省エネ補助金|令和3年概算要求

令和3年度概算要求の中で、省エネ関連で使える補助金の一覧です。
提出された要求は主計局等により査定され、認可されると補助金予算として成立します。
成立した場合、2021年1月~翌2022年1月(目安)に省エネ関連で事業を展開する方が利用できる補助金となります。(それぞれの補助金で利用可能な時期・条件等は異なります)

省エネ補助金|令和3年概算要求(PDF)

全ての補助金情報を閲覧するためには、一般社団法人エネルギー情報センターへの会員登録(無料)が必要です。企業・団体・個人等、新電力に関心のある方からの登録を幅広く受け入れております。

プラスチック有効利用高度化事業
資源循環システム高度化促進事業
高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業
超低消費電力型光エレクトロニクスの実装に向けた技術開発事業
航空機エンジン向け材料開発・評価システム基盤整備事業
次世代複合材創製技術開発事業
省エネ化・低温室効果を達成できる次世代冷媒・冷凍空調技術及び評価手法の開発事業
計算科学等による先端的な機能性材料の技術開発事業
省エネ型化学品製造プロセス技術の開発事業
炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発事業
環境調和型プロセス技術の開発事業
ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発
輸送機器の抜本的な軽量化に資する新構造材料等の技術開発事業
AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業
革新的ロボット研究開発等基盤構築事業