電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」

2016年11月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」の写真

前回のコラムでは、経済産業省が実施したアンケート結果に基づき、電力プランを切り替えた需要家の満足度や生活スタイルの変化について見てきました。今回は、電力自由化の認知度と、プランの切り替えを躊躇する要因について概観していきます。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

電力小売りの認知度は9割以上

経済産業省が実施したアンケート調査によると、電力小売自由化の認知度は、各社のPRなどが奏功し90%以上(90.6%)に達しています。電力自由化から半年が経過しましたが、現時点において日本国民の大多数が電力自由化を知っている結果となっております。

ただし、「電力自由化について認知はしていても内容は知らない」といった層は23.2%おりますので、自由化の内容まである程度以上理解している割合であれば、概ね7割近くとなります(図1)。

家庭用電力の小売り自由化認知度

図1 家庭用電力の小売り自由化認知度 出典:経済産業省

切り替えていない需要家でも、9割近くが自由化自体は認知している

下記の図は、電気プランを切り替えた需要家と、切り替えていない需要家に対する認知度調査のアンケート結果となります。こちらを見てみますと、切り替えていない需要家であっても、電力自由化について認知している割合は9割近くとなっています。つまり、電力自由化という制度を知りながら、何らかの理由によりプランの切り替えを行っていない需要家が大半であることが見てとれます。

一方で、電気プランを切り替えた需要家であっても、全員が電力自由化について理解しているかというと、そうではない結果となりました。プラン変更者の2.3%が「電力自由化について聞いたことがない」との回答をしており、こういった需要家はセットプラン等の訴求効果により、受動的に電気プランを切り替えているなどの要因が考えられます(図2)。

a11ff7e482a5bddb9502b3724f873525

図2 小売り自由化認知度 料金プラン変更者と非変更者別 出典:経済産業省

変更を妨げている要因の第一位、「メリットが分からない」

これまで、電気プランを切り替えていない需要家であっても、電力自由化の制度自体は認知している割合は高いことを見てきました。そうした需要家が電気の購入先を変更しない理由として、アンケートでは「メリットがよくわからない」(44.0%)がトップであり、時点で「なんとなく不安」(37.3%)が多く挙がっておりました(図3)。自由化についての理解不足や不安感が、変更の阻害要因となっていることが窺える結果となっています。

電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの

図3 電気の購入先非変更理由/解決されたら変更すると思うもの 出典:経済産業省

域別においては東京電力管内が最も内容認知度が高い結果に

電力自由化の内容まで理解している割合では、東京電力管内(31.2%)がトップであり、次点で関西電力管内(29.9%)と続きました。その一方で、中国(18.0%)、四国(19.8%)、九州(18.5%)の各電力管内では20%を下回っており、地域差が現れております。

東京電力管内は、多様な料金プランを選択できることもあり、プランの切り替え件数・割合も全国トップです。こうした環境が電力自由化の理解度の高さを形作る一因であると考えられます。しかし、「電力自由化の内容までは分からないが、制度自体を認知している」といった割合であれば、どの地域も概ね9割近くであり、各地域において遜色がありません(図4)。

地方においては、現状ではまだまだ料金プランの選択の余地が少なく、切り替えが1%未満とほとんど進んでいない地域も多いです。しかしそうした地域であっても、制度自体の認知度は高いので、急速に切り替えが進んでいくポテンシャルはあります。例えば、前述のように「メリットが分かりづらい」などの不安を払拭することにより電力自由化が身近になっていくことが期待されます。

小売り自由化認知 電力管内別

図4 小売り自由化認知 電力管内別 出典:経済産業省

前の記事:電気料金プランの変更における生活の変化、約6割が「何らかの変化があった」と回答

12
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

都市ガス小売の全面自由化についての写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年09月11日

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売の全面自由化について

電力市場の開放から1年後の2017年を目処に、都市ガス小売りの全面自由化が実施される予定です。このコラムでは、都市ガスの全面自由化に関するスケジュールなど、基礎的な内容をご紹介いたします。

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年08月18日

新電力ネット運営事務局

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性

今後の電力業界においては、"モノ"がインターネットとつながる「IoT」が一つの大きなテーマになるといわれています。今回のコラムでは、このIoTがもたらす新電力事業の新たな可能性について、その概要を見ていきたいと思います。

不動産業界が電力小売市場で提供する価値、大東建託グループの新たなる挑戦の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年12月07日

新電力ネット運営事務局

不動産業界が電力小売市場で提供する価値、大東建託グループの新たなる挑戦

電気利用と密接に関わるファクターは数多く存在しますが、その中でも「住宅」は一際関連性が高いものと思われます。今回のコラムでは、その「住宅・不動産」にフォーカスし事業を展開する「大東エナジー株式会社」の代表取締役社長、望月寿樹氏から、ビジネスモデルの強みなどをお伺いしました。

都市ガス小売りの普及ポテンシャルの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年09月18日

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売りの普及ポテンシャル

都市ガス事業の採算性について、ガス事業者の現状を基に概要を見ていきます。加えて、ガス事業者の新規参入率の推移や、都市ガス利用の機器形態を家庭用・商業用などに分類してご説明いたします。

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年09月14日

新電力ネット運営事務局

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見る

今後、スマートな工場・ビル・住宅の実現により500万kl近くのエネルギーが削減できると見込まれています。このコラムでは、新電力企業による「電力の見える化」サービスや、それに付随する補助金獲得の優位性について見ていきたいと思います。