電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定

2017年04月17日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定の写真

4月4日、シーメンスは電気飛行機「330LE」のプロトタイプにおいて、世界最高記録である340km/hを達成したと発表しました。重量わずか50kgのモーターで260キロワットの出力を実現し、グライダーを76秒で600メートルまで引き上げる牽引力もあります。

エアバス・グループとシーメンス、技術開発で提携

航空機の動力を電動化することが実現すると、燃料消費だけではなく、騒音までも大幅に低減することが可能となります。そうした観点からも、2016年4月7日、欧州航空・防衛大手エアバス・グループとドイツの総合電機大手シーメンスは7日、電気飛行機の技術開発で提携すると発表しました。この提携により、100席以下の航空機やヘリコプター、もしくは無人航空機において短距離~中距離の航行を実現する、様々な推進システムが共同開発されることとなりました。

その後の2016年7月、シーメンスは重量がわずか50キロで、従来の5倍となる約260キロワットの連続出力を可能とする新しいタイプの電動モータを開発したと発表しました。そして2016年11月25日、このモーターを搭載した「330LE」のプロトタイプは、わずか4分22秒で標高3000メートルに達し、毎秒11.5メートルの登り速度として世界記録を達成しました。

飛行の様子

「330LE」のプロトタイプの飛行の様子 出典:Siemens

世界最速の約340km/h、これまでよりも13.48km/h速い

2017年3月23日、「330LE」のプロトタイプはドイツの「Dinslaken Schwarze Heide」飛行場で、時速約337.50km/hの最高速度に達しました。新たな世界記録となるこの速度は、2013年に樹立されたこれまでの世界記録よりも13.48km/h速い数値となります。

世界最高速を達成した翌日、2017年3月24日にはグライダーを空に牽引する世界初の電動飛行機となりました。「LS8-neo」というグライダーを、わずか76秒で600メートルの高さまで持ち上げるパフォーマンスを発揮しています。

シーメンスはこの技術を、前述のシーメンスとエアバスが合意した共同プロジェクトに寄与するものとしています。今後はエアバスと協力し、この世界最速記録を樹立した電気モーターを活用することで、ハイブリット推進システムの開発を推進する予定としています。2030年までに、100人の乗客を約1000キロメートル運ぶことを目指すとしており、省エネ化や騒音問題の解決に寄与することが期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

英ダイソンが電気自動車を開発、2020年までの発売を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月29日

新電力ネット運営事務局

英ダイソンが電気自動車を開発、2020年までの発売を目指す

9月26日、サイクロン式の掃除機で有名な「ダイソン」は、電気自動車を開発し、2020年までの発売を目指す方針を明らかにしました。ダイソンの技術者と自動車業界の人材を組み合わせた、400名の規模となるチームを既に組成しており、今後も20億ポンドを投資することで事業を推進するとしています。

三菱ふそう社、電気トラック「eCanter」を量産する世界初の商用車メーカーにの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月21日

新電力ネット運営事務局

三菱ふそう社、電気トラック「eCanter」を量産する世界初の商用車メーカーに

9月14日、三菱ふそうトラック・バス社は、ニューヨーク市において、電気小型トラック「eCanter」を世界市場へ向けて発表しました。「eCanter」は、世界で初めて量産される電気トラックであり、2019年から一般の顧客向けに量産を開始するとしています。

日本初、飲食店などの排水を利用する「バイオマス発電車」、イベント時に直接供給も可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月11日

新電力ネット運営事務局

日本初、飲食店などの排水を利用する「バイオマス発電車」、イベント時に直接供給も可能

9月8日、NEDOは100KVA規模の発電機を搭載した国内最大級のバイオマス発電車を開発したと発表しました。燃料は、飲食店などにおける排水浄化の過程で分離回収される油脂を原料としており、日本初となります。

電気自動車で世界記録、1078kmの連続走行を達成、米Tesla社の「Model S」の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月18日

新電力ネット運営事務局

電気自動車で世界記録、1078kmの連続走行を達成、米Tesla社の「Model S」

8月4日、米Tesla社の公式オーナー団体である「Tesla Owners Club ITALY」は、電気自動車による連続走行距離の世界新記録を樹立したと発表しました。充電することなく1078kmを走行し、これまでの世界記録である901.2kmより約170km長い距離の走行を達成しました。

世界初、帆とソーラー発電システムの統合、再エネ発電を船舶に取り入れるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年08月03日

新電力ネット運営事務局

世界初、帆とソーラー発電システムの統合、再エネ発電を船舶に取り入れる

7月26日、福岡に本社を置くエコマリンパワーが、久福汽船と協力して、船舶用再生可能エネルギーソリューション「Aquarius MRE」の海上試運転の準備を開始したと発表しました。この取り組みにより、硬帆と太陽光発電の統合システムが、世界で初めて搭載されることになります。