「ブロックチェーン」はインターネットの再来

2019年02月15日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

「ブロックチェーン」はインターネットの再来の写真

「エネルギー」と「ブロックチェーン」――このコラムでは、インターネットの再来と言われているブロックチェーンがエネルギー業界にどのような影響を与えていくかについて考えていきたいと思います。

執筆者:一般社団法人エネルギー情報センター
    理事 江田健二

富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。その後、RAUL株式会社を起業。主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事、環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション委員会委員等を歴任

(2019年3月4日、一部修正)

注目されるブロックチェーン

ビジネス界では今、「ブロックチェーン」が注目を集めています。ブロックチェーンとは、「これまで1つの場所で集中的に管理していたものを分散させて管理しよう」という考え方のもとにつくられたテクノロジーです。

このブロックチェーンが注目されるようになったきっかけは、「ビットコイン」などの仮想通貨です。世界最初の仮想通貨であるビットコインは、10年前の2009年に生まれたばかりですが、すでに世界中で1000万人以上が保有しています。

2016年7月にベトナムの仮想通貨取引所を視察に行く機会に恵まれました。視察訪問するまでは、正直なところ仮想通貨に対しては投機的なイメージが強く、一般への普及に対して懐疑的でした。

しかし、現地の担当者が平然と「この仮想通貨取引所では、1日150億円の取引が行われています」との言葉に耳を疑いました。知らない間に世界では、仮想通貨が一定のポジションへと成長を続けていたのです。

国や地域が発行する通貨に円やドル、ユーロなどの種類があるように仮想通貨にも種類があり、2009年以降、すでに500種類を超えます。

仮想通貨が、システムトラブルなく1000万人以上の人が取引や決済ができるのは、ブロックチェーンのテクノロジーのおかげです。

仮想通貨とともにブロックチェーンのテクノロジーは、他の業界でも応用できるのではないかと検討が進んでいます。ここまで読んで、「そのうち理解する必要があるだろうが、今のところは、まだだいぶ先の話」と感じられたビジネスマンの方は、多いのではないでしょうか。

確かにブロックチェーンは、テクノロジーのひとつです。非常に興味をもっている私自身も1990年代は、自作でパソコンを制作し、社会に出てから両手両足では数えられないほどのIT関連のプロジェクトに従事してきました。新しいテクノロジーには、敏感なほうです。

やはりブロックチェーンは、一部のエンジニアに理解しておいてもらえれば充分な話題。第一線のビジネスマンにはさほど関係ないと結論を出してよいのでしょうか。それは違います。ブロックチェーンは、インターネットにひけをとらないほどビジネス領域に影響を与えます。

なぜならブロックチェーンが実現する「契約締結・信頼構築・価値の証明や交換」はビジネスの根幹にかかわることだからです。この3つの大切さを心から理解しているのは、他ならぬ第一線のビジネスマンの方々でしょう。

拡がるバーチャル世界 必要とされるブロックチェーン

「日本は今日、雨。ロンドンは?」「ロンドンは快晴!」メールやメッセンジャーのおかげで、いとも簡単に世界中の人といつでもコミュニケーションがとれます。

知りたい海外の情報もホームページを検索すればすぐに見つかります。いつの間にか目の前の人と話すリアルな時間が減り、インターネット上のバーチャル空間で友達と会話する時間が増えています。

バーチャルな空間での「情報」のやりとりが増えれば増えるほど、それ以外の取引も行いたいというニーズが生まれています。それを実現してくれるのがブロックチェーンです。例えば、先ほどご紹介した仮想通貨は、ひとつの例です。バーチャル空間でのお金のやりとりを実現してくれています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2030年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月27日

新電力ネット運営事務局

2030年以降のエネルギーとブロックチェーン

サードステップの2030年以降は、今までに存在しなかったもの、無理だと考えられていたものが、ブロックチェーンを活用することで、ビジネスとして花開きます。現時点では不可能なことや概念的に飛び過ぎに思えることが、どんどん実現する時代ともいえます。

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月11日

新電力ネット運営事務局

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表

北海道大学、名古屋大学および東京理科大学は、発電コストの1日の変動に着目したデマンドレスポンスの解析・制御技術を開発したと発表しました。各大学の発表によると、この制御技術は、デマンドレスポンスの費用対効果を最大化するためのものであり、1日の発電コストと需要の予測に基づき、最適な電力使用量を求めることができるとしています。

2025年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月28日

新電力ネット運営事務局

2025年以降のエネルギーとブロックチェーン

セカンドステップでは、「EVとの連携」「蓄電池・家電製品などIoT機器との連携」「エネルギー企業同士での直接取引」の3つを紹介します。事例では、電力会社とブロックチェーンのシステムを開発する会社や自動車メーカーなど、複数社が連携しているケースが多く見られます。

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月16日

新電力ネット運営事務局

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化

大崎電機工業は5月13日、既存のEMSに独自開発したAI技術を活用することで、気象予測データや過去の使用電力量から、AIが最適な電力目標値の自動設定を行うサービスを開発したと発表しました。

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月10日

新電力ネット運営事務局

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始

将来的には余剰電力につき、より経済合理性に則った形で売買される可能性があります。この課題につき、ブリストル大学では、EPSRCからの46万ポンドの助成金を利用することで、ピアツーピア (P2P)エネルギー市場におけるマイクロ発電機間の「自由貿易」を研究しています。