急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表

2018年10月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表の写真

英国の業界団体であるSMMTは、今年に入り英国の購入者が新車登録した電動自動車の内、10台中6台が日本車であったと発表しました。英国で新車購入された日本メーカーの電動自動車は、2017年1~8月が45751台であったのに対し、2018年1~8月は54000台を超え、需要が昨年から18.5%増加しています。

英国で進められる自動車の電動化、新車の6割が日本メーカー

持続的な社会発展のため、地球温暖化への対応を求める声が急速に高まってきており、その対策の一つとして世界各国で自動車の電動化の流れが進んでいます。英国はEV推進を進める国の1つで、英国のゴーブ環境相は2017年7月26日、ガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると正式発表しています。また、2030年までに新車の50%を「超低排ガス車」にすることを目指しています。

こうした政府のイニシアチブが、業界戦略や自動化・電気車両法案に影響を与えています。例えば、英国政府の資金援助プログラムとして、2018年からファラデー・バッテリー・チャレンジ(Faraday Battery Challenge)が始まっています。このプログラムは、新しいバッテリー技術の開発と産業化を支援するもので、2億4600万ポンドの資金が充てられています。

こうした中、英国の業界団体であるSMMT(Society of Motor Manufacturers and Traders)は、今年に入り英国の購入者が新車登録した電動自動車の内、10台中6台が日本車であったと発表しました。なお、この集計の中で定義する「電動自動車」は、ハイブリッドカー、プラグインハイブリッドカー、バッテリー式電気自動車、燃料電池自動車を指します。

SMMTによると、英国で新車購入された日本メーカーの電動自動車は、2017年1~8月が45751台であったのに対し、2018年1~8月は54000台を超え、需要が昨年から18.5%増加しています。

とりわけ大きな伸びを見せたのは、ハイブリッド車と、プラグインハイブリッド車です。ハイブリッド車では、トヨタ・ヤリス(前年比+47.9%、2017年:6626台→2018年:9801台)と、レクサスNX(同+24.7%、2365台→3013台)の需要が増加しました。プラグインハイブリッド車では、トヨタ・プリウス(同+109.4%、256台→535台)が2倍以上の新車登録数となりました。

そのほか、ヨーロッパ向けに英国で生産された日産リーフは、英国市場をリードする純粋な電気自動車であり、電動自動車の新車登録数の5分の2以上に相当します。

英国と日本の自動車業界

日英間の自動車製造の関係には強固な伝統があり、ホンダがブリティッシュ・レイランドとの合弁事業を立ち上げた1981年にさかのぼります。1989年までにホンダはSwindonでエンジンを製造するようになり、5年後に同プラントはシビックの製造を開始しました。

日産は1986年に日本のメーカーで初めて、サンダーランドに工場を設立しました。現在はそこでキャシュカイ、ジューク、そして世界のベストセラーEVであるリーフを製造しています。

トヨタは1992年にダービーシャー州バーナストンの工場から市場参入しました。以来、日本の部品メーカーが後に続き、今では50社ものサプライヤーが英国に拠点を置いています。

自動車業界は英国経済において重要なセグメントであり、SMMTによると、売上高820億ポンド、85万6000人の雇用を実現しています。英国の総貨物輸出の12.8%を占めており、自動車研究開発に年36億5000万ポンドが投資されています。

英国自動車の業界にとって日本市場は重要であり、英国からアジアに輸出している国の内、日本は中国に次ぐ第2位の市場規模となります。英国メーカーの自動車を選ぶ日本人ドライバーも増加しており、2018年1月から8か月の期間で、前年比60.5%増しています(2017年:17704台→2018年:28414台)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

旭タンカーなど4社、EV船の開発に向けe5ラボ設立、2021年半ばまでに「世界初」のゼロエミッションタンカーを目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月07日

新電力ネット運営事務局

旭タンカーなど4社、EV船の開発に向けe5ラボ設立、2021年半ばまでに「世界初」のゼロエミッションタンカーを目指す

8月6日、旭タンカー、エクセノヤマミズ、商船三井、三菱商事の4社は、電気推進(EV)船の開発、およびEV船を中心とした新しい海運インフラサービスの構築に向けた戦略的提携に合意し、新会社「株式会社e5(イーファイブ)ラボ」を設立したと発表しました。

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減

科学技術振興機構(JST)は、早稲田大学と東京大学の研究グループにより、電気自動車保有者の充電時間帯に着目したオークション式エネルギーマネジメント手法が開発されたと発表しました。

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月28日

新電力ネット運営事務局

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%に

東急電鉄は、東北電力、東急パワーサプライの協力により、水力および地熱のみで発電した再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を2019年3月25日から開始すると発表しました。東急電鉄によると、都市型鉄軌道線における、日本初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行になるとしています。

世界初、紙の原材料でCO2減のコンセプトカー、金沢工業大学発表、2019年度に完成見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月29日

新電力ネット運営事務局

世界初、紙の原材料でCO2減のコンセプトカー、金沢工業大学発表、2019年度に完成見込

環境省が進めるNCVプロジェクトの一環として、金沢工業大学は、外板や骨格部材を植物由来のCNFで製作した世界初のコンセプトカーの開発に取り組んでおり、2019年度中の完成を予定していると発表しました。

急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月03日

新電力ネット運営事務局

急増する英国の電動自動車マーケット、日本メーカーがシェア6割に、英国の業界団体が発表

英国の業界団体であるSMMTは、今年に入り英国の購入者が新車登録した電動自動車の内、10台中6台が日本車であったと発表しました。英国で新車購入された日本メーカーの電動自動車は、2017年1~8月が45751台であったのに対し、2018年1~8月は54000台を超え、需要が昨年から18.5%増加しています。