FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍に

2018年06月22日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍にの写真

積水化学工業は6月、VtoH(Vehicle to Home)搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。

積水化学工業、VtoH搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施

EVを一般家庭の自家用車として採用した場合、走行のみでは蓄電池の機能をフルに使うことは難しく、大容量蓄電池が十分に活用されているとは言えない状況です。しかし、VtoH導入により住宅とEVの双方向の電力融通をすることで、走行だけでは使い切れなかった電力を住宅で利用することが可能になります。

また、EVは家庭用蓄電池と比べ大容量の蓄電池を搭載していることから、住宅と組み合わせることで経済性の向上が可能です。加えて、災害時の安心安全を確保できるなどのメリットが期待されます。

このVtoHに太陽光発電を組み合わせることで、さらなる経済価値、安心価値の向上が期待できます。太陽光発電については、2019年から発生するFIT期間終了後の設備により、大量の余剰が発生すると目されています。これら大量に発生するFIT切れ太陽光発電については現在、有効な活用策が模索されている所です。

こうした中、積水化学工業は、VtoH搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。

64件の実邸を対象に調査実施

今回の調査は、PVとHEMS、そしてVtoHを搭載している64件の実邸を対象に実施されています。また、「経済モード」と「グリーンモード」といった2種類の運転モードによる検証が行われています。

経済モード

電力単価の安い深夜に充電して、電力単価の高い朝夜に放電することで経済メリットが出る。現時点でほとんど全てのユーザーが利用している。

グリーンモード

PVの余剰電力を充電し、夜間に自宅放電することで電力自給率を高めることができる。PVのFIT買い取り終了後には余剰電力活用策として多数のユーザーの利用が想定される。

まず、「経済モード」運転時のEVの蓄電池の電量利用量は、走行による利用に比べ、自宅での利用が約2.3倍となっています。また、EVが走行しない日が3~4割となる結果になりました。これらから、積水化学工業はVtoHの導入によって、EVの大容量蓄電池をより有効に活用することができるとしています。

また、年間平均では、蓄電残量は容量全体の40~60%となっていますが、これは非常時のバックアップ電源として活用できます(図1)。このようにEVが搭載する大容量蓄電池の能力を十分に活用できることが、VtoHのメリットと言えます。

「経済モード」運転時の状況

図1 「経済モード」運転時の状況

PVから充電を行う「グリーンモード」運転でも、EV走行による電力利用量の約1.7倍のエネルギーを自宅で利用できる試算結果となりました(図2)。積水化学工業は、FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策として、EV単体の導入だけでなくVtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。

ただし、「グリーンモード」運転では、年間平均すると約15~35%の充電機会損失が発生すると予測しています。それは、「悪天候でPVの発電量が不足する」、「EVが昼間不在でPVから充電できない」という要因によるものです。また、蓄電容量が大容量になるほど、機会損失も大きくなる傾向があります。

「グリーンモード」運転時の状況

図2 「グリーンモード」運転時の状況

電力自給率は平均48%、最大では84%に

「グリーンモード」運転では、昼間にPVから充電した電力をEV走行にも利用するため、電力自給率がその分低く算出されます。今回の調査における平均的なモデルでは、電力自給率が48%となりました。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

関西電力や東京ガスが異業種との共同研究・調査を実施。カーボンリサイクルの社会実装を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年04月19日

新電力ネット運営事務局

関西電力や東京ガスが異業種との共同研究・調査を実施。カーボンリサイクルの社会実装を目指す

2050年までのカーボンニュートラル達成に向けて、企業の再エネ導入や自動車をはじめとするEV化の動きが活発になっています。一方、もう少し先を見据えた動きも着々と進められており、その一つにカーボンリサイクルの取り組みがあります。今回は、将来的な社会実装を目指す、関西電力や東京ガスが行っている異業種との共同研究や連携の動きをご紹介します。

川崎重工の取り組みから見える日本の水素戦略と、世界各国の水素戦略についての写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年03月29日

新電力ネット運営事務局

川崎重工の取り組みから見える日本の水素戦略と、世界各国の水素戦略について

川崎重工業(以下、川崎重工)が大型ガスエンジンにおける水素30%混焼技術を開発。昨年には世界初の液化水素運搬船を公開しました。今回は、次世代のクリーンエネルギーである水素に注力する川崎重工の取り組みに注目しながら、日本の水素戦略と世界各国の水素戦略についてご紹介します。

欧州によるカーボンニュートラルへの対応、イギリスやフランスで進む核融合研究および原発新設の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年02月26日

新電力ネット運営事務局

欧州によるカーボンニュートラルへの対応、イギリスやフランスで進む核融合研究および原発新設

フランスが先日、脱炭素戦略に伴う原発新設を発表し、話題となりました。今回は、世界が化石燃料からのエネルギー転換を模索する中で、イギリスで発表された核融合研究の結果や、欧州委員会の動向、その背景について考えていきます。

家庭部門のCO2排出量66%減目標、住宅の省エネルギー対策「ZEH」とはの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年08月10日

新電力ネット運営事務局

家庭部門のCO2排出量66%減目標、住宅の省エネルギー対策「ZEH」とは

コロナの影響により在宅勤務が日常的なものとなったことで、私たちはより快適性や経済性に優れた住まいに対する関心は高まりつつあるのではないでしょうか。そのような中で、7月26日に政府が公表した「地球温暖化対策計画」の原案で、温室効果ガスの排出量を家庭部門で66%削減する検討をしていることが明らかになりました。また、27日には再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース(以下、タスクフォース)にて新築戸建て住宅の約6割に太陽光発電設備を設置することが表明されました。そこで今回は、家庭部門の省エネルギーの取り組みについて、その中でも特に「ZEH(ゼッチ)」に注目して考えていきます。

世界的な半導体不足の中で、『次世代パワー半導体・先端半導体』は日本の脱炭素×成長戦略のキーワードとなるかの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年07月09日

新電力ネット運営事務局

世界的な半導体不足の中で、『次世代パワー半導体・先端半導体』は日本の脱炭素×成長戦略のキーワードとなるか

5月19日、トヨタ自動車は「世界的な半導体不足で国内の2つの工場の稼働を一時停止する」と発表しました。約2万台の生産に影響が出るといいます。加藤官房長官は「半導体は産業のコメともいわれ、経済社会を支える極めて重要な基盤の部品」と述べた上で、「代替装置の調達支援など経済産業省でしっかり対応していく」としました。しかし、31日、米インテルCEOは「半導体不足解消はあと数年かかる」という見方を発表しています。 では今回は、いつから、どうしてこのような半導体不足という事態が起こったのか、またそこから見えてきた課題とは。そしてそれを克服し、脱炭素社会実現と経済成長の原動力とするための日本の取り組みについてご紹介していきます。