日本初、製油所のエネルギーリソースを活用したVPP実証、昭和シェル、横河系など3社が実施

2018年09月07日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本初、製油所のエネルギーリソースを活用したVPP実証、昭和シェル、横河系など3社が実施の写真

昭和シェル、西部石油、および横河ソリューションサービスは9月、西部石油山口製油所にて、VPP構築実証事業を今秋から共同で行うと発表しました。製油所のエネルギーリソースを活用した本格的なVPP構築実証事業としては国内初の取り組みとなります。

昭和シェル、西部石油、横河ソリューションサービスの3社がVPP構築実証事業を共同で開始

近年、従来の大規模集中電源に依存したエネルギー供給システムを脱却するとともに、再エネを安定的かつ有効に活用することが喫緊の課題となっています。こうした課題を解決する方法の一つとしてバーチャルパワープラント(VPP)があります。VPPとは、工場や家庭などが有するエネルギーリソース(蓄電池、発電設備、電気自動車(EV)やディマンドリスポンスなど)を、高度なエネルギーマネジメント技術により制御し、あたかも一つの発電所のように機能させる仕組みのことです。

VPPを支援する枠組みとして、経済産業省による「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」があります。当該補助金は2016年度から始まっており、2020年度までの5年間の事業を通じて、50MW以上の仮想発電所の制御技術の確立を目標として予算が組まれています。

こうした中、昭和シェル、西部石油、および横河ソリューションサービスは、西部石油山口製油所にて、VPP構築実証事業を今秋から共同で行うと発表しました(図1)。製油所のエネルギーリソースを活用した本格的なVPP構築実証事業としては国内初の取り組みとなります。

西部石油山口製油所

図1 西部石油山口製油所

なお、この実証事業は、関西電力株式会社がアグリゲーションコーディネーターとして実施する「関西VPPプロジェクト」の一環で行われます。関西電力は、VPP実証事業に2016年度から参画しており、これまでに、実フィールドでの基礎的な制御の確認等を行っています。2017年度からは、新たに周波数調整を行うため、エネルギーリソースをより速く制御する取組みを開始しています。

本年度についても、関西電力は2018年5月29日、当該補助金の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブから採択決定と補助金交付決定の通知を受けています。本年度は、分単位の制御について、更なるリソースの拡大や精度向上のためシステムを改良し、より高度な実証も行うとしています。制御システムの開発を行うことでより速い制御を目指し、次年度以降の本格的な実証に向けて取り組むとしています。

ボイラーなどを制御しDR対応

今回の実証試験で、横河ソリューションサービスは、関西電力から送られるディマンドリスポンス(DR)に関する信号を、DRの実施に必要な発動時間帯や需給調整量などの情報に変換します。変換した情報は、西部石油山口製油所に新設されるシステムへ通知されます。

このシステムは、製油所の稼働状況に合わせて、電力供給量や抑制量などを通知された情報から算出し、提示します。西部石油は、提示された情報をもとに、生産プロセスへの影響を考慮しながら、プラントの自家発電設備である、ボイラー・蒸気タービン・発電機(BTG)を制御します。そうすることで、電力需要量を増減させ、関西電力からのDR要請に応えます。

昭和シェル石油は、本実証全体をコーディネートし、生産プロセスへの影響等を加味したうえでBTGの運用条件を分析します。こうした運用により、製油所のエネルギーリソース活用を拡大・発展させていきます(図2)。

3社は、電力の需給調整力の創出と再生可能エネルギー導入拡大に貢献するVPPの実現に向けて、本実証でインダストリアルIoTを活用した仕組みを構築し、持続可能な開発目標SDGsの達成に貢献する活動を進めていくとしています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2030年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月27日

新電力ネット運営事務局

2030年以降のエネルギーとブロックチェーン

サードステップの2030年以降は、今までに存在しなかったもの、無理だと考えられていたものが、ブロックチェーンを活用することで、ビジネスとして花開きます。現時点では不可能なことや概念的に飛び過ぎに思えることが、どんどん実現する時代ともいえます。

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月11日

新電力ネット運営事務局

デマンドレスポンスの費用対効果を最大化、制御技術を新開発、北大など3大学が発表

北海道大学、名古屋大学および東京理科大学は、発電コストの1日の変動に着目したデマンドレスポンスの解析・制御技術を開発したと発表しました。各大学の発表によると、この制御技術は、デマンドレスポンスの費用対効果を最大化するためのものであり、1日の発電コストと需要の予測に基づき、最適な電力使用量を求めることができるとしています。

2025年以降のエネルギーとブロックチェーンの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月28日

新電力ネット運営事務局

2025年以降のエネルギーとブロックチェーン

セカンドステップでは、「EVとの連携」「蓄電池・家電製品などIoT機器との連携」「エネルギー企業同士での直接取引」の3つを紹介します。事例では、電力会社とブロックチェーンのシステムを開発する会社や自動車メーカーなど、複数社が連携しているケースが多く見られます。

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月16日

新電力ネット運営事務局

大崎電機工業、独自開発のAI技術で気象予測データなどから電力最適化

大崎電機工業は5月13日、既存のEMSに独自開発したAI技術を活用することで、気象予測データや過去の使用電力量から、AIが最適な電力目標値の自動設定を行うサービスを開発したと発表しました。

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月10日

新電力ネット運営事務局

余剰エネルギーにおけるピアツーピアの「自由貿易」、英ブリストル大学が研究開始

将来的には余剰電力につき、より経済合理性に則った形で売買される可能性があります。この課題につき、ブリストル大学では、EPSRCからの46万ポンドの助成金を利用することで、ピアツーピア (P2P)エネルギー市場におけるマイクロ発電機間の「自由貿易」を研究しています。