競争活性につながるベースロード電源市場、2019年度の開始時は約560億kWhの想定

2017年08月01日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

競争活性につながるベースロード電源市場、2019年度の開始時は約560億kWhの想定の写真

7月26日、電力・ガス事業分科会が開催され、その中でベースロード電源市場について議論が展開されました。本コラムでは、常時バックアップや部分供給からの移行が検討されているベースロード電源市場の概要について見ていきます。

2019年度から始まるベースロード電源市場

電力システム改革の3つの目的は、①安定供給の確保、②電気料金の最大限の抑制、③事業者の事業機会及び需要家の選択肢の拡大です。これに加えて、3E+Sを、事業者の経済合理的な行動を通じてより効率的に達成する観点から、今後も必要な市場等を整備することは重要です。

そのため、2016年の電力システム改革貫徹のための政策小委員会によって、ベースロード電源市場や容量市場、非化石価値取引市場などの新たな市場等を整備することが決定されました。ベースロード電源に関しては、2019年に市場取引が開始されることで、旧一般電気事業者と新電力のイコールフッティングが図られます(図1)。そうすることにより、更なる小売競争の活性化を実現することが期待されています。

制度改正のスケジュール・予定

図1 制度改正のスケジュール・予定 出典:経済産業省

これまで、旧一般電気事業者は、自社で保有等する限界費用の高い余剰電源(ミドル・ピーク電源)を中心に、卸電力取引所等に投入してきました。一方で、限界費用が安いベースロード電源については、経済合理的な判断の下、自らで利用していました。つまり、自主的取組の一環である、電発電源(石炭火力)の切出しについては、現在まであまり進んできませんでした。

つまり、石炭火力や大型水力、原子力等の安価なベースロード電源については、大手電力会社が大部分を保有しており、新電力のアクセスは極めて限定的な現状があります。

その結果、新電力はベースロード需要をLNG等のミドルロード電源で対応せざるを得ず、大手電力会社と比して十分な競争力を有しない状況が生じています。このため、新電力も大規模なベースロード電源へアクセスすることを容易とするための新たな市場として、ベースロード電源市場が創設されることとなります。これにより、旧一般電気事業者等は、発電した電気の一部を、適正な価格でベースロード電源市場に供出する必要が出てきます(図2)。

電気の流れ(イメージ)

図2 電気の流れ(イメージ) 出典:経済産業省

ベースロード電源市場の海外事例

ベースロード電源市場と同趣旨の制度目的を掲げる海外事例としては、フランスのARENHがあります(図3)。電力の売り手EDFとなり、一方で買い手は小売事業者や送配電事業者となります。取引量は最大年間1000億kWhであり、原子力発電発電量の約25%に相当します。

取引価格については、既存原子力発電所の費用を踏まえた固定価格であり、2012年1月までは40€/MWh,それ以降は42€/MWhで推移しています。

ARENHの枠組み

図3 ARENHの枠組み 出典:経済産業省

開始当初の市場規模は約560億kWhの想定

ベースロード電源市場の規模については、開始当初は、新電力等の総需要に対して中長期的なベースロード比率(例:長期エネルギー需給見通しの比率)と同量を、旧一般電気事業者等が供出することが想定されています。

開始当初の2019年度の試算値としては、総需要を15年度実績の8300億kWhと置き、新電力等の割合を12%、ベースロード比率を56%とすると、「約8300億kWh×12%×56%」となります。新電力等の割合12%は、足下の新電力への離脱率(約9%)が年1%で伸張すると仮定したものです。

つまり、ベースロード電源市場の規模は2019年度の開始時点で「約560億kWh」と推定されます(図4)。実際の取引に関しては、各々の買い手に購入枠を設定する等の事前規制を設けることも検討されます。

当初の全体供出量(イメージ)

図4 当初の全体供出量(イメージ) 出典:経済産業省

常時バックアップとベースロード電源市場の代替性

常時バックアップは、ベースロード電源代替という点で、ベースロード電源市場と政策目的が重複します。そのため、常時バックアップの取引量等を、ベースロード電源市場における供出量及び購入枠から控除することが検討されます。

ただ、常時バックアップの利用率は一定ではなく、スポット価格と比べて常時バックアップ単価が安い時は上昇し、高い時は低下の傾向があります(図5)。そのため、常時バックアップの利用者は、同制度を必ずしもベースロード電源代替として利用していない現状があります。

また、スポット市場(最低取引単位:1000kW)では十分需給調整ができない小規模事業者にとっては、引き続き常時バックアップの仕組みが必要との意見もあります。そのため、今後の常時バックアップの在り方については、事業者が足下どのような運用を行っているかの分析を進めつつ、検討を深めることが重要とされています。

常時BUの単価と利用率、スポット平均価格の関係性

図5 常時BUの単価と利用率、スポット平均価格の関係性 出典:経済産業省

部分供給とベースロード電源市場の代替性

部分供給の契約電力の算定方法や託送料金の取り扱いについては、「部分供給に関する指針」によって平成24年12月に定められました。その結果、部分供給に関する販売電力量は年々増加しており、平成27年度は全供給電力量のうち、約1.4%の電力が部分供給に関連して旧一般電気事業者及び新電力から販売されることとなりました。また、件数に関しても伸びており、平成28年9月末時点で約2万2千件に達しました(図6)。

このように増加している部分供給について、ベースロード電源市場創設後は、新電力が部分供給の需要に対して、自ら電力供給することが可能となると考えられています。そのため、新電力が部分供給を活用する必要は薄れるのではないか、とされています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

経産省、新型コロナ対策として電気・ガス事業者に支払い猶予等を要請、条件適合により1ヶ月繰り延べの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2020年04月17日

新電力ネット運営事務局

経産省、新型コロナ対策として電気・ガス事業者に支払い猶予等を要請、条件適合により1ヶ月繰り延べ

3月19日、経済産業省は「生活不安に対応するための緊急措置」(新型コロナウイルス感染症対策本部)を踏まえ、電気・ガス事業者に料金の支払いの猶予等を要請しました。この結果、多くの事業者が1ヶ月の支払い延長対応を行うこととなりました。

2020年度のFIT制度、改正FITに続く抜本見直し、地域活用(自家消費、地域一体型)の要素が取り入れられる見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2020年02月28日

新電力ネット運営事務局

2020年度のFIT制度、改正FITに続く抜本見直し、地域活用(自家消費、地域一体型)の要素が取り入れられる見込み

改正FIT法の成立から2年以上が経過し、再エネに関する状況も変化する中、再エネ特措法においては、2020度末までに、さらなるFIT制度の抜本見直しを行う旨が規定されています。これにより、今後のFIT認定に関して「地域活用要件(自家消費、地域一体型)」が求められるようになる見込みです。

沖縄県内で初受賞、新エネ大賞経済産業大臣賞「再エネサービスプロバイダ事業」、PV第三者所有/エコキュート/温水熱販売/非FIT相対契約を複合活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2020年01月08日

新電力ネット運営事務局

沖縄県内で初受賞、新エネ大賞経済産業大臣賞「再エネサービスプロバイダ事業」、PV第三者所有/エコキュート/温水熱販売/非FIT相対契約を複合活用

新エネルギー財団は、令和元年度の新エネ大賞の選定結果を発表しました。最高ランクとなる「経済産業大臣賞」には、宮古島未来エネルギー、宮古島市、ネクステムズ、三菱UFJリースによる「再エネサービスプロバイダ事業」が選定されました。なお、これまでの「経済産業大臣賞」は沖縄県内の受賞はなく、今回が初となります。

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年12月10日

新電力ネット運営事務局

EMS関連市場、卒FIT等により2030年に約1.7兆円、省エネからデータ取引等の付加価値の時代へ、富士経済予測

富士経済は国内のEMS関連市場を調査した結果として、国内市場が2030年に1兆7134億円(2018年度比194%)に達する見込みであると発表しました。この調査では、EMS関連システムや需要家側EMS関連設備、EMS関連サービスの市場動向を整理し、それらをEMS関連市場として定義した上で今後の動向を推測しています。

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年11月26日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の廃棄対応、1kWhの発電につき0.8円程度の積立金の可能性、10kW以上の設備、2022年7月開始予定

経済産業省では平成31年より「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」を設置し、適切な積立が行われるよう制度設計が議論されています。本記事では、使用済み太陽光発電に対する省庁の動きを見ていきます。