一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは

2018年10月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とはの写真

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力PGおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。今回の記事では、「需給調整市場」について概要を整理します。

現在の「調整力公募」から「需給調整市場」へ移行

電力は基本的に貯めておくことが困難であるため、発電した電力と需要量を一致させる需給バランス調整が必要となります。現在、周波数制御や需給バランス調整に関して、一般送配電事業者が行うこととなっておりますが、必要な調整力を調達するにあたっては、特定電源への優遇や過大なコスト負担を回避することが重要となります。

そこで、公募調達の実施方法等を定めた「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」に従って、調整力の公募が2016年末より実施されています。今後は、より柔軟な調整力の調達や取引を行うことができる市場である「需給調整市場」が創設され、調整力の確保がより効率的になっていく予定です(図1)。

調整力の調達手法のイメージ

図1 調整力の調達手法のイメージ 出典:経済産業省

現在、調整力の確保のために行われている公募調達は、一般送配電事業者が電源Ⅰと電源Ⅱに対して募集をかけるものです(図2)。実需給断面において、年初段階で確保した電源Ⅰとゲートクローズ(GC)後の電源Ⅱ余力を活用して対応する仕組みです。

  1. 電源Ⅰ:一般送配電事業者の専用電源として、常時確保する電源等
  2. 電源Ⅱ:小売電気事業者の供給力等と一般送配電事業者の調整力の相乗りとなる電源等
平成30年度向け調整力公募概要

図2 平成30年度向け調整力公募概要 出典:電力・ガス取引監視等委員会

現状の公募調達から新たに移行する「需給調整市場」の開設時期については、当初は2020年が予定されていました。しかし、東京オリンピック・パラリンピックにより、適切な開発期間を確保することが難しいとの意見があり、現在は2021年に開始される見込みとなっています(図3)。

需給調整システムのスケジュール

図3 需給調整システムのスケジュール 出典:電力広域的運営推進機関

需給調整市場は、ΔkWの確保という側面と、調達した調整力を運用する(実際に運用した調整力に対しkWh価値を支払う)側面が存在します。「ΔkW」を保有するということは、実需給時点で各時間帯毎に必要な能力をもった電源等を、出力を調整できる状態であらかじめ確保するということです。

電源にはそれ自体に価値があり、需給調整市場が担当する「ΔkW」は、短期的な需給変動に対応する役割を担います。電源の価値は大きく分けて4つに分類され、「ΔkW」のほかにも、実際に発電された電気自体の「kwh」価値、将来の供給力の担保となる発電能力自体の「kW」価値、電気に含まれる「環境価値」があります(図4)。

価値と取引される市場の関係性

図4 価値と取引される市場の関係性 出典:経済産業省

需給調整市場について、現状で想定されている基本的な商品メニューは以下のとおりです。同市場で扱う調整力は、指令値までの出力変化(応動時間)が速く、出力継続時間が短い順に1次、2次、3次調整力に分けられています(図5)。

需給調整市場における商品の要件

図5 需給調整市場における商品の要件 出典:電力広域的運営推進機関

1次調整力に相当するGF(ガバナフリー)は、調速機(ガバナ)により、系統周波数の変化に追随して出力を増減させる運転をいいます。2次調整力に相当するLFC(負荷周波数制御)では、負荷変動に起因する周波数変化量や連系線電力変化量などを検出し、発電機の出力を制御します。2・3次調整力に相当するEDC(経済負荷配分制御)は、各発電所に最も経済的になるよう負荷配分を行う制御のことです(図6)。

周波数維持機能における役割分担出典資源エネルギー庁

図6 周波数維持機能における役割分担 出典:資源エネルギー庁

日本では、広域化によって競争環境が整った商品から市場化を段階的に行う計画となっています。例えば、3次調整力①については2021年度、2次調整力②については2023年度に広域運用が始まる見込みです。

欧州においても、全ての商品を一律に市場化するのではなく、環境が整ったものから市場化が進められています(図7)。また、欧州では当初、市場への新規参入者が少なかったのですが、広域化によって大手垂直統合型事業者同士で競争が発生しました。そのため、新規参入者が市場に参入することで調整力のコストが削減されました。

欧州における需給調整市場に係る広域化プロジェクトについて

図7 欧州における需給調整市場に係る広域化プロジェクトについて 出典:電力広域的運営推進機関

東京電力パワーグリッドおよび中部電力が開発を進める「需給調整市場システム」

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力パワーグリッドおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。

需給調整市場システム設置に伴う事業者側の準備としては、① 端末の準備(社内システム(市場取引用)との連係も可)、② ネットワークの契約、③ 需給調整市場システム設置後の対向試験となります(図8)。

需給調整市場システム設置に伴う事業者の対応

図8 需給調整市場システム設置に伴う事業者の対応 出典:東京電力

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月27日

新電力ネット運営事務局

LNGより環境負荷の高い一部のバイオマス燃料、GHG排出量基準の新設可能性やFITへの影響

バイオマス発電の持続可能性等について、経済産業省より「平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査」報告書が公開されました。今回の記事では同報告書から、GHG排出基準の新設可能性や、今後のバイオマス発電へのFIT適用可能性等を見ていきます。

家庭用設備における非化石証書の可能性、トラッキングビジネスの今後の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月12日

新電力ネット運営事務局

家庭用設備における非化石証書の可能性、トラッキングビジネスの今後

これまで非化石証書は、再エネ電源の由来を特定できず、RE100等のイニシアティブに適用不可と考えられてきました。しかし、2019年2月に実施された実証実験により、トラッキングスキームが導入され、FIT非化石証書の由来となった発電所を明らかにすることが可能となりました。

エネ庁が「ベースロード市場ガイドライン」作成、上限価格や透明性におけるルール整備が進むの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月03日

新電力ネット運営事務局

エネ庁が「ベースロード市場ガイドライン」作成、上限価格や透明性におけるルール整備が進む

ベースロード市場のルール整備は着実に進んでおり、2019年3月19日制度検討作業部会においては、資源エネルギー庁が「ベースロード市場ガイドライン」を作成する形で合意がなされました。その後、電力・ガス取引監視等委員会により、28日に「ベースロード市場ガイドライン」が公表されました。

電力切替の誤認識、約半数がスマートメータ有料、3割が電気品質が下がると回答、経産省がアンケート結果公表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月13日

新電力ネット運営事務局

電力切替の誤認識、約半数がスマートメータ有料、3割が電気品質が下がると回答、経産省がアンケート結果公表

自由化における不安を解消し、より多くの需要家が切り替えを検討できる環境を整えていくことが重要だと考えられます。こうした中、全面自由化が実施された2016年度から、経済産業省は委託事業として自由化の認知度や不安等に関するアンケートを実施しており、3月8日にその最新版の結果を公開しました。

卒FITの再エネ電力確保に向けた各社の動き、2023年までに130万件以上が新たなサービスに移行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月06日

新電力ネット運営事務局

卒FITの再エネ電力確保に向けた各社の動き、2023年までに130万件以上が新たなサービスに移行

卒FITの市場規模として、件数ベースでみると、2019年〜2023年合計では少なくとも130万件、最大で210万件程度になると推測されます。これらの卒FIT電源を確保するため、各社が様々なサービスを提供しており、それらサービスの特徴を見ていきたいと思います。