蓄電池補助金|30年概算要求

平成30年度概算要求の中で、蓄電池関連で使える補助金の一覧です。
提出された要求は主計局等により査定され、認可されると補助金予算として成立します。
成立した場合、2018年1月~翌2019年1月(目安)に蓄電池関連で事業を展開する方が利用できる補助金となります。(それぞれの補助金で利用可能な時期・条件等は異なります)

蓄電池補助金|30年概算要求(PDF)

全ての補助金情報を閲覧するためには、一般社団法人エネルギー情報センターへの会員登録(無料)が必要です。企業・団体・個人等、新電力に関心のある方からの登録を幅広く受け入れております。

自社で使える補助金をお探しの方や、申請などについてお困りの方はお問い合わせフォームよりご相談ください。ご希望であれば、それぞれの置かれた状況に合わせ、専門の企業を推薦することも可能です。お気軽にご活用いただけますと幸いです。

福島県における再生可能エネルギーの導入促進のための支援事業費補助金
次世代車載用蓄電池の実用化に向けた基盤技術開発
省エネ型電子デバイス材料の評価技術の開発事業
製品評価技術基盤機構運営費交付金
公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業
自立型水素エネルギー供給システム導入モデル事業
太陽光発電の自立化に向けた家庭用蓄電・蓄熱導入事業(経済産業省連携事業)
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等による 住宅における低炭素化促進事業(経済産業省・国土交通省連携事業)