業界初、フォルクスワーゲンが電気自動車の「充電使いたい放題」プランを提供開始

2018年07月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

業界初、フォルクスワーゲンが電気自動車の「充電使いたい放題」プランを提供開始の写真

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは7月、NCS充電ネットワークが使える『Volkswagen 充電カード』を提供開始すると発表しました。NCSネットワークの充電ステーションをお得な料金で利用できるサービスであり、プレミアムプランでは業界初の使い放題プラン(充電)を利用することができます。

電動化を進めるフォルクスワーゲングループ

フォルクスワーゲングループは電動化を積極的に進めるメーカーの一社であり、2016年6月に発表した「TOGETHER-STRATEGY 2025」では、2025年には2~300万台のEVを販売し、総販売台数の20~25%に相当する見通しとしています。

また、2017年には電動化のための計画「Roadmad E」を開始しました。この中で、2025年までにグループ全体で80モデルの新しい電動車両を市場に導入する計画を発表しています。

ベルリンで開催されたフォルクスワーゲンAG年次記者会見においては、マティアス ミュラーCEOの発表によると、2022年末までに、世界各地の16ヶ所の工場で、電気自動車を生産する予定としています。

2018年3月時点で、フォルクスワーゲングループは電気自動車を3ヶ所で生産しており、2年後にはさらに9カ所の工場で電気自動車の生産に向けて設備を整える予定です。

2019年以降は、「ほぼ毎月」新しい電気自動車が発売されるとしています。ミュラーCEOは、「今後わずか数年間で、すべてのブランドと地域において、世界で最も大規模に電気自動車を提供することを目指す。」と述べています。

電動化への変革には資金が必要ですが、フォルクスワーゲングループは、2017年度を好調な業績で締めくくりました。2017年末の純流動性資金は 224億ユーロで、非常に健全な水準を維持しています。

2017年の売上高は2307億ユーロに達し、新記録を達成しました。また、ディーゼル問題の影響を受けたにも関わらず、営業利益も過去最高でした。(特別項目計上前の営業利益は170億ユーロ、計上後の営業利益は138億ユーロ)。

なお、ディーゼル問題に関連する特別項目による損失は、2017年度は32億ユーロとなっています。内容としては、主に北米のTDI車両の買い戻し、改修プログラムに関わる費用、ならびに法的リスクの増加によるものです。ただし、2017年はグループ史上最高の販売台数となり、営業利益などを押し上げました。

このような中、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、NCS充電ネットワークが使える『Volkswagen 充電カード』を提供開始すると発表しました(図1)。NCSネットワークの充電ステーションをお得な料金で利用できるサービスであり、プレミアムプランでは業界初の使い放題プラン(充電)を利用することができます。

Volkswagen 充電カード

図1 Volkswagen 充電カード 出典:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

月額5200円で充電使いたい放題

『Volkswagen 充電カード』は、合同会社日本充電サービス(NCS)が提供する、日本全国約2万基(2018年2月末時点)の充電ネットワークが利用可能となるサービスです。月額固定で普通・急速充電が使い放題となるプレミアムプランを含め、全3種類の料金プランが用意されています。

プレミアムプランは、電気自動車「e-Golf」のオーナーが月額5200円で利用できます。また、ベーシックプランは急速・普通充電に対応(月額3200円)しているものと、普通充電のみ対応(月額1400円)しているものがあります(図2)。

料金プランならびに対応モデル(税抜)

図2 料金プランならびに対応モデル(税抜) 出典:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

また、会員専用特典として、充電ステーション検索アプリ「EasyEV」にて充電ステーションの満空情報が確認できます(図3)。加えて、『Volkswagen 充電カード』のプラン料金が表示される会員専用の機能が追加されています。

充電ステーション検索アプリ“Easy EV”

図3 充電ステーション検索アプリ“Easy EV” 出典:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

なお、『Volkswagen 充電カード』の提供と同時に、『e-Golf Premium』を全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売しています(図4)。『e-Golf Premium』は、昨年10月に導入された電気自動車『e-Golf』に、内装の質感を高め、保証やサービスを充実させた特別仕様車となります。

特別仕様車「e-Golf Premium」

図4 特別仕様車「e-Golf Premium」

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光発電で成層圏への到達を目指す有人航空機「SolarStratos」、米SunPower社が参画発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年07月05日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電で成層圏への到達を目指す有人航空機「SolarStratos」、米SunPower社が参画発表

近年、再生可能エネルギーを航空分野に応用する技術への期待が高まっています。こうした中、米国SunPower社は、「SolarStratos」プロジェクトに参画し、航空機に使用する全ての太陽電池セルを供給すると発表しました。

電気のF1「フォミュラーE」とは、2018年から日産が日系自動車メーカーとして初参戦の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月26日

新電力ネット運営事務局

電気のF1「フォミュラーE」とは、2018年から日産が日系自動車メーカーとして初参戦

「フォミュラーE」は、ファンが積極的に参画することのできる、100%電動パワートレインの性能を競い合うグローバルレースです。これまで「フォミュラーE」には、日系自動車メーカーの参戦はありませんでしたが、第5シーズンから日産自動車が初めて参戦すると発表しました。

帝人、創立100周年記念、ソーラーカーによる南極点到達プロジェクトを支援の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月15日

新電力ネット運営事務局

帝人、創立100周年記念、ソーラーカーによる南極点到達プロジェクトを支援

帝人は6月、欧州においてソーラーカーにより南極点到達を目指すプロジェクト「Clean 2 Antarctica」(C2A)を支援すると発表しました。本年6月に迎える創立100周年記念プロジェクトの一環であり、5種類の素材・製品を提供しました。

ポルシェ初の電気自動車「Taycan」、2019年から生産予定、日本では2020年に発売の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月13日

新電力ネット運営事務局

ポルシェ初の電気自動車「Taycan」、2019年から生産予定、日本では2020年に発売

Porscheはブランド誕生70周年の記念イベントにて、同社初のEVスポーツカーの名称を「Taycan」に決定したと発表しました。2022年までに、電動車と関連技術に60億ユーロを投資し、そのうち5億ユーロを「Taycan」派生車種の開発に投じるとしています。

国内初、電動自動車の蓄電池を活用したV2Gアグリゲーター実証が開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月05日

新電力ネット運営事務局

国内初、電動自動車の蓄電池を活用したV2Gアグリゲーター実証が開始

中部電力は5月30日、豊田通商と協力し、車載蓄電池から電力系統へ充放電する実証事業を実施すると発表しました。国内初の試みであり、電動車の蓄電池への充電だけではなく、電力系統に逆潮流させることで、電動車の需給調整用途活用を目指すものとなります。