リチウムイオン電池負極の容量が10倍に、日本の技術ベンチャーが開発、320mAh/gから3600mAh/gへ

2018年08月21日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

リチウムイオン電池負極の容量が10倍に、日本の技術ベンチャーが開発、320mAh/gから3600mAh/gへの写真

日本の技術ベンチャーであるワイヤード社は7月、リチウムイオン電池の新素材の実用化技術を開発したと発表しました。革新的なレーザー孔加工技術により、理論容量10倍の負極材料の活用が可能になるとしています。

高容量化が望まれるリチウムイオン電池

近年、リチウムイオン電池(LIB)は電子デバイスや電気自動車などへの用途が拡大しており、高容量化が望まれています。現在、LIBの負極としては黒鉛材料が主に用いられていますが、その容量は320mAh/gと限られており、より高容量なシリコン材料(容量3600mAh/g)に注目が集まっています。

このように、次世代シリコン負極は、従来の黒鉛系負極と比較し10倍以上の高容量です。しかし、実際に使用できる電池容量(充放電効率)が約80%という欠点を持ちます。また、電極の変形や割れによるサイクル劣化が大きいといった問題もあります。これらの問題から、LIBへのシリコン負極利用は極めて難しいものとなっていました。

こうした中、日本発の技術ベンチャーであるワイヤード社は、EV用電池の開発を行っている山形大学の協力を得て、シリコンを負極としたLIBの実用化技術を開発しました。今回、同社が開発したのは「レーザーによるシリコン電極穿孔」と、「リチウムプリドーピング」、そして「ラミネート型NCM/Si電池」という3つの技術です。これらにより、従来は難しかったLIBへのシリコン材料適用を可能にしています。

技術①、レーザーによるシリコン電極穿孔技術

シリコン負極は高容量というメリットを持つ一方、充放電に伴う体積膨張が大きく、電極の変形や割れによるサイクル劣化が大きいというデメリットを持ちます。今回、ワイヤード社は、機械的強度の高いステンレス(SUS)箔とポリイミドバインダーを使用ことで、サイクル寿命の向上を実現しました。

しかしこの方法は、機械的強度の高いSUSを基材とするため、従来の機械的な穿孔は困難です。そこで、同社は専用の光学設計やレーザー条件の最適化により、SUS箔を用いたシリコン電極の連続穿孔技術を開発しました。

技術②、リチウムプリドーピング

シリコン負極は高容量であるものの、初回充放電時の反応により、その後の充放電に寄与しない容量(初期不可逆容量)が約20%あります。そのため、実際に使用できる電池容量(充放電効率)は約80%となってしまいます。

初期不可逆容量を低減させるために、リチウムプリドーピングが有効です。リチウムプリドーピングには、負極表面上へのリチウム金属箔の貼り付けや、負極/リチウム金属電池(ハーフセル)による電気化学的方法などがあります。

しかし、いずれの方法もハンドリングやコストの面から実用的ではありませんでした。そこで今回、ワイヤード社は正負極にレーザー穿孔を施し、正負極積層体両側にリチウム金属極配置した電池構造とする新しいリチウムプリドーピング方法を開発しました。これにより、負極の不可逆容を低減させ、従来は約80%であった充放電効率を93%と設計効率の最大値に到達させることができます(図1)。

リチウムプリドーピング後の充放電曲線(充放電効率93%)

図1 リチウムプリドーピング後の充放電曲線(充放電効率93%) 出典:ワイヤード

この技術により、リチウムイオンが電極垂直方向に移動できるようになります(図2)。なお、リチウムプリドーピングの進行度は、各負極とリチウム金属極との開回路電位の測定により可能です。

同社は、この技術により、電池セルを作製後にリチウムプリドーピングが簡便に行えることから、ドーピングプロセスが工業的に利用できるようになるとしています。

(左)従来のLIB構造、(右)レーザー穿孔電極を用いたリチウムプリドーピングが可能なLIB構造

図2 (左)従来のLIB構造、(右)レーザー穿孔電極を用いたリチウムプリドーピングが可能なLIB構造 出典:ワイヤード

技術③、ラミネート型NCM/Si電池

ワイヤード社は、今回開発した三元系(NCM)正極とシリコン(Si)負極を用いて、ラミネート型NCM/Si電池(1Ah)を試作しました(図3)。正負極積層体両側に配置したリチウム金属極と負極間での外部短絡によるリチウムプリドーピングを行うことで、シリコン系LIBの高容量化を図っています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

全国初、車両の振動で発電するシステム、駐車場に設置、竹中工務店など開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月26日

新電力ネット運営事務局

全国初、車両の振動で発電するシステム、駐車場に設置、竹中工務店など開発

竹中工務店は6月20日、セイリツ工業、湘南メタルテックと共同で全国初となる車両走行可能な振動発電ユニットを開発したと発表しました。道路埋込型の超省電力LED照明と組み合わせた車両誘導システムを、「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」に導入しています。

部屋全域へのワイヤレス充電を実証、コンセントフリー社会へ一歩前進、東大発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年06月18日

新電力ネット運営事務局

部屋全域へのワイヤレス充電を実証、コンセントフリー社会へ一歩前進、東大発表

東京大学は6月、マルチモード準静空洞共振器という送電器構造を考案・実装し、3m×3mの部屋全域へのワイヤレス充電ができることを実証したと発表しました。広範囲に数十ワット程度の電力を送信できることから、将来的に電池が切れない IoTシステムへの応用が期待されます。

使っても性能が劣化しない蓄電池、充電により自己修復、東大の研究グループが発見の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月20日

新電力ネット運営事務局

使っても性能が劣化しない蓄電池、充電により自己修復、東大の研究グループが発見

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授、大久保將史准教授、西村真一主任研究員らの研究グループは、電力を蓄えることにより構造を修復する「自己修復能力」を持つ電極材料を発見したと発表しました。

国産では初となる「らせん水車」が始動、日本工営が自社開発・製造の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月25日

新電力ネット運営事務局

国産では初となる「らせん水車」が始動、日本工営が自社開発・製造

国産では初となる商用の「らせん水車」が、岩手県一関市において4月10日に運転を開始しました。今回の「らせん水車(八幡沢発電所)」の開発・製造は日本工営が実施、同社は1946年の創業以来、多面的に国内外の水力発電事業に携わってきた歴史があります。

経産省などがドローン活用のガイドライン策定、電力業界への広まりとテラドローン社による取り組みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月16日

新電力ネット運営事務局

経産省などがドローン活用のガイドライン策定、電力業界への広まりとテラドローン社による取り組み

2019年3月に公開されたドローン活用のガイドラインにより、ドローンを安全に活用するための指標や方法が提示されました。そのため今後は、より本格的なドローン活用が進んでいくものと考えられます。特に近年は、テラドローン社がエネルギー業界向けのソリューションを次々と開発しており、本記事ではそれら概要を見ていきます。