新電力イベント/セミナー | SEMINAR

with/afterコロナ時代におけるエネルギービジネスのためのDXとは~IoT/AI、AR/VR、先端技術で加速する業務改革~

COVID-19は我々の生活や業務スタイルを一変させました。デジタル化への流れはもはや止められるものではなく、この変化に対してどのように順応し、業務をwith/afterコロナ体制に移行していくかが重要となります。
企業としてまず始めるべきDXアプローチとはどのようなことでしょうか。DXを推進する上での課題にはどのようなものがあるのでしょうか。
本セミナーでは、エネルギービジネスに熟知した有識者から見た時代背景の変化、求められる業務改革、それに付随する課題、DXを推進するための技術的アプローチにはどのようなものがあるのか、といった幅広い観点での知見を紹介致します。
※各プログラムについては内容を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

日時 2020年8月28日(金) 14:00~16:30(受付開始 13:45)
会場 Zoom
料金 無料(事前登録制)
定員 200名
お申込みページ https://www.tis.co.jp/seminar/seminar/energy_DX.html
申込締切日:2020年8月25日(火)17:00まで
主催 TIS株式会社
セミナー運営、問い合わせ先 TIS株式会社 エネルギービジネス第2部 担当:森 真吾
TEL:03-5337-4544 E-mail:energy-sales@ml.tis.co.jp

セミナー内容

エネルギービジネスにおけるコロナの影響と今後の展望<14:10~14:25>

RAULのロゴ

RAUL株式会社

代表取締役 江田健二氏

コロナの影響(直近)、コロナの影響(1~3年)、コロナの影響(5年~)、これからのエネルギービジネスに大切なことについて

地方エネルギー事業者のデジタル化のリアル<14:25~14:40>

日本海ガス絆ホールディングスのロゴ

日本海ガス絆ホールディングス株式会社

4D推進室室長 伊藤建氏

当社のこれまでのデジタル化の取組み、コロナで明らかになったデジタル化以前の課題、DXの具体的な進め方のポイントについて

with/afterコロナ時代に輝くxR(AR/VR/MR)とデジタルツイン<14:40~14:55>

TISのロゴ

TIS株式会社

産業公共事業本部 エネルギービジネス事業部 主査 森真吾氏

我々が考えるDXとは、xRとは、デジタルツインとはについて

ディスカッション<15:10~16:10>

「先端技術を活用することで業務はどう変わっていくのか」「エネルギー業界全体で協力していくべきこと」などのテーマについて登壇者3名によるディスカッションを行います。聴講者からの質問も受付予定です。

お申込み方法

下記ボタンより必要事項をご記入の上、お申し込みください。