SDG13

SDG13とは

「気候変動に具体的な対策を」がSDG13の目標です。このまま何もしなければ多くの生物が絶滅し、人類が安全に暮らせなくなるため、緊急対策を取る必要があると考えています。

目標のターゲットは以下の5つです。

  1. (13.1)すべての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靭性と適応能力を強化する
  2. (13.2)国別の政策、戦略および計画に気候変動対策を盛り込む
  3. (13.3)気候変動の緩和、適応、影響軽減、早期警戒に関する教育や能力、制度機能などを改善する
  4. (13.a)国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の実施(あらゆる供給源から2020年までに年間1,000億ドルを共同動員)と、迅速に「緑の気候基金」を本格始動する
  5. (13.b)後発開発途上国などにおいて、社会的に阻害された共同体に対し、気候変動に関する効果的計画策定や管理能力を上げる仕組みを推進する

※(13.1)のように数字で示されるものは、各項目の達成目標を、(13.a)のようにアルファベットで示されるものは、実現のための方法を示しています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より