沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達

2017年11月22日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

沖縄エリアの再エネ導入量増加、沖縄電力が発電事業者へ優先給電ルールを伝達の写真

11月17日、沖縄電力は火力発電の出力制御などの措置を行っても、沖縄エリアの余剰が解消されないことが見込まれる場合には、各系統毎に、太陽光・風力の出力制御を行うと発表しました。沖縄電力は今後、バイオマス・太陽光・風力の発電事業者に、出力制御に関する具体的な対応内容について、書面の送付などを実施するとしています。

沖縄電力、優先給電ルールに基づき再エネ出力制御の可能性

出力変動があるため系統に影響を与える再エネ発電ですが、再エネの接続可能量および出力制御見通しについては、2014年度より「新エネルギー小委員会 系統ワーキンググループ」で定期的に算定を行うこととされています。沖縄電力においては、2014年12月18日に開催された委員会において、沖縄本島系統における太陽光の接続可能量を35.6万kWと報告しています。

そして翌年2015年1月26日施行の改正省令では、出力制御の対象が500kW未満の小規模設備まで拡大し、出力制御の上限が日単位(30日/年)から時間単位(太陽光360時間/年、風力720時間/年)となりました。

その後、2015年3月19日に開催された委員会において、沖縄電力は新ルールに基づき、太陽光の接続可能量を算定した結果、30日等出力制御枠が35.6万kWから49.5万kWとなることを報告しています。風力発電に関しては、2015年11月10日に開催された系統WGにおいて、風力の接続可能量を算定した結果、18.3万kWとなることを報告しています。

直近では、2017年10月17日に開催された系統WGにおいて、30日等出力制御枠については太陽光が49.5万kW、風力が18.3万kWと変更しないことが決定しています。この30日等出力制御枠とは、FIT制度において、電力会社が30日、360時間(太陽光)、720 時間(風力)の出力制御の上限を超えて出力制御を行わなければ、追加的に受け入れ不可能となる時の接続量をいいます。

このような規模の30日等出力制御枠が設定されている沖縄エリアですが、現在、再エネ発電設備の導入が急速に進んでいます。沖縄電力の主要な系統である沖縄本島系統においては、太陽光と風力の接続済み設備量の合計は、2016年9月末の29.9万kWから、1年間で2.9万kW増加し、2017年9月末で32.8 万kWとなっています。

このような中、沖縄電力は火力発電設備の出力制御等により、需給バランスを維持しています。しかし、これらの対策を行ってもなお、供給力が需要を上回る場合には、再エネ発電設備の出力制御を行う必要があります。それは、出力制御を行わなければ、電力の安定供給が損なわれる可能性があるからです。

こうした再エネの出力制御を行う場合には、電力広域的運営推進機関が策定した「優先給電ルール」に基づき運用されます。優先給電ルールとは、再エネを含めた供給力が需要を上回った場合、需要と供給のバランスを一致させるために、稼働中の電源等に対する出力制御の条件や順番を定めたものです。

「送配電等業務指針」に定められている同ルールは8段階に分かれています(図1)。今回、沖縄電力は、図1の①~⑤(沖縄電力の系統は本土との連系線がない独立系統のため③を除く)の措置を行っても、沖縄エリアの余剰が解消されないことが見込まれる場合には、各系統毎に、太陽光・風力の出力制御を行うと発表しました。

沖縄電力は今後、バイオマス・太陽光・風力の発電事業者に、出力制御に関する具体的な対応内容について、書面の送付などを実施するとしています。発電事業者には、沖縄電力からの連絡を待つよう要望しています。

優先給電ルールおよび出力制御の順番

図1 優先給電ルールおよび出力制御の順番 出典:沖縄電力

太陽光発電、案件により出力制御などの条件が異なる

太陽光発電については、契約申込の受付日や発電設備の設備量により、無補償での出力制御可能な上限時間・日数や出力制御の方法が異なります。

例えば、2015年1月26日~2015年3月31日迄に契約申込をした案件の場合は、10kW以上において年間360時間が無補償での出力制御の上限となり、出力制御の方法は自動制御(出力制御機能付PCS等)となります(図2)。

沖縄エリアにおける太陽光発電の区分

図2 沖縄エリアにおける太陽光発電の区分 出典:沖縄電力

風力発電、当面は20kW以上の発電設備が出力制御の対象

風力発電については、当面は、20kW以上の発電設備が出力制御の対象となります。出力制御方式は、エリア一括の出力制御方式(JWPA方式)です。この場合の無補償による出力制御の上限は720時間となります。

出力制御は、対象となる事業者を、制御区分や区分内の設備量等により、複数のグループに分けられ、グループ単位で実施されます。なお、複数のグループが同時に出力制御となる可能性もあります。

再エネ(太陽光・風力)の出力、最大で全体の40%に達する見通し

沖縄電力によると、沖縄本島系統においては2019年の軽負荷期(1~5月の土日・祝祭日等)に、再エネ(太陽光発電、風力発電)の出力は、最大で40%程度に達する見通しとしています。離島系統(宮古島系統)においては、2018年の軽負荷期に再エネ(太陽光発電、風力発電)の出力は、最大で50%程度に達する見通しとしています(図3)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月29日

新電力ネット運営事務局

2GWの国際連系線コストは日韓2000億円、日露6000億円で回収可能との試算に

自然エネルギー財団は6月、「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。報告書によると、日本が国際連系線を建設することは物理的・技術的に可能であり、陸揚げ後の国内ネッ トワークとの接続にも大きな問題がないとしています。

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月28日

新電力ネット運営事務局

29年度のインバランス収支は約270億円の赤字、余剰時料金やFIT特例が要因に

6月に開催された制度設計専門会合において、29年度における一般送配電事業者のインバランス収支が約270億円になったと発表がありました。二つの要因(余剰インバランス、FIT特例)について見ていきたいと思います。

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月22日

新電力ネット運営事務局

FIT買取終了後のPVとEVの連携、蓄電池の自宅への利用量はEV走行エネルギーの約2倍に

積水化学工業は6月、VtoH(Vehicle to Home)搭載住宅の実邸における利用実態調査を実施したと発表しました。FIT期間終了後のPV余剰電力の活用策としてEVへの期待が高まる中、EV単体の導入だけでなく、VtoHとあわせて導入することがより有効であるとしています。

10kW以上の発電所、系統利用料は月あたり150円/kW想定、地熱など設備利用率が高い施設が有利の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月07日

新電力ネット運営事務局

10kW以上の発電所、系統利用料は月あたり150円/kW想定、地熱など設備利用率が高い施設が有利

日本は、人口減少や再エネによる系統連系ニーズの拡大など、送配電関連費用を押し上げる方向での変化が生じてます。電力系統の効率化等については「送配電網の維持・運用費用の負担の在り方検討WG」で議論が進められていますが、見直しが検討されている制度について全体像を見ていきます。

第1回目の非化石価値取引、26社が参加し約定量は約500万kWh、価格は1.3円~4円/kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年05月23日

新電力ネット運営事務局

第1回目の非化石価値取引、26社が参加し約定量は約500万kWh、価格は1.3円~4円/kWh

5月18日、日本卸電力取引所(JEPX)は、「非化石価値」を取引する非化石価値取引市場において、第1回目の入札結果を発表しました。26社が参加し、最低価格は1.3円/kWh、最高価格は4円/kWhとなり、約500万kWhが約定しました。