新電力イベント/セミナー | SEMINAR

JEPXスポット価格の変動要因はどこにあるか~卸電力市場の現在と将来見通し~

全面自由化により様々な企業が電力市場に参入する中、JEPX取扱量の増加に伴い、卸電力市場を取り巻く環境は変化しつつあります。こうした中、電力取引の現状を正確に把握し、先行きを想定することの重要度は増してきており、その分析がエネルギービジネスにおける立ち位置を優位にしていくものと考えられます。

本セミナーでは、三菱総合研究所の先生を講師に交え、卸電力市場の現在と将来見通しにおける分析を解説いただきます。ぜひご参加いただけますと幸いです。

日時 2019年04月09日(火) 14時~15時30分(開場13時30分)
会場 新宿文化センター 4階広間
〒160-0022 新宿区新宿6-14-1
最寄り駅:東新宿駅(A3出口より徒歩5分)【Googleマップを開きます
料金 5400円(税込)
※当日、セミナー会場にてお支払い下さい
定員 20名
応募多数の場合は1社につき2名までとさせていただきます
お申込みページ 定員に達しているためキャンセル待ちとなります。
https://pps-net.org/seminar-form

セミナー内容

全面自由化以降の電力業界の動向(14:00~14:15)

一般社団法人エネルギー情報センター
主任研究員 森正旭

上智大学大学院地球環境学研究科修士課程を修了後、一般社団法人エネルギー情報センターにて電力・WEB関連業務に従事。電力・エネルギー専門の情報サイト「新電力ネット」の立ち上げに関わり、現在は統括責任者として運営。日本各地における電力市場の最新動向に関して多数の記事を執筆。数々のWEB・エネルギービジネスの立ち上げ・運営に携わる。

変化を続けるJEPX市場・データ分析から見据える卸電力の未来(14:15~15:15)

三菱総合研究所
環境・エネルギー事業本部 研究員 松本拓史

技術政策学修士。官公庁勤務後、三菱総合研究所にて卸電力取引の情報サービス「MPX」の分析・開発業務に従事。電力フォワードカーブの算定、需要・再エネ発電量やJEPXスポット価格の予測モデル、各種分析支援ツールの開発、分析レポートの作成などを担当。

質疑応答(15:15~15:30)

松本様のご講演の後、15分ほど質疑応答の時間を設けさせていただきます。疑問点や分からない部分など、お気軽にご質問いただけますと幸いです。

お申込み方法

下記ボタンよりお申込みページをご確認いただき、必要事項をご記入の上、お申し込みください(定員に達しているためキャンセル待ちとなります)。