経産省とNEDO、世界初となる「水素閣僚会議」を東京で開催、Tokyo Statement(東京宣言)発表

2018年11月08日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

経産省とNEDO、世界初となる「水素閣僚会議」を東京で開催、Tokyo Statement(東京宣言)発表の写真

10月23日、経済産業省及びNEDOの主催の下、世界で初めて閣僚レベルが水素社会の実現をメインテーマとして議論を交わす「水素閣僚会議」が東京において開催されました。その成果として「Tokyo Statement(東京宣言)」が示されました。

世界初の水素閣僚会議、300人以上が参加

温暖化対策の国際枠組みであるパリ協定の発効を受け、脱炭素化への取組が世界中で進んでいます。そうした中、水素活用に対する期待が高まっており、日本においては2018年7月にとりまとめたエネルギー基本計画の中で、脱炭素化に向けた取組として水素活用を位置づけています。また、昨年12月には世界で初めての水素基本戦略を策定し、供給・利用両面の取組を一体的に進めています。

水素は、化石燃料と二酸化炭素回収・貯留、あるいは再エネなどのリソースを結びつけ、脱炭素化を実現するキーテクノロジーです。世界各国で水素利用に向けた様々な取組が進められています。日本においては、27万台を超える家庭用燃料電池、約2800台の燃料電池自動車が普及しており、水素ステーションは世界最多の100カ所が整備済みです。

今後、水素の利活用をグローバルな規模で推進していくためには、関係各国が歩調を合わせ一層連携していくことが重要です。このため、経済産業省及びNEDOの主催の下、10月23日に世界で初めて閣僚レベルが水素社会の実現をメインテーマとして議論を交わす「水素閣僚会議」が東京において開催されました。

今回の会議では、経済産業省の世耕経済産業大臣が議長を務め、21カ国・地域・機関より閣僚等が集まり、300人以上の水素に関連する企業・政府関係者及び研究者が参加しました(図1)。

水素閣僚会議 集合写真

図1 水素閣僚会議 集合写真 出典:経済産業省

「Tokyo Statement(東京宣言)」発表

当日の午前中は閣僚会合が開催され、世耕経済産業大臣による開会挨拶では、「エネルギー転換、脱炭素化に向けては、多くの選択肢があるが、水素こそが、新たなエネルギーの未来を切り開く鍵となると確信。」「水素を新たなエネルギーの選択肢とするためには、水素がビジネスとして自立できるマーケットが創出されることが必要不可欠。」といった旨を述べました。

閣僚会合では、国際的な水素社会実現に向けた課題や政策の方向性について議論が行われました。その成果として、技術のコラボレーションや国際共同調査の必要性など、各国の共通認識の下、世耕経済産業大臣より議長サマリーとして以下の4項目から成る「Tokyo Statement(東京宣言)」が示されました。水素エネルギー担当の各国大臣及び担当代表者は、これらの項目に関して協力する重要性を共有しました。

  1. 技術協力及び、規制、規格・基準のハーモナイゼーション、標準化の推進
  2. 水素の安全性及びサプライチェーンに関する情報共有及び国際共同研究開発の推進
  3. CO2及び他の汚染物質を削減する水素の可能性調査・評価
  4. コミュニケーション、教育及びアウトリーチ

その後、午後は民間セッションとして、民間・国際機関によるプレゼンテーションが行われました。Tokyo Statement(東京宣言)を踏まえ、IEAやIPHEなどの国際機関が世界の最新動向を解説するとともに、世界のリーダー企業が水素の利用拡大の道筋などについて講演しました。

ニュージーランドとの間で「水素に関する協力覚書」署名

世耕経済産業大臣は、今回の会議に参加したニュージーランドのビジネス・イノベーション・雇用省のミーガン・ウッズ大臣と、水素に関する協力を促進することを目的とする覚書(MOC)の署名を行いました。

ニュージーランドは、地熱発電や水力発電など、豊富な再エネ資源を有しており、これらのエネルギー源を活用して水素を製造することによって、エネルギーの低炭素化を実現することが期待されています。

なお、今回の会議を踏まえ、2019年6月に日本が議長国を務めるG20エネルギー・環境大臣会合においても、エネルギー転換・脱炭素化に向けた水素の役割の重要性について議論が行われる予定です。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2019年11月以降のFIT満了に向けた取り組み、経産省が売電事業者の受付開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月25日

新電力ネット運営事務局

2019年11月以降のFIT満了に向けた取り組み、経産省が売電事業者の受付開始

余剰電力買取制度が始まった直後である2009年11月に適用を受けた住宅用太陽光発電設備は、買取期間が10年間のため、2019年11月以降順次、買取期間が満了を迎えます。経済産業省は、こうした電源を買い取る「売電事業者」の登録受付を開始しています。

FIT適用の太陽光パネルに蓄電池を増設するビジネス、今後は可能となる見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月18日

新電力ネット運営事務局

FIT適用の太陽光パネルに蓄電池を増設するビジネス、今後は可能となる見込み

10月15日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会が開催されました。その中で、既認定案件による国民負担 の抑制に向けた対応について議論が行われました。

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月16日

新電力ネット運営事務局

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力PGおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。今回の記事では、「需給調整市場」について概要を整理します。

新電力の実態調査、4分の1以上が売上100億円以上、帝国データバンクが分析の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月11日

新電力ネット運営事務局

新電力の実態調査、4分の1以上が売上100億円以上、帝国データバンクが分析

帝国データバンクは9月、「登録小売電気事業者」に登録された全国508社(2018年8月9日時点)について、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(147 万社収録)などを基に、都道府県別、設立時期、業種別、年売上高別、上場区分別等に集計・分析した結果を発表しました。

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月05日

新電力ネット運営事務局

FIT制度、2018年度の認定期限、概ねの発電設備で2019年1月11日までの申請が必要

資源エネルギー庁は8月31日、FIT制度における2018年度中の認定申請等にかかる期限日や、標準処理期間及び運用ルールの一部見直しを発表しました。申請時に接続同意書類の提出が必須になる等の変更が加えられます。