新電力イベント/セミナー | SEMINAR

変化が始まる電力アセットの活用・運用法、ドローンやVPPが作り出す今後の可能性

現在、エネルギー業界においては新技術を活用したエネルギー市場改革や、再エネの利点を最大限引き出すことへの注目が高まってきております。各エネルギー会社が、創エネ・蓄エネ・省エネリソースなど多様な形で保有する電力アセットについても、技術進歩や自由化による差別化の必要性等により、従来とは異なる活用・運用方法の可能性が生まれつつあります。

本セミナーでは、ドローン・VPPに関する高度なノウハウを所有するテラドローン社とABB日本ベーレー社の先生をお招きし、各々の専門性が電力アセットにどのようにアプローチし、付加価値を生み出すのかご講演いただきます。

日時 2019年7月25日(木) 14時~16時(開場13時30分)
会場 新宿文化センター
〒160-0022 新宿区新宿6-14-1
最寄り駅:東新宿駅(A3出口より徒歩5分)【Googleマップを開きます
料金 5400円(税込)
当日、セミナー会場にてお支払い下さい
定員 20名
応募多数の場合は1社につき2名までとさせていただきます
お申込みページ https://pps-net.org/seminar-form

セミナー内容

国内外の電力分野におけるドローンの活用について(14:00~15:00)

テラドローン株式会社
事業戦略本部長/ 電力・UTM事業責任者 金子洋介

慶應義塾大学経済学部卒。外資系コンサルティングファームにて約10年間従事。黎明期にあるドローンに可能性を感じ、この新しいテクノロジーで「世界中の人たちを驚かせたい、喜ばせたい」という思いから、テラドローンに入社。 事業戦略本部長として、各国市場における事業機会を捉え、買収と事業戦略とを結び付け、企業文化とそれを促進するビジネスモデル構築を行う。電力分野では、主に送電線、送電鉄塔点検におけるドローンサービスの事業戦略に携わる。

欧州で5GW超のVPPを最適運用しているABBソリューションと国内外の事例紹介(15:00~16:00)

ABB日本ベーレー株式会社
デジタル推進室 室長 小西幸雄

東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了。ABB株式会社にて、プロセスオートメーション事業にてプラント向け制御装置や計測機器の販売などを手掛ける。現在はABB日本ベーレー株式会社のデジタル推進室長として、発電産業におけるデジタル技術を活用したビジネス促進に注力し、火力発電所における付加価値向上、VPPやエネルギーマネジメントシステムの事業開発に努める。また、ABBグローバルのデジタル関連ビジネスチームの一員として、グローバルでの実績の日本市場への取り込みを図る。

お申込み方法

下記ボタンよりお申込みページをご確認いただき、必要事項をご記入の上、お申し込みください。