FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表

2018年11月05日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表の写真

スマートテックは、太陽光発電の2019年問題に対応した電力買取サービス「スマートFIT」の受付を開始しています。「東北、関東、中部、近畿、中国、九州」の6電力エリアで、10kW未満の固定価格買取制度の適用を受けているケースが対象となります。

費用は原則無料、スマートテックの太陽光発電買取サービス

2019年11月以降、太陽光発電の余った電気を高く買い取ってもらえるFITの期限(10年)が順次終了を迎えます。対象世帯は約53万件と言われ、経済産業省は、こうした電源を買い取る「売電事業者」の登録受付を開始しています。[関連記事]

こうした中、スマートテックは、太陽光発電の2019年問題に対応した電力買取サービス「スマートFIT」の受付を開始しています。このサービスは、太陽光による発電を10円/kWhでスマートテックが買い取るといったものです。

「スマートFIT」は、「東北、関東、中部、近畿、中国、九州」の6電力エリアで、10kW未満の固定価格買取制度の適用を受けているケースが対象となります(図1)。初期費用や月額費用は原則として発生しません。

なお、今回のサービスを提供するスマートテックは、総合エネルギー事業 (発電所の建設、O&M、電力の買取、電力小売事業)を展開する企業です。2005年に設立され、2016年には小売電気事業者の登録をしています。

提供エリア

図1 提供エリア 出典:スマートテック

「スマートFIT」のサービス提供期間は2年間(余剰電力の買取が始まった月の検針日から起算)で、以後1年ごとの自動更新です。契約満了月の3ヵ月前に次回の買取金額が通知されます。なお、スマートテックによると、契約期間にかかわらず、解約金は一切発生しないとしています(図2)。

契約期間と契約解除料

図2 契約期間と契約解除料 出典:スマートテック

「スマートFIT」による買取価格については、固定価格買取制度が2021年3月31日までに終了するケースの場合、10円/kWhとなります。それ以降(2021年4月1日以降)に固定価格買取制度が終了するケースでは、買取金額が決定次第スマートテックより発表される見込みです。

様々な企業が参入する卒FIT市場

今後、卒FIT市場については様々な企業が参入する予定であり、例えばシェアリングエネルギーは11月1日、「余剰電力買取」「蓄電池のEC販売」の2つのサービスを開始し始めたと発表しています。

FITの買取期間が終了した電源の取り扱いについては、「①自家消費」もしくは「②相対・自由契約」で余剰電力を売電する方法の2つがありますが、シェアリングエネルギーは各々に対してソリューションを提供します。

まず、「余剰電力の買取」については、1kWhあたり単価8円でシェアリングエネルギーが買い取るといったものです。つまり、「スマートFIT」に非常に近い形式のサービスと言えます。

もう一方のサービスである「蓄電池のEC販売」については、シェアリングエネルギーによると、蓄電池をインターネット上で販売するという日本初の試みとしています。従来、人件費・間接費が重なり販売価格が高止まりしていた蓄電池を、インターネット上で販売することで、より安価に提供するスキームです。これにより、蓄電池を導入することで経済的に自家消費できるようになることが期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月05日

新電力ネット運営事務局

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表

スマートテックは、太陽光発電の2019年問題に対応した電力買取サービス「スマートFIT」の受付を開始しています。「東北、関東、中部、近畿、中国、九州」の6電力エリアで、10kW未満の固定価格買取制度の適用を受けているケースが対象となります。

存在感を増す環境国際イニシアティブ、CDPへの回答動機や、RE100・SBTに参加する背景とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月24日

新電力ネット運営事務局

存在感を増す環境国際イニシアティブ、CDPへの回答動機や、RE100・SBTに参加する背景とは

経済産業省は8月、国内における環境価値取引市場の動向調査の報告書を発表しました。この記事では、国際イニシアティブに関する情報をまとめ、それぞれのイニシアティブに対応する企業の目的を見ていきます。

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月16日

新電力ネット運営事務局

航空機と衛星の特徴を併せ持つ太陽光ドローン「Zephyr」、成層圏を25日以上飛行

欧州の大手航空機メーカーAirbus社は8月、太陽光発電ドローン「Zephyr S」が25日23時間57分に及ぶ連続飛行に成功し、世界記録を達成したと発表しました。前回の世界記録が約14日だったため、10日以上の記録更新となります。

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光関連事業者の倒産数が4年ぶりに減少、2018年上半期は43件、新設法人数は3年ぶりの増加

東京商工リサーチは8月、2018年上半期(1-6月)「太陽光関連事業者」の倒産件数が43件となり、前年同期比6.5%減になったと発表しました。件数が前年同期を下回るのは8半期ぶりとなります。

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月26日

新電力ネット運営事務局

再エネの導入拡大により進められる新たなビジネス、海外の先進事例

経済産業省は7月、「平成29年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」を公表しました。調査報告書から、蓄電池やVPPなどの技術を活用した海外の先進事例とビジネスについて見ていきます。