太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割に

2018年05月29日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割にの写真

太陽光発電協会(JPEA)は5月、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。ピーク期の2014年度には9872MWもの出荷量がありましたが、2017年度には5670MWと約6割まで減少しており、FITの価格低下が大きな要因であると考えられます。

太陽光発電モジュールの国内出荷量、2014年度をピークに減少

2012年から始まった固定価格買取制度(FIT)は、高額に設定された買い取り単価を背景に、太陽光発電の普及を急速に後押しました。しかし、その負担額は年々と膨れ上がり、2018年度の再エネ賦課金は6年連続の上昇で2.90円/kwhとなりました。これは、月に300kwh利用する一般的な家庭の場合、年間では10440円、月間では870円という金額負担になります[関連記事]。

この負担減少のため、FITによる買い取り単価は年々と下がっていき、2012年度の当初は40円であったのが、2018年には18円と半額以下になっています(10kW以上2000kW未満)。そのため、国民負担の軽減は期待されるものの、ビジネス環境の急激な変化により、市場が大きく縮小していると考えられます。

こうした中、太陽光発電協会(JPEA)は、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。2017年度の太陽光発電モジュールの国内総出荷量は5246MWで、前年対比83%まで縮小しました。

2011年(1404MW)から2014年(9216MW)までの3年間は、FITの後押しもあり、国内出荷量は6倍以上と大幅に増加していました。しかし、そこをピークに減少に転じており、2017年度には5670MWとなりました。3年連続の減少となり、これはピーク期(2014年)の約6割の規模となります(図1)。

太陽電池の国内出荷量と総出荷量の推移(年度値)

図1 太陽電池の国内出荷量と総出荷量の推移(年度値)

日本企業モジュール、住宅用や発電用など全てのセグメントで減少

2017年度第4四半期における太陽光発電モジュールの国内出荷量は1376MWとなり、前年同期比で26%の減少となりました。この中で日本企業によるものは、住宅用途が188MW(前年同期比25%減)、発電事業が355MW(前年同期比24%減)、一般事業が241MW(前年同期比36%減)となりました。全てのセグメントにおいて、出荷量が縮小していることが分かります。

一方で外国企業の場合、住宅用途は86MW(前年同期比8%増)、発電事業が334MW(前年同期比44%減)、一般事業が172MW(前年同期比76%増)となりました。発電事業は縮小しているものの、住宅用途や一般事業は増加しています。ただ、発電事業の縮小が大きく、合計としては24%の減少となります(図2)。

なお、発電事業とは「売電を目的とした500kW以上の出力の発電装置」であり、一般事業は「オフィス、工場、学校、病院、役所、公共施設等に設置される発電装置 (500kW未満の地上設置を含む)」となります。

モジュールの用途別国内出荷量(MW)

図2 モジュールの用途別国内出荷量(MW)

モジュールの輸出量は、前年同期比57%の増加

セルとモジュールの輸出量を見ると、セルは49087kWとなり前年同期比11%増となります。また、モジュールに関しては47144kWと前年同期比57%の増加となります。モジュールにおいては、特に北米において伸びが著しく、前年同期と比較して約4倍になっています(図3)。そのため、輸出に関してはセルとモジュールの双方とも、増加していると言えます。

なお、「セル」とは太陽電池の基本単位で、太陽電池素子そのものであり、「モジュール」はセルを必要枚配列して、パッケージ化したもの定義されます。

セルとモジュールの仕向先別輸出量

図3 セルとモジュールの仕向先別輸出量

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月08日

新電力ネット運営事務局

次世代の浮体式洋上風力発電、バージ型浮体が完成、NEDOと日立造船が協力

6月8日、NEDOと日立造船は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成させたと発表しました。バージ型浮体は、一般的なセミサブ型と異なり、水深50m程度の浅い海域でも設置可能です。今夏、北九州市沖に実証機を設置し、今秋頃からの実証運転を開始する予定としています。

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電モジュールの国内出荷量、3年連続の減少、ピーク期の6割に

太陽光発電協会(JPEA)は5月、2017年度の太陽電池出荷量に関する調査結果を発表しました。ピーク期の2014年度には9872MWもの出荷量がありましたが、2017年度には5670MWと約6割まで減少しており、FITの価格低下が大きな要因であると考えられます。

農業を組み合わせる営農型の太陽光発電、一時転用期間が3年から10年にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月22日

新電力ネット運営事務局

農業を組み合わせる営農型の太陽光発電、一時転用期間が3年から10年に

5月15日、農林水産省は営農型太陽光発電の一時転用期間を延長する等の促進策を発表しました。これまで、一時転用期間は3年でしたが、条件によっては10年に延長するとしています。

自然エネルギー財団、「企業や自治体による自然エネルギー調達ガイドブック」を発行の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月14日

新電力ネット運営事務局

自然エネルギー財団、「企業や自治体による自然エネルギー調達ガイドブック」を発行

近年、欧米の有力企業を中心に再エネ電源の調達が活発化しており、日本でも同様の動きが広がりつつあります。今回、「自然エネルギーの電力を効率的に調達するためのガイドブック」をまとめた自然エネルギー財団の石田雅也氏に、ガイドブックを作成するに至った背景や、日本における再エネ調達の現状をお伺いしました。

旭化成、再エネから作る「グリーン水素」実証プロジェクトを本格始動の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月08日

新電力ネット運営事務局

旭化成、再エネから作る「グリーン水素」実証プロジェクトを本格始動

旭化成は5月、風力模擬電源を使ってアルカリ水から水素を生成する「グリーン水素」の実証プロジェクトを開始したと発表しました。ドイツ連邦共和国NRW州ヘルテン市にある水素関連技術開発拠点「h2herten」にて実証が行われます。