プレスリリース|PRESS

サービス

EV導入を進める法人や事業者へのeモビリティマネジメントプラットフォームの提供サービス開始~国内初のエネマネ統合型EVカーシェアリングプラットフォーム~

EV導入を進める法人や事業者へのeモビリティマネジメントプラットフォームの提供サービス開始~国内初のエネマネ統合型EVカーシェアリングプラットフォーム~の概要写真
(2021年3月2日発表)

電気自動車(以下、EV)を使ったカーシェアリング“eemo”並びにエネルギーマネジメントに取り組む Energy Tech の株式会社 REXEV(レクシヴ:本社 東京都千代田区 代表取締役社長:渡部健 以下、当社)は、EV 導入を検討されている法人並びに EV カーシェアリング事業者などに対して e モビリティマネジメントプラットフォームの提供サービスを開始いたします。

当社は2020年6月より、小田原、箱根を中心とした EV 特化型カーシェアリングサービス“eemo”を開始し、現在 29 ステーション、EV50 台を展開しています。この度、当社はこれまでの”eemo”の運営経験で得たノウハウを元に開発した、“eMMP”(e モビリティマネジメントプラットフォーム)の提供を2021年3月から開始いたします。
“eMMP”はカーシェアリングシステムとエネルギーマネジメントシステムを組み合わせた国内初の統合型プラットフォームです。通常の車両管理やカーシェアリングに必要な機能に加え、EV の課題である車両ごとの充電管理の煩わしさからの解放、再エネを優先した充電制御、様々な条件での EV からの給電制御など EV 活用を最適化する多くの特徴を備えています。当社は本プラットフォームと“eemo”の運営経験で得られたノウハウを以下のようなお客様へ提供する予定です。

当社は本プラットフォームの提供により e モビリティの価値を最大化し普及を促進するとともに、今後 e モビリティの導入が進むと想定される各分野に当プラットフォームを連携し、エネルギーと交通の課題を解決して参ります。

    お客様毎の eMMP とカーシすェア事業支援サービス提供

(1)eMMP の概要
“eMMP”は「カーシェア」と「エネルギーマネジメント」を組み合わせたシステムと車両や充電器に設置した「IoT デバイス」が連携した国内初の統合型のプラットフォームです。
本プラットフォームは EV 導入が進む各サービス事業者のシステムと連携を行うことで、e モビリティのエネルギーマネジメントも可能となります。
    システム構成

<eMMP の特長1:カーシェアリング/車両管理機能>
✓車両の予約、鍵の解錠/施錠、利用料金の決済(クレジットカード)、会員情報の管理とカーシェアリングに必要な一連の動作が全てスマートフォンアプリで完結します。
✓車両貸出し管理やステーション管理など基本機能に加え、充電残量の管理機能や再生可能エネルギー利用率の表示機能等の電気自動車に特化した機能を実装しています。

    スマートフォンアプリ画面イメージ

<eMMP の特長2:エネルギーマネジメント機能>
EV のバッテリー残量(SOC:State of Charge)を、車両の利用予測等に基づき予測し、充電設備と専用のコントローラーを通して充電、放電時間を制御することで、以下を実現します。

    エネルギーマネジメント機能一覧
会社名 株式会社 REXEV
所在地 101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-9-5 天翔御茶ノ水ビル507
電話番号 03-3525-8008
メールアドレス info@rexev.co.jp
会社URL https://rexev.co.jp/