ブロックチェーン (Block chain)

ブロックチェーンとは

It is an open distributed ledger that can record transactions between two parties in an efficient, verifiable and immutable manner. It is used in virtual currency systems such as Bitcoin.

2つの当事者間の取引を、効率的かつ検証可能で不変的な方法で記録できるオープンな分散型台帳のことです。ビットコインに代表される仮想通貨のシステムなどで活用されています。

仕組みとしては、まず取引処理が実行されると、その記録(トランザクション)が残ります。複数のトランザクションは一定の大きさである1つのブロック単位にまとめられます。そして、ブロックはその時点で存在する最後のブロックの後につなげて保存されます。これを繰り返すことで、ブロックがチェーン(鎖)のように時系列でまとまります。

ネットワーク内で発生したすべての取引を記録する「台帳」としての役割を持ち、ネットワークに参加しているすべてのユーザーが同一の「台帳」を共有することで、情報の信憑性を確保しています。加えて、改ざん耐性に優れたデータ構造を持っている点も特長です。

今後、ブロックチェーン技術によって個人間での電気の売買や交換(シェア)が容易になるなど、電力業界をはじめ、さまざまな分野で広く活用が進むと考えられています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介