丸紅、電力小売事業においてAIを活用した市場分析モデルを導入

2018年05月31日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

丸紅、電力小売事業においてAIを活用した市場分析モデルを導入の写真

丸紅は5月、日本国内で展開する電力小売事業において、AIを活用した高度な市場分析モデルの本格導入を開始したと発表しました。日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を活用しています。丸紅が独自モデルとして構築し、業務改善とコスト削減に一定の効果が実証されました。

AIを活用した市場分析モデル、丸紅と日立が協力

現在、「第4次産業革命」とも言われる大きな変革が加速的に進展しています。人工知能(AI)やIoT、ビッグデータが、ビジネスや社会のあり方そのものを根底から変えていく可能性があり、電力業界でも様々な動きが見られます。

その一つに、電力設備の保守/保全の観点からIoTを活用する事例があります。例えば、関西電力はAIによる「早期異常検知システム」を開発、火力発電所の運用・保守を向上させています。[関連記事]

環境の見える化の観点からIoTを活用する事例もあります。例えば、NTT東日本の圃場センシングソリューションでは、LPWA(省電力で通信できる無線通信技術)を利用することで、モバイル回線の費用を負担することなく圃場環境を“見える化”しています。これにより、ふくしま未来農業協同組合では、「霜」対策に発生する人的負担を軽減しています。[関連記事]

そのほか、電力需給調整や仮想発電所、防犯、デジタル公告、P2P電力取引など、様々な視点からユニークなビジネスが生まれつつあります。これらは国内外において需要が想定され、例えば途上国においてもインフラ整備にスマート電力システムが必要とされるなど、今後の成長性も期待できます。

こうした中、丸紅は日本国内で展開する電力小売事業において、AIを活用した市場分析モデルの本格導入を開始したと発表しました。日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を活用しています。丸紅が独自モデルとして構築し、業務改善とコスト削減に一定の効果が実証されました。

業務改善とコスト削減に一定の効果

電力小売の完全自由化に伴い、新電力事業の市場規模は毎年3~4%の拡大を続けています。丸紅は、日本国内を電力供給の注力市場の一つと位置づけており、子会社である丸紅新電力を通じ、需要家へ約5千GWh(2017年度)を供給しています。

丸紅によると、市場規模の拡大に伴い、市場分析手法の高度化は重要になるとしています。そのため、丸紅と日立は、2017年8月から今回の市場分析モデルについて検討を進めています。

今回のモデルは、AIやビッグデータ解析など、最新のデジタル技術で構成される日立のIoTプラットフォーム「Lumada」が利用されています。丸紅の実績に基づいたデータ解析手法と、日立が開発した機械学習エンジンを掛け合わせ、独自に構築されました。

今回のモデルは、国内電力小売事業の市場分析手法を高度化するものです。丸紅によると、電力の取引価格や需要傾向などを分析・予測する検証を行ったところ、業務改善とコスト削減に一定の効果が実証されたとしています。そのため、市場分析モデルの本格導入を開始することとなりました。

丸紅は、2017年4月1日に新設した「IoT・ビッグデータ戦略室」を2018年4月1日より「デジタル・イノベーション部」と改組し、デジタル技術の活用による新たなビジネスモデルの創造を推進しています。なお、今回のモデルは、電力事業分野での競争力強化だけではなく、他分野への応用も視野に入れているとしています。それらの取り組みにより、日本の産業構造の効率化に貢献していくとしています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

ブロックチェーンが変革する社会の在り方、エネルギーや環境問題へのインパクト(1)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月27日

新電力ネット運営事務局

ブロックチェーンが変革する社会の在り方、エネルギーや環境問題へのインパクト(1)

WEFは9月、ブロックチェーンが環境問題に与える影響をまとめたレポートを発表しました。レポートでは、現在のシステムやアプローチを根本的に覆す8つの「ゲームチェンジャー」を特定しています。

元Google米国副社長が予見する「電力ビジネス」の今後、小売から情報業へのシフトとはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月14日

新電力ネット運営事務局

元Google米国副社長が予見する「電力ビジネス」の今後、小売から情報業へのシフトとは

今回は、『ブロックチェーン×エネルギービジネス』出版記念の特別企画として、本書の推薦コメントを頂いた元米グーグル副社長の村上憲郎氏と著者(江田)との対談を掲載します。

日本初、製油所のエネルギーリソースを活用したVPP実証、昭和シェル、横河系など3社が実施の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月07日

新電力ネット運営事務局

日本初、製油所のエネルギーリソースを活用したVPP実証、昭和シェル、横河系など3社が実施

昭和シェル、西部石油、および横河ソリューションサービスは9月、西部石油山口製油所にて、VPP構築実証事業を今秋から共同で行うと発表しました。製油所のエネルギーリソースを活用した本格的なVPP構築実証事業としては国内初の取り組みとなります。

関西電力、デジタル化を推進するため新会社「K4 Digital」を設立の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月06日

新電力ネット運営事務局

関西電力、デジタル化を推進するため新会社「K4 Digital」を設立

関西電力は8月1日、アクセンチュアと共同で、「K4 Digital株式会社」を設立し、法務局に登記申請を行ったと発表しました。関西電力グループの既存事業の変革や、新規事業の創出を、デジタル技術により支援することを目的とした企業となります。

丸井グループがRE100加盟、ブロックチェーンで再エネ電源のトレーサビリティー確保の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月19日

新電力ネット運営事務局

丸井グループがRE100加盟、ブロックチェーンで再エネ電源のトレーサビリティー確保

7月10日、丸井グループは国際的イニシアチブ『RE100』に加盟したと発表しました。みんな電力の提供する「ENECT RE100 プラン」のトライアルに参加することで、ブロックチェーン技術により供給元の再エネ発電所の特定を実現するとしています。