地球温暖化

地球温暖化とは

地球上の大気の温室効果が高まったことで、気温が上昇する現象のことです。地球温暖化が進むと、世界各地で気候変動などの深刻な影響が出てくると予測されています。

もっと詳しく

地球に降り注ぐ太陽光は、地球の大気を素通りして海や陸などの地球の表面を緩めます。その地表から放射される熱を温室効果ガスを吸収し大気を暖めています。

大気中に含まれる温室効果ガスには、地面から地球の外に向かう熱を大気に蓄積し、再び地球の表面に戻す性質があります。現在、地球の平均気温は14度前後ですが、もし大気中に水蒸気や温室効果ガスがなければ、マイナス19度くらいといわれています。

産業革命以降、人間活動による化石燃料の使用や森林の減少などにより、大気中に温室効果ガスの濃度は急減期に増加しました。IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)第5次評価報告書では、このまま地球温暖化が進むと、今世紀末には地球の平均気温が最大で約4.8度上昇すると予測しています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より