト)ではキャッシュバックプログラムも実施しております。

②電力量料金

電力を利用した分だけ発生する料金です。一般的なプランでは、どの時間帯で利用しても電力量料金単価は変動しませんが、中には時間帯(深夜等)や季節別で料金設定の異なるプランや、休日の電気代が安いプランがあります。「JPでんき ライトプランA 関西エリア」は、世帯人数別の基本料金、電力量料金の目安は下記をご覧ください。

JPでんき ライトプランA 関西エリアの電気料金内訳
世帯人数 年間の電力量料金 年間の基本料金 合計
一人暮らし(210kWh/月、30A相当) 57150円 0円 57150円
二人暮らし(360kWh/月、40A相当) 106103円 0円 106103円
三人暮らし(400kWh/月、50A相当) 120162円 0円 120162円
四人暮らし(430kWh/月、50A相当) 130707円 0円 130707円
五人暮らし(460kWh/月、60A相当) 141251円 0円 141251円
六人暮らし(560kWh/月、60A相当) 176399円 0円 176399円

※最新情報は公式HPをご確認ください。

③オプション

JPでんき ライトプランA 関西エリアのオプションです。大半の料金プランのオプションは、皆様に対してメリットを提供する内容となっておりますが、中にはオプションの適用で費用が発生する等、一定の制約等が生ずるものもありますので、ご利用の前にはしっかりと公式HPをご確認ください。

オプションが見つかりませんでした

電気料金の削減やプラン選びにお困りの方

電気料金の削減をご希望の方に関して、当サイトでは下記のスキームを提供しておりますので、お気軽にご活用ください。

  1. 【個人/ご家庭】おススメ電力会社:電気プラン乗換コム(当事務局サポートサイト)
  2. 【小規模法人】年間電気代が200万円以下:簡単切替スキーム
  3. 【大規模法人】年間電気代が200万円以上:一括見積(特高・高圧)