中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加

2019年10月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

中小企業等を対象としたRE100の新枠組、「再エネ100宣言RE Action」発足、環境省がアンバサダー参加の写真

10月9日、グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4団体は、使用電力の再エネ100%化宣言を表明するイニシアティブ「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)」を発足しました。

中小企業でも参加できる再エネ100%宣言

使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを宣言するRE100イニシアティブ(以下RE100)は、企業が意思と行動を示す場として認知度が高まっています。国際的にも、9月23日にニューヨークで開催された国連気候行動サミットを受け、脱炭素社会への移行の必要性がより認知されることとなり、そのニーズは今後も高まっていくものと考えられます。

一方、RE100に参加できるのは「消費電力量が100GWh以上の企業(特例として現在、日本企業は10GWh以上に緩和)」に限定されるため、趣旨に賛同しなている場合でも、企業規模が伴わない場合は参加できない仕組みとなっています。

グリーン購入ネットワーク等の推計によると、そのようなRE100の対象とならない団体の電力需要は日本国内の約40~50%程度を占め、数にして約400万団体に上ると想定されています。

こうした中、グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズ・パートナーシップの4団体は、使用電力の再エネ100%化宣言を表明するイニシアティブ「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)」を発足しました。自治体・教育機関・医療機関等及び、消費電力量10GWh未満の企業が対象であり、これからはRE100の対象外となる企業等も再エネ宣言を行えるようになっていくと想定されます。なお、10月16日時点、参加団体は28団体、従業員数ベースでは約2.2万人となり、総消費電力量は310GWhに達する規模になっています。

再エネ100宣言 RE Action協議会、参加団体、アンバサダーの皆さま

再エネ100宣言 RE Action協議会、参加団体、アンバサダーの皆さま 出典:グリーン購入ネットワーク

対象団体

日本国内の企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体(関連団体を含むグループ全体での参加となります)。以下の団体は参加対象外となります。

  1. The Climate Group(TCG)が運営するRE100の対象となる企業(年間消費電力量が10GWh以上等)
  2. 再エネ設備事業の売上高が全体の50%以上の団体
  3. 主な収入源が、発電及び発電関連事業である団体

参加要件

  1. ① 遅くとも2050年迄に使用電力を100%再エネに転換する目標を設定し、対外的に公表する必要があります。また、中間目標の設定が推奨されています。(目標例:2020年30%、2030年60%、2040年90%、2045年100%)
  2. ② 再エネの普及に関する政策提言への賛同などが要求されます。RE Action側からの支援が実施される予定となっています。
  3. ③ 消費電力量、再エネ率等の進捗を毎年報告する必要があります。再エネの定義はTCGのRE100の基準に準じます。年次報告等にて、消費電力量の全団体集計値と、各団体の再エネ率がRE Actionのウェブサイトにて公開されます。

参加特典

  1. 再エネ100宣言 RE Actionロゴの利用(参加団体ウェブサイト、名刺、会社案内等でのPRは可。商品添付等、営業目的の利用は不可)
  2. 具体的な再エネ導入情報の収集や参加団体間の交流等を目的としたウェブコンソーシアムへの参加
  3. RE100参加企業や、GPN,イクレイ日本,JCLPの加盟団体等との交流

参加費(年額)

年間の参加費は規模や団体カテゴリにより分かれています。再安価は、従業員数が10人以下の企業や非営利団体の2万5000円、最も高額なのは1001人以上の従業員を抱える企業の20万円となります。

企業
従業員数 年額
10人以下 25,000円
11人以上300人以下 50,000円
301人以上500人以下 75,000円
501人以上1,000人以下 100,000円
1,001人以上 200,000円
行政・公共機関
区分 年額
中央省庁・都道府県・政令指定都市 100,000円
上記以外の行政機関・公共機関 50,000円
非営利団体(学校法人、社会福祉法人、医療法人、消費生活共同組合など)
従業員数 年額
10人以下 25,000円
11人以上300人以下 50,000円
301人以上500人以下 75,000円
501人以上 100,000円

環境省がアンバサダー参加

「再エネ100宣言RE Action」発足と同日の10月9日、環境省は「再エネ100宣言 RE Action」アンバサダーとして参加すると発表しています。環境省では、2018年6月のRE100宣言を契機とし、RE100達成に向けた検討を進めています。

2019年度は、新宿御苑で再エネ比率30%の電力調達を試行的に実施しており、このような取組をもとに、庁舎・施設の電力消費における再エネ比率向上に向けた取組を進めています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年09月13日

新電力ネット運営事務局

第1回ベースロード市場、価格は8.70~12.47円/kWh、2018年度平均エリアプライスを下回る

本記事では、8月9日に実施された第1回目ベースロード市場のオークション結果(2020年度受渡分)について概要を見ていきます。どのエリアにおいても、約定価格が平均エリアプライスを下回る一方、売りに比べ買い入札量が少なく16.1億kWhの約定量に留まりました。

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月15日

新電力ネット運営事務局

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性

「特別措置法」であるFIT法には、2020年度末(2021年3月31日)までに抜本的な見直しを行う旨が規定されています。本記事では、国による検討内容から、2021年度以降のFIT制度における方向性を見ていきます。

2020年度の法的分離に向けた動き、公取委「適正な電力取引についての指針」改定案のパブコメ募集の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月04日

新電力ネット運営事務局

2020年度の法的分離に向けた動き、公取委「適正な電力取引についての指針」改定案のパブコメ募集

2020年度の法的分離に対して、その変化に対応するため、公取委と経産省は共同して「適正な電力取引についての指針」の改定案を作成しています。6月28日には、その改定案につき、パブリックコメント募集の案内を開始しています。

「RE100メンバー会」発足、国際イニシアチブ「RE100」加盟の日本企業が結集し再エネ普及を推進の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月04日

新電力ネット運営事務局

「RE100メンバー会」発足、国際イニシアチブ「RE100」加盟の日本企業が結集し再エネ普及を推進

日本国内のRE100加盟を支援する団体であるJCLPは「RE100メンバー会」を発⾜したと発表しました。「RE100メンバー会」は、RE100に加盟する日本企業が集まり、専⾨家や政策⽴案者等との対話を通じて、メンバー同⼠の協働や政策提⾔などを検討・実施するものとなります。

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月27日

新電力ネット運営事務局

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響

バイオマス発電の持続可能性等について、経済産業省より「平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」報告書が公開されました。今回の記事では同報告書から、GHG排出基準の新設可能性や、今後のバイオマス発電へのFIT適用可能性等を見ていきます。