プレスリリース|PRESS

企業動向・提携

九州電力と三井不動産、熊本空港の駐車場を利用したカーポート型太陽光発電設備を設置・所有・運用

九州電力と三井不動産、熊本空港の駐車場を利用したカーポート型太陽光発電設備を設置・所有・運用の概要写真
(発表:2022年05月24日)

【コンセッション空港初】
脱炭素化に向けて熊本空港にPPAモデルでの太陽光発電設備(1.1MW)を導入
〜熊本空港のCO2排出量 10%削減を実現〜

九州電力株式会社および三井不動産株式会社は、熊本国際空港株式会社とPPA契約(電力売買契約)(※1)を締結し、熊本空港の駐車場を利用したカーポート型太陽光発電設備を2社共同で設置・所有・運用します。発電した電力は、「熊本地震からの創造的復興のシンボル」と位置付けられる新ターミナルビル(2023年3月開業予定)にて使用します。
PPAモデルでの太陽光発電設備の導入は、コンセッション空港(※2)において初めてとなります。

※1 PPA契約とは、第三者が電力需要家の敷地に太陽光発電システムを設置し、発電した電力を需要家に供給する契約形態

※2 空港民間委託(コンセッション)後の国管理空港

【事業スキーム概要】
*添付の関連資料を参照
1.取り組み概要
熊本空港の駐車場に容量1.1MWのカーポート型太陽光パネルを設置し、年間発電量1,300MWhを新ターミナルビルに供給します。これにより年間CO2削減量は630t-CO2となり、熊本空港のCO2排出量(※3)を約10%削減することが出来る見込みです。なお、運用開始は2023年11月を予定しております。

また今回カーポート型太陽光パネルを採用することで、夏期の遮熱効果や悪天候時の雨避けとしての機能も果たし、空港を利用されるお客さまの利便性の向上にもつながります。
※3 空港施設および空港車両から排出されるCO2量

【PPA事業概要(予定)】
・設置場所:熊本空港 P1駐車場
・太陽光パネル設置容量:1.1MW
・年間想定発電量:1,300MWh/年(全量自家消費)
・年間CO2削減量:630t-CO2/年
・PPA事業者:九州電力株式会社、三井不動産株式会社
・運用開始:2023年11月(予定)
*以下は添付リリースを参照
リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

【事業スキーム概要】
https://release.nikkei.co.jp/attach/632944/01_202205241701.png

添付リリース
https://release.nikkei.co.jp/attach/632944/02_202205241701.pdf
会社名 九州電力株式会社
所在地 810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号
電話番号 092-761-3031
メールアドレス
会社URL https://www.kyuden.co.jp/