米アップル、データセンタやアップルストアなど、全世界の自社施設で再エネ100%達成

2018年04月12日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

米アップル、データセンタやアップルストアなど、全世界の自社施設で再エネ100%達成の写真

Appleは4月、世界各地にある同社の施設で使用する電力を、100%再生可能エネルギーで調達することに成功したと発表しました。対象となる施設は、世界43カ国にあるAppleストア、オフィス、データセンターそして共用施設となります。

Apple、米国内だけではなく世界全体で再エネ100%達成

Appleは再エネ普及に意欲的なグローバル企業の1つであり、2016年には自社施設の炭素排出量を、2011年と比較し60パーセント削減することに成功しています(図1)。2014年以降は、すべてのデータセンターを100%再エネで賄い、2015年には自主的なクリーンエネルギープログラムを立ち上げています。また、2016年には「再生可能エネルギー100%」を目指す国際的イニシアチブ「RE100」に加盟しています。そのほか、アースデイに合わせて再エネ達成率の発表を行うなど、環境活動を大勢に周知する取組も行ってきました。[関連記事]

長期的な目標としては、2020年までに4ギガワット以上のクリーン電力を世界中で生産および調達する予定があります。4ギガワットのクリーン電力は、Appleの製造全体におけるカーボンフットプリントの30%に相当する見込みです。

Appleは現在、世界各地で25の再生可能エネルギープロジェクトを持っており、発電容量は626メガワットに上ります。さらに15のプロジェクトが建設中であり、完成すると1.4ギガワットを超える規模となります。

日本では、地元の太陽光発電会社、第二電力株式会社とパートナーシップを組み、300基以上の屋上太陽光発電システムを設置する計画です。18000MWhの規模を想定しており、3000戸以上の日本家屋に電力を供給できる量に相当します。

全世界の自社施設のCO2排出量推移

図1 Appleの全世界の自社施設のCO2排出量推移 出典:Apple

企業の象徴ともいえる本社「apple Park」は、北米最大のLEEDプラチナ認証取得オフィスビルです。電力は再生可能エネルギーで100パーセントまかなわれ、そのうちの75パーセントは屋上にある17メガワットの太陽光発電設備と、ベースロード電源となる4メガワットのバイオガス燃料電池によって敷地内で生み出されます。電池貯蔵を持つマイクログリッドで制御され、人が少ない期間などは余ったクリーンエネルギーを公共のグリッドに送電しています。

このように再エネ普及を進めるAppleが4月、世界各地にある同社の施設で使用する電力を、100%再生可能エネルギーで調達することに成功したと発表しました。対象となる施設は、世界43カ国にあるAppleストア、オフィス、データセンターそして共用施設となります。米国内のみであれば、2014年に再エネ100%を達成していましたが、今回は世界全体を対象とした結果となります(図2)。

Appleの再エネ電気利用の推移

図2 Appleの再エネ電気利用の推移 出典:Apple

Unit 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2018年4月10日
再エネ割合 % 60 73 87 93 96 100
電気使用量(再エネ以外含む) million kWh 608 708 839 996 1450
再エネによるCO2削減効果 metric tons CO2e 118,000 214,000 283,000 362,000 585,000

Apple資料より作成

AppleのCEOであるティム·クック氏は、「私たちは自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに全力で取り組んでいます。何年にもわたり努力を重ね、ようやくこの意義深い数字に到達することができたことを誇りに思います。私たちの製品に使われている材料、そのリサイクル方法、私たちの施設、そしてサプライヤーとの取引において可能なことの限界を今後も押し広げ、新しい創造的かつ未来志向の再生可能エネルギー源を確立するつもりです。なぜなら、未来はそれに依存していることを私たちは知っているからです」と述べました。

サプライヤー用の「Clean Energy Portal」を運営、多言語対応

自社施設の100%再生可能エネルギー化を達成するため、Appleはサプライヤーの手本となるべく努力を重ねてきました。その結果、Appleのサプライヤー23社が、100%再生可能エネルギーで稼働することとなります。

サプライヤープロジェクトによるクリーンエネルギーを合わせると、2017年には150万メートルトン以上の温室ガスの排出を防いだことになります。これは30万台以上のクルマを路上から取り除くのと同じ効果です。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月01日

新電力ネット運営事務局

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %

東芝は、タンデム型太陽電池の実現に向けて、世界で初めて亜酸化銅を用いたセルの透明化に成功したと発表しました。透明で目立たず、限られた面積で高い発電効率を期待できる技術となります。太陽光発電事業において高い採算性の期待できる土地が少なくなる中、ニーズが高まっていくものと考えられます。

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月04日

新電力ネット運営事務局

大規模太陽光の入札、初めて募集容量を上回る、上限価格では落札できず、最低価格14.25円/kWh

第3回目の大規模太陽光発電の入札結果が公表され、最高落札価格は15.45円/kWh、最低落札価格14.25円/kWh(加重平均落札価格15.17円/kWh)という結果になりました。第1回目と比較すると非常に安価(加重平均落札価格では-4.47円/kWh)になり、今後ますますの価格低減のため、対象範囲拡大などの対応が検討されています。

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月29日

新電力ネット運営事務局

RE100が年次報告書を発表、日本市場の急速な成長に集まる注目

RE100は2018年11月15日、2018年版の年次報告書を発表しました。報告書の中では、日本の成長は特に注目されていると明記され、環境省と外務省が自ら再エネ100%を目指したことが、急激な成長の要因になったと分析しています。

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動きの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月18日

新電力ネット運営事務局

九州エリアで発生した太陽光・風力発電の出力制御、今後の出力制御率や他電力の動き

「優先給電ルール」に則り、九州電力は、2018年10月21日に、九州エリア(本土)において再エネの出力抑制を実施しました。離島を除き、九州本土において初めての出力制御となり、11月5日までに合計で6回実施されています。

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月05日

新電力ネット運営事務局

FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表

スマートテックは、太陽光発電の2019年問題に対応した電力買取サービス「スマートFIT」の受付を開始しています。「東北、関東、中部、近畿、中国、九州」の6電力エリアで、10kW未満の固定価格買取制度の適用を受けているケースが対象となります。