生分解プラスチック(Biodegradable plastic)

生分解プラスチックとは

Plastics that are completely decomposed into CO₂ and water after use by microorganisms that exist in the natural world.

使用後、最終的にCO2と水にまで改善に分解される、環境に配慮したプラスチックのことです。「生分解」とは単にプラスチックがバラバラになることではなく、微生物の働きにより、分子レベルまで分解され、最終的にはCO2と水になって自然界へのと循環していく性質をいいます。

国際的に規定された試験方法と、定められた基準により審査され、含有物、分解過程での安全性などの基準をクリアした製品だけが、日本バイオプラスチック協会(JBPA)認定の「生分解プラスチック」をつけられます。

生分解プラスチックは焼却した場合にも、熱量が低いため焼却炉を傷つけることがなく、クリーンで大気を汚しません。自然環境の中で使用される製品や、使用後のリサイクルが難しい分野に用いられることが期待されています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より