CO₂フリー燃料 (CO₂-free fuel)

CO₂フリー燃料とは

製造時にCO₂が排出されない、水素やアンモニアなどの再生可能エネルギー由来の燃料です。

These are fuels derived from renewable energy sources such as hydrogen and ammonia that do not emit CO₂ during production.

もっと詳しく

脱炭素に向けての取り組みが進む中で、近年、注目を浴びているのがCO₂フリー燃料です。その中でも、「燃焼してもCO₂を発生しない」「貯蔵や輸送などで既存インフラ技術を活用できる」といったことから、化石燃料の代替として、「アンモニア」に期待が高まっています。

期待されている用途は、発電分野、工場などで利用する産業分野、輸送分野まで多岐にわたります。その中で、最も技術開発が進んでいるのが、石炭火力発電のボイラーにアンモニアを混ぜて燃焼させる「火力混焼」です。日本国内での火力発電に対するCO₂排出量は、総排出量の約4割を占めています。そのため、アンモニアの火力混焼は、「低炭素社会」を実現するために重要な取り組みです。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より