日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%に

2019年03月28日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%にの写真

東急電鉄は、東北電力、東急パワーサプライの協力により、水力および地熱のみで発電した再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を2019年3月25日から開始すると発表しました。東急電鉄によると、都市型鉄軌道線における、日本初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行になるとしています。

世田谷線の運行がCO2フリーに、東京ドーム約0.5個分を削減

東急電鉄の母体の一つである「田園都市株式会社」が設立されたのは1918年であり、その100年後に東急電鉄は、2018年度からの中期経営計画におけるスローガン「Make the Sustainable Growth」 を発表しています。

「Make the Sustainable Growth」の基本方針として、「街づくり」「企業づくり」「人づくり」といった3つののサステナビリティを掲げています。また、これらサステナブルにおいて、「安全・安心」「まちづくり 」「低炭素・循環型社会」「生活環境品質」「ひとづくり」「企業統治・コンプライアンス」を重要テーマとして置いています。

この重要テーマの一つ「低炭素・循環型社会」の一環として、東急電鉄は、東北電力、東急パワーサプライの協力により、水力および地熱のみで発電した再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を2019年3月25日から開始すると発表しました。

今回、再エネ100%となる世田谷線は、世田谷区東部を縦断する地域密着路線で、東京では都電荒川線とともに残る数少ない路面電車です。東急電鉄によると、都市型鉄軌道線における、日本初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行になるとしています。

これまで世田谷線は、1年間で東京ドーム約0.5個分(1,263t-CO2)の二酸化炭素を排出していましたが、今後は「日本初の二酸化炭素排出量ゼロの都市型通勤電車」となる見込みです。

鉄道は大量輸送機関であり、環境にやさしい乗り物といわれています。鉄道で1人を1km運ぶ際に排出するCO2は、国交省の資料によると、自家用乗用車に比べ約7分の1となっています(図1)。今回の取り組みにより、これまでよりも更に環境負荷の少ない運輸事業が実現すると期待できます。

輸送量あたりのCO2排出量(2016年度)

輸送量あたりのCO2排出量(2016年度) 出典:国土交通省

再エネ電気は、東北電力および同社グループ企業の東北自然エネルギーが保有する発電設備が利用されます。水力発電所および地熱発電所で発電されたものとなり、いずれもFIT適用外です。そのため、CO2排出ゼロの再生可能エネルギー由来の電力となります。なお、再エネ電気は、本線・車庫内における電車運行にて利用されます。

今回のスキームにおいて、再エネ電気の証明は、世田谷線の電力使用量実績と、再エネ電気を供給する水力・地熱発電所の発電電力量実績の相互確認によって行われます。これにより、全時間帯において使用電力量の全量が再エネ電気であることが証明されます(図2)。

東急パワーサプライは、東北電力の取次事業者として本取り組みに参加します。3社は、国内における再生可能エネルギー活用の先進的な事例となる本取り組みを通じて、今後もサステナブルな「街づくり」を推進し、さらなる沿線価値向上に向けて取り組むとしています。

再生可能エネルギー100%電力サービスの提供体制

図2 再生可能エネルギー100%電力サービスの提供体制 出典:東京急行電鉄

VVVF制御車両の導入量が大手民鉄でトップクラスの東急電鉄

東急電鉄はこれまでも、鉄道事業における環境負荷の低減に取り組んでおり、例えば2018年3月、新型車両「2020系」を田園都市線に、「6020系」を大井町線にそれぞれ導入しました。

この新車両により、使用電力を旧型車両と比べ約50%削減しています。東急電鉄は今後、田園都市線では「2020系」を順次導入し、2022年度までに旧型車両(8500系)の置き換えを進めていくとしています。

また、東急電鉄は業界に先駆けて1986年からVVVF制御車両を導入しています。VVVF制御車両は、架線を流れる直流電流をインバーターで最適な電圧・周波数の交流電流に変換して交流モーターを駆動する車両であり、電力のロスを少なくできます。東急電鉄におけるVVVF制御車両の導入率は、2018年4月1日時点で全車両の77.8%であり、大手民鉄ではトップクラスです。

そのほか、2012年3月より加速時間を削減する「エコ運転プロジェクト」を開始しています。 「エコ運転」とは、惰行を活用することで電力使用量を抑制する運転方法です。

2012年6月より東急線全線でのエコ運転を開始しており、東急電鉄によると、この取り組みにより2017年度は17,777千kWh(CO2排出削減量8,888t)の削減効果があったとしています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減

科学技術振興機構(JST)は、早稲田大学と東京大学の研究グループにより、電気自動車保有者の充電時間帯に着目したオークション式エネルギーマネジメント手法が開発されたと発表しました。

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月28日

新電力ネット運営事務局

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%に

東急電鉄は、東北電力、東急パワーサプライの協力により、水力および地熱のみで発電した再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を2019年3月25日から開始すると発表しました。東急電鉄によると、都市型鉄軌道線における、日本初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行になるとしています。

世界初、紙の原材料でCO2減のコンセプトカー、金沢工業大学発表、2019年度に完成見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月29日

新電力ネット運営事務局

世界初、紙の原材料でCO2減のコンセプトカー、金沢工業大学発表、2019年度に完成見込

環境省が進めるNCVプロジェクトの一環として、金沢工業大学は、外板や骨格部材を植物由来のCNFで製作した世界初のコンセプトカーの開発に取り組んでおり、2019年度中の完成を予定していると発表しました。

急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月03日

新電力ネット運営事務局

急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表

英国の業界団体であるSMMTは、今年に入り英国の購入者が新車登録した電動自動車の内、10台中6台が日本車であったと発表しました。英国で新車購入された日本メーカーの電動自動車は、2017年1~8月が45751台であったのに対し、2018年1~8月は54000台を超え、需要が昨年から18.5%増加しています。

2050年までに電動自動車100%社会を目指す日本、エネルギーミックス以上の再エネ普及が重要にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月21日

新電力ネット運営事務局

2050年までに電動自動車100%社会を目指す日本、エネルギーミックス以上の再エネ普及が重要に

自動車業界における今後の戦略については、現在「自動車新時代戦略会議」によって議論が進められています。パリ協定の2度シナリオ達成のためには、電動自動車の普及は重要であり、2050年には100%が電動化すると想定されます。また、EVは発電電源の由来にCO2排出量が左右されるため、再エネの普及も重要となってきます。