アウディの戦略、2025年までに全モデルが電動化バージョンを選択可能に

2018年05月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

アウディの戦略、2025年までに全モデルが電動化バージョンを選択可能にの写真

5月9日、AUDI AGの取締役会は株主総会において「Audi.Vorsprung.2025」と名付けられた最新の企業戦略を提示しました。その中で、2025年に約80万台の電気自動車とプラグインハイブリッドを販売する目標を発表しました。全モデルが電動化バージョンを選択可能となり、その大分部は電気自動車で、一部はプラグインハイブリッド車となる予定です。

アウディ、2025年に約80万台の電気自動車とプラグインハイブリッドを販売する目標

アウディは1980年代後半から、電気自動車やハイブリッド車の開発に取り組んできました。内燃エンジンと電気モーターを組み合わせて使った最初の生産モデルは、1997年に発売された「Audi duo」です。その後、2009年のフランクフルトモーターショーで発表された「Audi R8 e-tron」は、2012年にニュルブルクリンクの北コースで、電気自動車として史上最速のラップタイムを叩き出しました。

2014年以降は、「Audi A3 Sportback e-tron」の販売を続けています。これは、アウディ初のプラグインハイブリッドモデルです。2016年には、「Audi Q7 e-tron」もデビューしています。

アウディの製品攻勢には、2025年までに20以上の電動化モデルを次々と投入する計画が含まれています。2018年には、量販シリーズとしてブランド初となる電気自動車を生産し、2019年に発売する予定です。その先駆けとなる「audi e-tron quattro concept」を、2015年のフランクフルトモーターショーで発表しています。

2020年には「Audi e-tron GT」が登場します。また、2020年にプレミアムコンパクトセグメントにも電気自動車を投入する予定となっています。

このように電動自動車を展開するアウディが、株主総会において「Audi.Vorsprung.2025」と名付けられた最新の企業戦略を提示しました。その中で、2025年に約80万台の電気自動車とプラグインハイブリッドを販売する目標を発表しました。全モデルが電動化バージョンを選択可能となり、その大分部は電気自動車で、一部はプラグインハイブリッド車となる予定です。

2030年までにアウディの全生産拠点をCO2ニュートラルに

アウディは、eモビリティの推進と同時に、生産拠点にも、資源節約のアプローチを採用しています。アウディは自社の環境フットプリントを正確に把握しており、2018年のブリュッセル工場のCO2排出量は、30000tになると予想されています。なお、ブリュッセル工場では、アウディ初の電気自動車が製造されています。

工場で使用する電力は、すべて再生可能なソースから供給されています。また、エネルギー管理の方法についても、例えばヒートポンプや、電力および省エネルギー照明のためのコジェネレーションシステムが整備されています。

加えて、排出ガスを削減するためのグリーンガスの調達が行われます。それでも発生する排出ガスは、他の場所で採用している補正プロジェクトによって実質上ゼロ扱いとなります。そのため、GHGプロトコルが定めるスコープ1及びスコープ2の排出量の、いずれに関してもニュートラルとなります。

ブリュッセル工場のCO2フットプリントは事実上存在しないことになり、ベルギーの試験機関であるVinçotte社から認定を受けています。アウディは、ブリュッセルに続いて、世界中のすべての生産拠点を2030年までにCO2ニュートラルにする予定としています。

デジタル化について新しいビジネスモデルを構築、2025年に営業利益10億ユーロを目標に

アウディは、デジタル化セグメントについて新しいビジネスモデルを構築し、この分野で2025年に営業利益10億ユーロを達成する目標を立てています。

Audi e-tronプロトタイプの市販バージョンでは、ドライバーアシスタンスシステムやインフォテインメントといった機能を柔軟に契約して利用できるようになります。また、今後、さらに多くのデジタルコンテンツとサービスを提供する予定としています。

自動運転の電気自動車「Audi Aicon」の試験走行を2021年に開始

AUDI AG技術開発担当取締役のペーター メルテンス氏は、「私たちは、2021年に、“Vorsprung durch Technik”の50周年に合わせて、Audi Aiconコンセプトカーをベースにした自動運転の電気自動車を発表します。ラウンジのようなインテリアを備えたこのクルマは、当初は都市間を結ぶシャトルとして公道における試験走行を開始し、2020年代の半ばには自動運転車として生産を開始する予定です」と述べています。

アウディの「燃料電池自動車」

アウディが採用する電動化ロードマップにおいて、水素は次の大きなステップとなるエネルギー源です。重量面で利点があり、システムコストも魅力的な燃料電池は、とくに大型車両において高電圧バッテリーの代替となる選択肢です。

フォルクスワーゲングループにおいて、アウディは燃料電池技術の開発を先導する役割を担っています。ネッカーズルム工場は、未来の駆動システムにおける主要なテクノロジーである水素及び燃料電池技術の開発で、中心的な役割を果たしています。

インフラ面については、燃料販売業者と車両メーカー、行政が力を合わせ、国内外における資金援助プログラムのネットワークを作ろうとしています。このグループによると、国際マーケットにおける大量生産に対応できるインフラは2025年には整備できるとのことです。計画では2030年までにドイツ国内に約1000か所の水素ステーションの設置を求めています。これにより、ドイツ全土をもれなくカバーすることができるとしています。

アウディは10年以上にわたり、燃料電池を搭載したコンセプトカーを製作してきました。最初のテスト車両であるコンパクトカーは、2004年に発表されました。その後、2009年に「Audi Q5 HFC」が発表されました。それ以降、燃料電池を搭載したアウディのモデルは「h-tron」と呼ばれるようになりました。

アウディのテクノロジーは、特定の地域だけでなく、世界中でゼロエミッション走行を可能にします。前提となるのは、タンクに充填した水素がち再生可能な方法で生み出された電気を使用して生産されているということです。エムスランド地方にある工場では、それが実践されています。2013年に稼働を開始したこの工場は、電力を使用して燃料用ガスを製造する業界初の試みです。風力発電の電気を使い、電気分解によって水素を発生させます。

アウディは、燃料電池自動車の本格的な生産開始を2020年代前半に予定しています。

2025年までに約400億ユーロを戦略的分野に投下

アウディによると、2025年までに約400億ユーロが、eモビリティ、自動運転、デジタル化といった戦略的分野に投下するとしています。これは、生産分野のデジタル化にも適用されます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

活性化する商用車の電動化!物流を変える商用EV市場の最新動向。の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年11月05日

新電力ネット運営事務局

活性化する商用車の電動化!物流を変える商用EV市場の最新動向。

欧州連合(EU)が2035年にガソリン車の販売を事実上禁止する方針を打ち出すなど、世界各国によるEVシフトの動きは加速の一途をたどっています。欧米メーカーだけでなく、中国勢もコスト力で存在感を見せています。ASEANやインドなどの新興国市場でもEVで先手を取ろうと各国のメーカーが積極的な動きを示しています。今回は、国内市場で動きが活発化している商用車の電動(EV・FCV)化について最新動向をみていきます。

日本の脱炭素社会実現へ、異業種のEV参入相次ぐの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年03月15日

新電力ネット運営事務局

日本の脱炭素社会実現へ、異業種のEV参入相次ぐ

循環型社会、脱炭素社会を目指す時代の流れとともに、近年、ガソリン車に比べて、参入障壁が低いことから、世界の名だたるIT・ハイテク企業がEVシフトを本格化させようとしています。こうした企業はEVと親和性の高い自動運転の分野で自社の技術を活かすことができます。“新しいモビリティ”としてスマホからEVへのシフトチェンジが起きており、EV市場の覇権争いが激化しています。今回は、世界の動向から日本の異業種参入の事例、そして日本のEV化の課題について考えていきたいと思います。

HEMSの未来を創るテスラ社がエアコン事業へ参入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年01月31日

新電力ネット運営事務局

HEMSの未来を創るテスラ社がエアコン事業へ参入

2020年9⽉22⽇、米テスラ社が開いた株主総会に伴うイベントで、CEOであるイーロン・マスク氏は、「家庭⽤エアコン事業を来年始めるかもしれない。「より静かで効率が⾼く、省エネ性に優れたエアコンを作れると思う」と発言したことが注目されました。HEMSの未来を創るテスラ社がエアコン事業へ参入した背景について考えます。

アップル社、2024年に電気自動車(EV)の生産開始を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2021年01月13日

新電力ネット運営事務局

アップル社、2024年に電気自動車(EV)の生産開始を目指す

2020年12月、ロイター通信は米アップルが2024年の電気自動車(EV)の生産開始を目指し、車載電池技術の開発を進めていると報じました。実現すれば、既存の自動車大手にとっては脅威的な存在となるかもしれません。

電気自動車による気候変動対策、世界の約95%のエリアで効果的、ケンブリッジ大学など発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2020年04月07日

新電力ネット運営事務局

電気自動車による気候変動対策、世界の約95%のエリアで効果的、ケンブリッジ大学など発表

エクセター、ナイメーヘン、ケンブリッジ大学は3月、電気自動車への移行により世界の95%のエリアで脱炭素化が実現するとの最新の研究結果を発表しました。研究では発電方法の違いを考慮して、世界を59の地域に分割した上で詳細なシミュレーションが行われました。