太陽光発電補助金|令和2年概算要求

令和2年度概算要求の中で、太陽光発電関連で使える補助金の一覧です。
提出された要求は主計局等により査定され、認可されると補助金予算として成立します。
成立した場合、2020年1月~翌2021年1月(目安)に太陽光発電関連で事業を展開する方が利用できる補助金となります。(それぞれの補助金で利用可能な時期・条件等は異なります)

太陽光発電補助金|令和2年概算要求(PDF)

全ての補助金情報を閲覧するためには、一般社団法人エネルギー情報センターへの会員登録(無料)が必要です。企業・団体・個人等、新電力に関心のある方からの登録を幅広く受け入れております。

自社で使える補助金をお探しの方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。優良企業のご紹介を実施しております。補助金が使えない規模であっても、空調・LED等の省エネ設備の設置や、再生可能エネルギー電源への投資などに関するご相談も承っております。

食品ロス削減・再生可能エネルギーの導入等の推進
脱炭素化に向けた工場の電化等の省エネ設備導入、真の地産地消にも資する地域分散型電力系統網の構築を重点支援
再エネ主力電源化・分散エネルギーシステムの確立
阿武隈山地や沿岸部へ再エネ導入拡大(約60万kW)するための送電線の増強(2023fyまでに順次整備)
Society5.0 を実現する研究開発
リサイクルシステム統合強化による循環資源利用高度化促進事業
業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業のうち、上下水道施設の省CO2改修支援事業(厚生労働省、国土交通省連携)
業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業のうち、国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業
戸建住宅におけるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化支援事業(経済産業省・国土交通省連携事業)
再エネ主力化に向けた需要側の運転制御設備等導入促進事業
再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業(一部経済産業省・農林水産省連携事業)
二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業(プロジェクト補助)
省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業