電気自動車で世界記録、1078kmの連続走行を達成、米Tesla社の「Model S」

2017年08月18日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電気自動車で世界記録、1078kmの連続走行を達成、米Tesla社の「Model S」の写真

8月4日、米Tesla社の公式オーナー団体である「Tesla Owners Club ITALY」は、電気自動車による連続走行距離の世界新記録を樹立したと発表しました。充電することなく1078kmを走行し、これまでの世界記録である901.2kmより約170km長い距離の走行を達成しました。

航続距離が課題の電気自動車、ユーザーが求めるのは320km以上

電気自動車のスペックにおいて重要な指標の一つに、航続距離があります。「2015年次世代車に関する消費者意識調査結果」によると、2010年以降の一貫した傾向として、ユーザーが求めるEV航続距離は320km以上となっています(図1)。

一方で、現在のところ、30kWhの電池を搭載するリーフ(日産)の航続距離は280km、16kWhの電池を搭載するi-MiEV(三菱)の航続距離は172kmです。そのため、ユーザーの求める320kmに届いておらず、更なる電気自動車の普及には航続距離の伸長が重要といえます。

EVの期待航続距離

図1 EVの期待航続距離 出典: Deloitte Tohmatsu Consulting

充電なしで1000kmの連続走行を達成、世界記録を樹立

そうした中、米Tesla社の公式オーナー団体である「Tesla Owners Club ITALY」は、電気自動車による連続走行距離の世界新記録を樹立したと発表しました。充電することなく1078kmを走行し、これまでの世界記録である901.2kmより約170km長い距離の走行を達成しました。

記録を樹立したEVは、米Tesla社の「Model S」です。複数あるバリエーションの中で、上級グレードの「100D」が用いられました。

イタリア南部のSalerno郊外道路にて満充電状態から走行を始め、途中で充電することなく走り続けたところ、29時間かけて世界記録を樹立する結果となりました(図2)。

連続走行の世界記録

図2 連続走行の世界記録 出典:Tesla Owners Club ITALY

平均時速40kmで走行、オートパイロットによる半自動運転モードも活用

長距離走行の工夫としてエアコンは使用せず、低抵抗タイヤを装着し、平均時速40kmで走行を続けました。また、無駄な加減速をなくすため、可能な限りオートパイロットによる半自動運転モードが利用されました。

運転者は「Tesla Owners Club ITALY」に所属する5人のメンバーであり、運転者を交代しながらの走行となりました。運転手の一人であるRosario Pingaro氏によると、「半自動運転は時速40kmで走り続けるサポートをしながら、車線中央の位置を維持してくれた」といいます。また、記録を正式のものとするため、第三者の公証人が立ち会いました。

電力の消費量については、98.4kWhを消費しており、その電力は95%の効率で動力に変換できたとしています。効率的なガソリン車が30%程度の変換効率であることと比較すると、3倍以上の効率を実現する結果となりました。

イーロン・マスクがTwitterで祝福

今回の件について、Tesla社の会長兼CEOを務めるElon Musk氏はTwitterで、「一度の充電で1000km以上を走行した、正式記録として残る最初の量産EVだ」と祝福の言葉を述べました。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月30日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。2016年のセル+電池パックコストは273ドル/kWh となり、直近6年間で約1/4となる大幅なコストダウンが進んでいます。

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月29日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。EVは今後も順調にシェアを伸ばしていき、保有台数は2040年時点で2.8億台(全体の15%)に達し、電力需要が2%増、石油需要は2.4%減少すると見通されています。

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月19日

新電力ネット運営事務局

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始

1月17日、米国PG&Eはカリフォルニア州に7500台の電気自動車充電スタンドを設置するプログラムを開始すると発表しました。プログラムは2018年第1四半期から正式に開始され、2020年までの3年間継続されます。3年間の予算は1億3000万ドルです。

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月20日

新電力ネット運営事務局

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用

11月19日、Royal Dutch Shellとbio-beanは廃棄物となる「コーヒーかす」から作られたバイオ燃料を使用して、ロンドンのバスの一部に電力を供給していることを明らかにしました。bio-beanはShellから資金と技術面での支援を受け、2013年から4年を費やし、コーヒーを抽出した後の豆かすを原料とする燃料を開発しました。

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月01日

新電力ネット運営事務局

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野に

10月24日、ソニーは新たな移動体験の提供を目的としたニューコンセプトカート「SC-1」を試作開発したと発表しました。イメージセンサーで得られた映像をAIで解析することで発信する情報を変化させるほか、クラウド側には走行情報が蓄積され、それをディープラーニングで解析することで、最適な運行アシストに繋げることも可能です。