日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能に

2018年06月14日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内最大の水素発生装置を開発、メガ級の発電所の余剰電力を貯蔵可能にの写真

日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました。これにより、メガワット級の発電施設において「Power to Gas」による余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

メガクラスの再エネ発電所で「Power to Gas」

大規模なメガソーラーや風力発電所になると、わずかな出力変動でもMWレベルになり、蓄電設備もその規模に対応できる性能が必要とされます。大容量向けとして期待されている蓄電池には例えば、NAS電池、レドックスフロー電池といったものがあります。

NAS電池は、エネルギー密度が高く、電解質が固体のため自己放電がない等の特徴を持ちます。一方で、モジュール電池内部は約300℃となり、火災事故が発生した事例もあるため、特に安全性に対して対策をとるべき蓄電池の1つです。

レドックスフロー電池は、エネルギー密度が低いため小型化は不向きなものの、サイクル数が1万回以上と圧倒的に高いです。また、バナジウムやクロムなど燃焼性の低い物質を使うため、安全性にも優れています(図1)。

各種二次電池の比較

図1 各種二次電池の比較 出典:電気学会

再エネの余った電力を貯めておく手段として、蓄電池を使うほかにも「Power to Gas」があります。「Power to Gas」は、再生可能な電力から水素や合成メタンを製造する技術であり、例えば水電解は電力エネルギーにより水を分解して水素を取り出します。

この取り出した水素は、燃やしても水しか生成しないため、クリーンエネルギーとして利用が注目されています。こうした中、日立造船は6月、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる固体高分子型水素発生装置を開発したと発表しました(図2)。これにより、メガワット級の発電施設において余剰電力の貯蔵を可能とします。今年度に実証実験を開始し、来年度の販売開始を目指すとしています。

装置が入った40フィートコンテナ

図2 装置が入った40フィートコンテナ 出典:日立造船

可搬式のため設置コストが安価

水素発生装置は、風力発電など、再エネによって生み出された電力の余剰分を、水の電気分解により水素として貯蔵することができます(図3)。今回の装置は、国内最大となる200Nm3/hの水素製造能力を有し、メガワット級の電力変換に対応した国内初の製品です。また、高純度の水素(純度99.999%-dry)を製造可能です。

日立造船によると、心臓部である電解槽の大型化に関しては、同社の持つ電解技術とフィルタープレスの技術を融合させることにより、開発に成功したとしています。また、40フィートコンテナに収納した可搬式であり、ボンベの運搬・保管・交換が不要のため、設置コストが安価というメリットを持ちます。

(左)水素製造の仕組み、(右)固体高分子型電解槽

図3 (左)水素製造の仕組み、(右)固体高分子型電解槽 出典:日立造船

2019年度から販売開始の予定

日立造船は、1974年のサンシャイン計画から一貫して水素発生装置の開発に取り組んできました。2000年には水素発生装置「HYDROSPRING」の販売を開始しています。そして今回、水素需要の増加を見据えて大型固体高分子型水素発生装置を開発しました。

今後の予定については、本年度、柏工場において性能確認試験や耐久性試験などの実証実験を行います。そして2019年度から、本格的に販売を開始する予定です。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

新電力による卒FIT対象者へのPR、同封スキームにより改善見込、「卒FIT買取事業者連絡会」設立予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月20日

新電力ネット運営事務局

新電力による卒FIT対象者へのPR、同封スキームにより改善見込、「卒FIT買取事業者連絡会」設立予定

旧一電による卒FIT対象者への個別通知につき、新電力の買取情報を同封するスキームにつき調整が進んでいます。この取り組みは、FIT卒業電源へのアクセスに関する事業者間の非対称性の改善や需要家の選択機会の拡大に資するものと考えられます。

東京都、再エネ電力の購入を促す国内初のモデル事業を開始、共同事業者を公募の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月01日

新電力ネット運営事務局

東京都、再エネ電力の購入を促す国内初のモデル事業を開始、共同事業者を公募

東京都は6月、再エネ電力の購入希望者を募り、再エネ電力の購入を促す国内初のモデル事業を開始すると発表しました。7月5日から、都と共同で本事業の運営を実施する事業者を公募開始します。

出力46,199kWの地熱発電が稼働開始、10,000kWを超える大規模地熱は国内23年ぶりの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月22日

新電力ネット運営事務局

出力46,199kWの地熱発電が稼働開始、10,000kWを超える大規模地熱は国内23年ぶり

山葵沢地域においては、湯沢地熱社(電源開発と三菱マテリアル及び三菱ガス化学が共同出資により2010年4月に設立)が、2015年5月から山葵沢地熱発電所の建設を進めてきました。その後、2019年5月20日、電源開発などは同発電所の営業運転を開始したと発表しました。出力10,000kWを超える大規模地熱発電所の稼働は、国内では23年ぶりとなります。

日本における太陽光発電O&Mサービスの各社実績、Solarplazaがヒアリング結果公開の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月26日

新電力ネット運営事務局

日本における太陽光発電O&Mサービスの各社実績、Solarplazaがヒアリング結果公開

太陽光発電資産は年を重ねるにつれて、何らかの問題が発生するリスクが高くなっていきますが、O&M等によりそのリスクを最小限に抑えられます。こうした中、Solarplazaは、O&Mサービスを展開する企業にヒアリングを実施し、「日本におけるPVオペレーション&メンテナンス(O&M)」市場に関する各社の実績を発表しました。

環境省が温泉熱利用のガイドライン作成、バイナリー発電では6年未満で投資回収できるケースもの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月26日

新電力ネット運営事務局

環境省が温泉熱利用のガイドライン作成、バイナリー発電では6年未満で投資回収できるケースも

環境省は3月、温泉熱の有効活用を促進するための技術や検討手法などをまとめたガイドライン等を取りまとめました。本記事では、ガイドラインを参考に、温泉熱利用におけるバイナリー発電の採算性等について見ていきます。