代替フロン(CFC substitutes)

代替フロンとは

Alternatives to CFCs including HFCs, PFCs, SF₆ that are used as refrigerants in air conditioners and refrigerators as well as in the manufacturing process of semiconductors.

近年、フロンガスの代わりに、エアコンや冷蔵庫の冷媒、半導体の製造過程などで利用されている化学物質のことです。HFC、PFC、SF₆などが挙げられます。

代替フロンはオゾン層を破壊しません。しかし、CO₂の数百倍~数万倍の温室効果があり、地球温暖化の原因になるとして問題となっています。特にHFCの排出量は増加傾向にあります。従来のフロンからの代替に伴い、エアコンなどの冷媒用途に利用され、排出量が急増しているためです。

2016年のモントリオール議定書の改正(キガリ改正)を受け、2036年までに生産量の85%が削減される予定です。日本では、2019年から規制対象に追加されています。今後は、「代替フロン」から「ノンフロン」への転換が必要とされています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介