太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割に

2018年05月29日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割にの写真

太陽光発電協会(JPEA)は5月、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。ピーク期の2014年度には9872MWもの出荷量がありましたが、2017年度には5670MWと約6割まで減少しており、FITの価格低下が大きな要因であると考えられます。

太陽光発電モジュールの国内出荷量、2014年度をピークに減少

2012年から始まった固定価格買取制度(FIT)は、高額に設定された買い取り単価を背景に、太陽光発電の普及を急速に後押しました。しかし、その負担額は年々と膨れ上がり、2018年度の再エネ賦課金は6年連続の上昇で2.90円/kwhとなりました。これは、月に300kwh利用する一般的な家庭の場合、年間では10440円、月間では870円という金額負担になります[関連記事]。

この負担減少のため、FITによる買い取り単価は年々と下がっていき、2012年度の当初は40円であったのが、2018年には18円と半額以下になっています(10kW以上2000kW未満)。そのため、国民負担の軽減は期待されるものの、ビジネス環境の急激な変化により、市場が大きく縮小していると考えられます。

こうした中、太陽光発電協会(JPEA)は、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。2017年度の太陽光発電モジュールの国内総出荷量は5246MWで、前年対比83%まで縮小しました。

2011年(1404MW)から2014年(9216MW)までの3年間は、FITの後押しもあり、国内出荷量は6倍以上と大幅に増加していました。しかし、そこをピークに減少に転じており、2017年度には5670MWとなりました。3年連続の減少となり、これはピーク期(2014年)の約6割の規模となります(図1)。

太陽電池の国内出荷量と総出荷量の推移(年度値)

図1 太陽電池の国内出荷量と総出荷量の推移(年度値)

日本企業モジュール、住宅用や発電用など全てのセグメントで減少

2017年度第4四半期における太陽光発電モジュールの国内出荷量は1376MWとなり、前年同期比で26%の減少となりました。この中で日本企業によるものは、住宅用途が188MW(前年同期比25%減)、発電事業が355MW(前年同期比24%減)、一般事業が241MW(前年同期比36%減)となりました。全てのセグメントにおいて、出荷量が縮小していることが分かります。

一方で外国企業の場合、住宅用途は86MW(前年同期比8%増)、発電事業が334MW(前年同期比44%減)、一般事業が172MW(前年同期比76%増)となりました。発電事業は縮小しているものの、住宅用途や一般事業は増加しています。ただ、発電事業の縮小が大きく、合計としては24%の減少となります(図2)。

なお、発電事業とは「売電を目的とした500kW以上の出力の発電装置」であり、一般事業は「オフィス、工場、学校、病院、役所、公共施設等に設置される発電装置 (500kW未満の地上設置を含む)」となります。

モジュールの用途別国内出荷量(MW)

図2 モジュールの用途別国内出荷量(MW)

モジュールの輸出量は、前年同期比57%の増加

セルとモジュールの輸出量を見ると、セルは49087kWとなり前年同期比11%増となります。また、モジュールに関しては47144kWと前年同期比57%の増加となります。モジュールにおいては、特に北米において伸びが著しく、前年同期と比較して約4倍になっています(図3)。そのため、輸出に関してはセルとモジュールの双方とも、増加していると言えます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

出力46,199kWの地熱発電が稼働開始、10,000kWを超える大規模地熱は国内23年ぶりの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月22日

新電力ネット運営事務局

出力46,199kWの地熱発電が稼働開始、10,000kWを超える大規模地熱は国内23年ぶり

山葵沢地域においては、湯沢地熱社(電源開発と三菱マテリアル及び三菱ガス化学が共同出資により2010年4月に設立)が、2015年5月から山葵沢地熱発電所の建設を進めてきました。その後、2019年5月20日、電源開発などは同発電所の営業運転を開始したと発表しました。出力10,000kWを超える大規模地熱発電所の稼働は、国内では23年ぶりとなります。

日本における太陽光発電O&Mサービスの各社実績、Solarplazaがヒアリング結果公開の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月26日

新電力ネット運営事務局

日本における太陽光発電O&Mサービスの各社実績、Solarplazaがヒアリング結果公開

太陽光発電資産は年を重ねるにつれて、何らかの問題が発生するリスクが高くなっていきますが、O&M等によりそのリスクを最小限に抑えられます。こうした中、Solarplazaは、O&Mサービスを展開する企業にヒアリングを実施し、「日本におけるPVオペレーション&メンテナンス(O&M)」市場に関する各社の実績を発表しました。

環境省が温泉熱利用のガイドライン作成、バイナリー発電では6年未満で投資回収できるケースもの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月26日

新電力ネット運営事務局

環境省が温泉熱利用のガイドライン作成、バイナリー発電では6年未満で投資回収できるケースも

環境省は3月、温泉熱の有効活用を促進するための技術や検討手法などをまとめたガイドライン等を取りまとめました。本記事では、ガイドラインを参考に、温泉熱利用におけるバイナリー発電の採算性等について見ていきます。

微細藻類から燃料を作る、世界初の事業確立を目指した挑戦、ユーグレナとデンソーが包括的提携の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月22日

新電力ネット運営事務局

微細藻類から燃料を作る、世界初の事業確立を目指した挑戦、ユーグレナとデンソーが包括的提携

ユーグレナと、自動車部品サプライヤー最大手のデンソーは、双方の微細藻類に関する知見を持ち寄り、さまざまな事業の実用化に向けた包括的な提携をすることで基本合意したと発表しました。

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月01日

新電力ネット運営事務局

東芝、酸化銅を用いた太陽電池で透明化に成功、世界初、発電効率22.0 %

東芝は、タンデム型太陽電池の実現に向けて、世界で初めて亜酸化銅を用いたセルの透明化に成功したと発表しました。透明で目立たず、限られた面積で高い発電効率を期待できる技術となります。太陽光発電事業において高い採算性の期待できる土地が少なくなる中、ニーズが高まっていくものと考えられます。