電気料金プランの変更における生活の変化、約6割が「何らかの変化があった」と回答

2016年11月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電気料金プランの変更における生活の変化、約6割が「何らかの変化があった」と回答の写真

経済産業省が10月に発表したインターネットアンケート調査結果によると、「電気料金プランの変更により生活が変わった」と回答した割合は約6割となりました。このコラムでは、料金プランの変更でどのように生活が変わったのか、どういった部分に需要家が満足を感じているのかについて見ていきます。

料金プラン変更による生活の変化、節電意識の向上が最も高く約25%

今回、経済産業省が実施したインターネットアンケート調査は、20~69歳男女を対象に全国にて2016年9月6日(火)~9月7日(水)に実施されたものです。スクリーニング調査として約30,000の回答を回収しており、そのままでは回答者の属性に偏りが生まれますので、人口構成やをエリアごとの切り替え件数に基づいて結果を割付しています。

まず、「電気の購入先または料金プラン変更において、自身の生活が変わったか」、といった質問に対する回答を見ていきます。この質問に対し、約60%近く(57.7%)の人が「生活に何らかの変化があった」と回答しています。その中で最も回答数が多かったのが、「節電意識が高まった」(26.6%)、次点で「料金が安くなったことで他のことにお金を使うようになった」(26.0%)となりました。

また、ガスや通信などの料金を見直す意識が高まった(11.1%)や、時間帯別など料金プランの特徴により生活スタイルを意識するようになった(9.0%)との回答もあります。

そのほか、電気利用や料金の面だけではなく「周辺サービスにより利便性が高まった」との回答も6.8%あり、まだまだ割合は少ないですが、電力自由化によるサービスの多様性に価値を感じている層が一定数いることも分かります(図1)。

料金プラン変更後の生活の変化

図1 料金プラン変更後の生活の変化 出典:経済産業省

約9割が料金プランの変更で「満足」だと感じている

上記にて、料金プラン変更による生活の変化を見てきましたが、実際の満足度はどうでしょうか。今回のアンケートによる集計結果では、変更者のうち約9割(88.6%)の人が「自分がほしいレベル以上」と答えており、変更に対する満足度は高い結果となりました。

料金プラン変更後の満足理由としては、「料金の安さ」が最も割合が高く、56%でした。価格設定はメリットとして非常にわかりやすいこともあり、多くの需要家の満足度に繋がっていることが分かります。一方で、アンケートの結果からは、約半数の需要家が「料金の安さ」にメリットを求めていないことにもなります。下記にて、料金以外に魅力を感じている点について見ていきたいと思います。

まず、「安定性」について満足度を感じている需要家について見ていきます。例えば、停電の心配が少ないこと(30.4%)、経営基盤・財務状況の良さ(約16.0%)、情報開示をしている(6.0%)、経営者のビジョンや方針(3.9%)といった回答があり、安心して電気を使うことができる、といった部分を重視していることが見て取れます。

「分かりやすさ」の面では、例えば使用量・請求料金が分かりやすい(20.3%)、電気の使用状況がHPなどで簡単にわかる(19.9%)、料金プラン・契約内容が分かりやすい(17%)、メールでの最新サービスの提供がある(4.4%)などがあります。

「オプション」の部分では、料金の割引メニュー(16.3%)、ポイントサービスの充実(16.1%)、加入特典(6.8%)、見守りサービス(3.5%)、水道トラブル駆けつけ(2.6%)などがあり、多岐にわたります。

「電源構成」では、原子力以外による発電(7.6%)、自分のあった発電方法を選べる(5.1%)、再生可能エネルギーの利用(5.1%)といったものがあります。

「地元貢献」で見てみますと、地域貢献できるサービスがある(5.4%)、地元地域の事情を理解している(5.2%)といったものがあります。そのほかにも社員の対応の良さや、身近に相談できる店舗があることなど、それぞれの需要家によって満足している項目は多岐にわたっております(図2)。

料金プラン変更後の満足理由

図2 料金プラン変更後の満足理由 出典:経済産業省

満足度の高さを後押しする「変更手続きの簡便さ」

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

次の記事:電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」

12
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月08日

新電力ネット運営事務局

カーボンプライシングと電力、炭素税が導入されると電気料金は約28%上昇する試算

環境省では2017年6月より「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」が開催されており、様々な方向性について検討が進められています。電力業界に対するカーボンプライシングも検討が進められており、本コラムではその内容について見ていきたいと思います。

ガス自由化によるサービス向上に向けた新たな取組、スイッチングは近畿が全体の約55%の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月06日

新電力ネット運営事務局

ガス自由化によるサービス向上に向けた新たな取組、スイッチングは近畿が全体の約55%

10月24日、電力・ガス基本政策小委員会は、ガスの小売全面自由化の進捗状況について纏めた資料を配布しました。ガス自由化によって料金・サービスメニューの多様化が進んでおり、スイッチングは近畿が約55%と半分以上となりました。

低圧で新電力トップの東京ガスが100万件を突破、次は2020年度までに220万件を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月30日

新電力ネット運営事務局

低圧で新電力トップの東京ガスが100万件を突破、次は2020年度までに220万件を目指す

10月26日、東京ガスは電気の申し込み件数が100 万件を突破し、2017年度までの累計目標件数を突破したと発表しました。東京ガスは2016年1月4日から先行受付を開始し、約3か月で20万件を突破、その後は約1300件/日の申込で推移しています。

7電力による再エネの出力制御率、北海道では2011年の0.1%から2016年は13.1%にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月25日

新電力ネット運営事務局

7電力による再エネの出力制御率、北海道では2011年の0.1%から2016年は13.1%に

10月17日、系統ワーキンググループが開催され、各社の30日等出力制御枠および出力制御の見通し等が議題に上がりました。ワーキンググループによると、2017年度において、太陽光や風力の30日等出力制御枠は据え置きとなりました。2016年の出力制御率については、北海道が最も高く13.1%になりました。

車載用リチウムイオン電池の市場、2025年に254.9GWhへ拡大、矢野経済が予測の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月24日

新電力ネット運営事務局

車載用リチウムイオン電池の市場、2025年に254.9GWhへ拡大、矢野経済が予測

10月20日、矢野経済研究所は車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施したと発表しました。2016年の車載用LiB世界市場は46.6GWhですが、各国が内燃機関車の新車販売を禁止する動きなどにより、2025年には254.9GWhに拡大すると予測されています。