ガスと電力が自由化することで生まれる市場、エネルギー業界における今後の予測(11)

2017年04月10日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ガスと電力が自由化することで生まれる市場、エネルギー業界における今後の予測(11)の写真

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第11回目で最終回となる今回は、ガスと電気が自由化されたことによって生まれる市場や、業界の今後について予測していきます。

自由化によって生まれた総合エネルギー市場

これまで、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」というテーマにおいて、10回の連載コラムを掲載してきました。第1回目のコラムではガス自由化の歴史に始まり、その後は自由化によって変化することや、電力とガスの市場や需要などの動向について見てきました。この連載において最終章となる今回は、最後のまとめとして「電力とガスの今後」といったテーマで将来予測していきます。

今回の連載では自由化について取り上げることも多かったのですが、ガス小売りが全面自由化されることにより、わが国におけるエネルギーインフラにおける市場の垣根は撤廃されました。これにより、エネルギー企業の相互参入や異業種からの新規参入が進むと考えられます。また、競争によるコスト低廉化が実現し、消費者の利便性が向上していくことが期待されます。さらに将来的には、国内市場に閉じることなく、総合エネルギー企業による海外市場への進出が実現すると理想的です(図1)。

総合エネルギー市場の創出

図1 総合エネルギー市場の創出 出典:資源エネルギー庁

暮らしを便利にする料金プラン、多様な企業が強みを見せる

私たちの生活と直接的に関係する料金プランについても、今後は市場競争が新しい知恵を生み、様々な特徴を持ったものが現れると考えられます。現状で電力料金プランの特徴は大別すると6種類あると思いますが、それは①段階別料金、②ライフスタイル型、③他サービスとのセット、④長期契約、⑤節電、⑥電源構成です(図2)。

特に③他サービスとのセットは異業種間の連携も盛んであり、電気自動車やリフォームとの連携、スポーツやアニメとのタイアップなど、多種多様です。多様なニーズをもつ消費者からすると、ガスにおいても電力のようにプランが増えていくことが望ましいです。また電力においても、技術やニーズの変化により、これまでにない新しいプランが今後も生まれることが期待されます。

自由化後の料金プラン

図2 自由化後の料金プラン 出典:資源エネルギー庁

技術進歩の加速、多様な業種のノウハウがエネルギー業界に

自由化によって競争が生まれる利点としては、技術面の部分も挙げられます。技術の進歩がエネルギー業界を変革していくスピードが加速していくと考えられます。例えば、発電部門においては、火力発電所においてIoTの活用による保守業務の効率化や運転効率の最適化の取組が始まっています(図3)。

また、送配電分野においても、デジタル化等による修繕・投資の効率化や保守・監視の取組が行われつつあります。例えば、送電線や鉄塔の巡視・点検ではドローンを使用することで、高所の送電線や鉄塔上部の画像を撮影することができます。そうすることで、迅速な状況把握・作業時間の短縮・安全性の向上に繋がります。

ドローンを使った送配電や鉄塔の巡視・点検

図3 ドローンを使った送配電や鉄塔の巡視・点検 出典:資源エネルギー庁

小売分野に関しましても、スマートメーターの導入を契機とした新しいサービスの創出に向けた取組が行われています。例えば、ヘルスケア分野では、電力利用データに加え、天候情報や 健康情報を用いることで、家電を最適に制御することが想定されます。そうすると、猛暑が予定されている日に、エアコン等を自動制御することで、年配の方や子どもの熱中症を予防することが可能となります(図4)。

電力利用データの活用による新たなサービスの展開

図4 電力利用データの活用による新たなサービスの展 出典:資源エネルギー庁

エネルギー全体を見据えた事業戦略の必要性

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

前の記事:価格と需要から見るガスと電力、これまでの需要推移と特徴を見る(10)

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

世界的な半導体不足の中で、『次世代パワー半導体・先端半導体』は日本の脱炭素×成長戦略のキーワードとなるかの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年07月09日

新電力ネット運営事務局

世界的な半導体不足の中で、『次世代パワー半導体・先端半導体』は日本の脱炭素×成長戦略のキーワードとなるか

5月19日、トヨタ自動車は「世界的な半導体不足で国内の2つの工場の稼働を一時停止する」と発表しました。約2万台の生産に影響が出るといいます。加藤官房長官は「半導体は産業のコメともいわれ、経済社会を支える極めて重要な基盤の部品」と述べた上で、「代替装置の調達支援など経済産業省でしっかり対応していく」としました。しかし、31日、米インテルCEOは「半導体不足解消はあと数年かかる」という見方を発表しています。 では今回は、いつから、どうしてこのような半導体不足という事態が起こったのか、またそこから見えてきた課題とは。そしてそれを克服し、脱炭素社会実現と経済成長の原動力とするための日本の取り組みについてご紹介していきます。

新型コロナが推し進めたデジタル化とCO2排出の影響を考えるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年04月11日

新電力ネット運営事務局

新型コロナが推し進めたデジタル化とCO2排出の影響を考える

新型コロナウイルス感染症を契機に、世界のデジタルトランスフォーメーションの流れが一気に加速しました。ある観点から見れば、デジタル化は環境にプラスの影響を与える一方で、デジタル化の副作用の一つに環境への影響があります。Facebookは「北極圏の近く」にデータセンターをつくっていますし、マイクロソフトは海中にデータセンターを沈めるなどテックジャイアントと呼ばれる企業でもさまざまな取り組みがされています。そこで、今回は、国内外の取り組みを参考に、プラスの影響とは何か、環境への負荷とは何かについて考えます。

高騰した日本の電力市場分析と海外市場からの教訓の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年03月15日

新電力ネット運営事務局

高騰した日本の電力市場分析と海外市場からの教訓

日本のスポット電力価格は、約4週間にわたり高騰している。世界の主要な電力市場では、これほど長期間の高価格を見たことがない。この状況は、新電力に大きな損失をもたらし、破産する企業がでてくる可能性がある。この記事では、日本の状況を2016年のフランスの同様の状況と比較し、日本のこの状況が再発しないようにするための市場の透明性と先物取引、リスク管理の重要性を説明する。

米・バイデン政権の気候変動対策とは?世界、そして日本への影響は?【前編】の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年02月24日

新電力ネット運営事務局

米・バイデン政権の気候変動対策とは?世界、そして日本への影響は?【前編】

バイデン政権の気候変動対策ではどのような取り組みがなされ、どのような効果が期待できるのか、そして世界や日本への影響はどのようなものが考えられるのかについて、2回に渡り考えていきます。

米・バイデン政権の気候変動対策とは?世界、そして日本への影響は?【後編】の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年02月24日

新電力ネット運営事務局

米・バイデン政権の気候変動対策とは?世界、そして日本への影響は?【後編】

アメリカで1月20日に発足したバイデン新政権。コロナ禍で経済復興と、収束への両軸のシナリオをつくり、アメリカ社会の分断を修復できるのか注目を浴びています。バイデン政権が選挙中から大きく掲げていた気候変動対策について前回は、連邦政府としてどのように取り組むのか、気候変動対策で謳われていることの概要について述べましたが、後編では、気候変動対策が世界や日本へどのような影響を与えることになりそうかについて考えていきます。