大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売へ

2017年06月05日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売への写真

インド政府は、国内で販売する自動車について2030年までに全て電気自動車とする政策方針を発表しました。インドでは年間100万人以上がPM2.5の影響で死亡しているという報告もあり、電気自動車への変換によって大気汚染が改善することが期待されます。

インド政府、2030年以降は電気自動車のみの販売に限定

大気を汚染し、人体に健康被害を及ぼすおそれのある代表的な汚染物質には、二酸化窒素や浮遊粒子状物質、微小粒子状物質(PM2.5)、光化学オキシダント、二酸化硫黄、一酸化炭素などがあげられます。日本において、これらの物質には、行政上の目標として環境基準が定められています(図1)。

日本における大気汚染に係る環境基準

図1 日本における大気汚染に係る環境基準 出典:東京都

大気汚染による政策や被害度合いは世界の各国で状況が異なっており、その中でもインドは特に健康影響の大きい国の1つです。「Global Burden of Disease 2015 report」によると、PM2.5の影響で世界では400万人以上が死亡し、その半数以上が中国とインドに集中していると推定されています(図1)。

こうした中インド政府は、国内で販売する自動車について2030年までに全て電気自動車とする政策を発表しました。インドのPiyush Goyalエネルギー相によると、最初の2〜3年間は政府が財政的に支援するとしています。その後については、電気自動車の生産は市場に支えられ、補助金に頼らない形が取られる方針です。

STATE OF GLOBAL AIR/2017によると、PM2.5による死亡者数はインドが世界二位であり、年間で100万人以上の規模となります。加えて世界銀行によると、GDPの3%の損失に繋がっていると推計されてます。今回の電気自動車への転換は、こうした状況を改善させる効果が期待できます。

PM2.5による年間死亡者数

図1 PM2.5による年間死亡者数 出典:Health Effects Institute

インドの人口は増加傾向のため、仮に同じ大気汚染の濃度であったとしても、影響を受ける人数の規模は大きくなっていきます。そのため、単純な死亡数の増加だけでは、それが大気汚染悪化の影響と判断することはできません。しかしインドの場合、一人当たりのPM2.5にさらされる量を見ても、2011年の64μg/m3から2015年には74μg/m3と悪化してきています(図2)。

PM2.5の一日当たりにさらされる量

図2 インドにおいて一日当たりにさらされるPM2.5の量 出典:State of Global Air

2016年にWHOが公表した資料によると、世界においてPM2.5の濃度が高い上位20都市の内、インドが10都市を占めていました。PM2.5の濃度が最も高い都市は、インドの中ではGwaliorとなり、176μg/m3にも達します(表1)。インド内での基準は40μg/m3以下であり、WHOの基準においては10μg/m3以下であるため、大幅に超過している状態といえます。

都市 ug/m3
1 Iran (Islamic Republic of) Zabol 217
2 India Gwalior 176
3 India Allahabad 170
4 Saudi Arabia Riyadh 156
5 Saudi Arabia Al Jubail 152
6 India Patna 149
7 India Raipur 144
8 Cameroon Bamenda 132
9 China Xingtai 128
10 China Baoding 126
11 India Delhi 122
12 India Ludhiana 122
13 Saudi Arabia Dammam 121
14 China Shijiazhuang 121
15 India Kanpur 115
16 India Khanna 114
17 India Firozabad 113
18 India Lucknow 113
19 China Handan 112
20 Pakistan Peshawar 111

表1 PM2.5の濃度が高い上位20都市 出典:WHO資料より作成

世界で進められる環境政策

今回の電気自動車への転換は、インド政府が進める環境対策の一部です。例えば、太陽光発電に関して、インド政府は2022年までに100ギガワットを目指すとしており、2016年の10ギガワットから10倍に伸ばす目標を掲げています。

また、トランプ大統領がパリ協定を離脱表明した後、Narendra Modiインド首相はパリ協定へのコミットメントを強化しています。インドは世界で3番目に大きな石油の輸入国となっておりますが、石油から離脱する方針で動いているので、長期的には石油需要が減少していく可能性があります。

今回の電気自動車への転換に関して、世界経済フォーラムによると、2030年までにインド内で600億ドルのエネルギーコストが節約され、何百万人もの自動車所有者のランニングコストが削減されるとしています。インドだけではなく、中国が4月に発表したロードマップにおいても、2025年に予想される年間3500万台の自動車販売の内、少なくとも5分の1を代替燃料車が占めることを目標としています。

こうした様々な動きがあり、電気自動車の台数に関して、BPは2015年の120万台から2035年には約1億台に増加し、世界の6%に達すると予測しています。これらの電気自動車の約4分の1は、電力と石油の混合で作動するプラグインハイブリッドであり、4分の3は純粋なバッテリー電気自動車としています。電気自動車のシェアが伸びることで大気汚染が改善され、ビジネスとしての市場も活性化していくことが期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月30日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(2)、蓄電池は6年間で約1/4の価格に、今後は次世代の全固体電池で性能向上

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。2016年のセル+電池パックコストは273ドル/kWh となり、直近6年間で約1/4となる大幅なコストダウンが進んでいます。

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月29日

新電力ネット運営事務局

電気自動車の未来(1)、2040年には全体の15%がEVに、電力需要は2%増

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は1月、電気自動車や天然ガス自動車に関するレポートを発表しました。EVは今後も順調にシェアを伸ばしていき、保有台数は2040年時点で2.8億台(全体の15%)に達し、電力需要が2%増、石油需要は2.4%減少すると見通されています。

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年01月19日

新電力ネット運営事務局

米国PG&E、3年間で7500台のEV充電器を設置する大規模プログラムを開始

1月17日、米国PG&Eはカリフォルニア州に7500台の電気自動車充電スタンドを設置するプログラムを開始すると発表しました。プログラムは2018年第1四半期から正式に開始され、2020年までの3年間継続されます。3年間の予算は1億3000万ドルです。

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月20日

新電力ネット運営事務局

「コーヒーかす」を自動車の燃料に、英ロンドン名物の赤い2階建てバスでエコ燃料採用

11月19日、Royal Dutch Shellとbio-beanは廃棄物となる「コーヒーかす」から作られたバイオ燃料を使用して、ロンドンのバスの一部に電力を供給していることを明らかにしました。bio-beanはShellから資金と技術面での支援を受け、2013年から4年を費やし、コーヒーを抽出した後の豆かすを原料とする燃料を開発しました。

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月01日

新電力ネット運営事務局

ソニー、AI×ロボティクスから生まれた電動の移動手段「SC-1」を開発、太陽光利用も視野に

10月24日、ソニーは新たな移動体験の提供を目的としたニューコンセプトカート「SC-1」を試作開発したと発表しました。イメージセンサーで得られた映像をAIで解析することで発信する情報を変化させるほか、クラウド側には走行情報が蓄積され、それをディープラーニングで解析することで、最適な運行アシストに繋げることも可能です。