郵便配達に利用する85000台の二輪車を電動バイクに、本田技研工業と日本郵便が協業

2017年03月27日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

郵便配達に利用する85000台の二輪車を電動バイクに、本田技研工業と日本郵便が協業の写真

3月23日、本田技研工業と日本郵便が、郵便配達に利用する二輪車を電動化し、それを用いた郵便配達による社会インフラ整備に向け協業すると覚書を締結しました。この協業では、電動バイクの導入だけではなく、郵便局への充電ステーション導入なども検討されることとなります。

日本郵政グループ、2008年から電気自動車の実証実験を開始

日本郵政グループは、車両が排出するCO2を削減するため、電気自動車やハイブリッド車などを導入しています。2008年度からは電気自動車の実証実験を開始し、環境面や業務面での効果と課題を様々な角度から検証し、車両メーカーに開発協力を要請するなど、本格導入に向けて準備を進めていました。

2009年7月からは、リチウムイオン電池を搭載した量産型電気自動車の販売が始まったことを受け、本格的に配備開始しています。そして2016年3月末現在、郵便局に営業用車両として電気自動車(自家用軽四輪)17台、集配用車両として電気自動車(事業用軽四輪)50台および電気自動車(事業用貨物)20台を配備しています。

さらに、2015年には全国で初めて「超小型モビリティによる集配作業の実証実験開始」を始めているほか、リヤカー付き電動アシスト自転車の導入も行うなど、低炭素社会に向けて環境対応車両の導入を積極的に進めています(図1)。

日本郵便による低公害車への切替

図1 日本郵便による低公害車への切替 出典:日本郵便

日本郵便と本田技研工業が二輪車の電動化で協業

環境対応車両の導入を進めている日本郵便ですが、現行の二輪車を電動化するために、本田技研工業と協業します。3月23日、覚書を締結したと発表があり、電動二輪車等や郵便局での充電ステーションの実証実験が行われます。

日本郵便と本田技研工業は、約半世紀にわたり二輪車の開発・運用を通じて、効率的な郵便配達業務の協力関係を築いてきました。今回の電動化における実証実験では、日本郵便は、本田技研工業の開発する電動二輪車等を用いた実証実験を行います。そうすることで、郵便配達業務への電動二輪車等の導入の可能性が検討されます。

また、今回の実証実験は日本郵便が保有する85000台以上の二輪車が電動化するだけではなく(図2)、郵便局への充電ステーション導入も検討が行われます。将来的には、充電ステーション機能を通じて郵便局が、より利便性の高い「人々の集う場所」として、地域にさらに貢献できる存在となることも目標となっています。

郵便事業用車両の保有台数

図2 郵便事業用車両の保有台数 出典:日本郵政

GPS機能で、近距離移動における業務を支援するクラウドサービスを利用

本田技研工業は、二輪車などの近距離移動における業務効率向上を支援するクラウド型ソリューションサービス「Honda Biz LINC」を開発してきました。「Honda Biz LINC」はスマートフォン等の位置情報(GPS機能)を活用するものです。

例えば、本部や店舗がタブレットに受注内容や配達先をインプットすると、配達員はスマートフォンで受注内容などを確認し、表示される最適ルートで配送することができます(図3)。今回の実証実験では、郵便配達業務の車両で「Honda Biz LINC」が利用されます。車両の位置情報を把握できる機能等を活用することで、車両をより効率的で安全に運用することを目指す、としています。

そのほか、郵便配達用二輪車に関する保守体制も構築されます。現在、本田技研工業が日本郵便に納入し配達業務に使用されている郵便配達用二輪車を、安心して業務に使用できることを目的とした保守体制を全国で強化するとしています。

Honda Biz LINCの機能の一部

図3 Honda Biz LINCの機能の一部 出典:本田技研工業

Hondaの電動バイク、2018年には国内で販売予定

Hondaのスーパーカブは、1958年の発売以降、延べ160ヵ国以上で販売され、世界で最も使われている二輪車となりました。その後も、それぞれの国や地域に根付いたモノづくりをグローバルな展開につなげ、2014年9月にはHondaの二輪車は世界生産累計3億台を達成しました。

このHondaの原点ともいえるスーパーカブにモーターを搭載したのが、「EV-Cub」です。第44回東京モーターショー2015において、「EV-Cub Concept」が発表され、2018年を目途に国内でも販売開始される予定であり、ASEANでの普及に挑戦する計画も進められています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

トヨタ自動車、船舶向けの燃料電池を初開発、再エネによる世界一周の航海を支援の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2020年02月13日

新電力ネット運営事務局

トヨタ自動車、船舶向けの燃料電池を初開発、再エネによる世界一周の航海を支援

トヨタ自動車は2月、トヨタの欧州事業を統括するToyota Motor Europeと共同で、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用し、再エネで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」向けのFCシステムを開発したと発表しました。

環境省が「木から作る自動車」を公開、2016年に世界初始動したNCVプロジェクトの成果の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年11月11日

新電力ネット運営事務局

環境省が「木から作る自動車」を公開、2016年に世界初始動したNCVプロジェクトの成果

環境省は「東京モーターショー2019」にブースを展開し、木から作る軽量化したコンセプトカーを展示しました。同時に、世界初となるGaNを用いた超省エネルギーコンセプトカーも同時公開しています。

旭タンカーなど4社、EV船の開発に向けe5ラボ設立、2021年半ばまでに「世界初」のゼロエミッションタンカーを目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月07日

新電力ネット運営事務局

旭タンカーなど4社、EV船の開発に向けe5ラボ設立、2021年半ばまでに「世界初」のゼロエミッションタンカーを目指す

8月6日、旭タンカー、エクセノヤマミズ、商船三井、三菱商事の4社は、電気推進(EV)船の開発、およびEV船を中心とした新しい海運インフラサービスの構築に向けた戦略的提携に合意し、新会社「株式会社e5(イーファイブ)ラボ」を設立したと発表しました。

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年07月29日

新電力ネット運営事務局

太陽光の逆潮流をEVで抑制、入札で充電時間シフト、PV出力抑制量を約半減、電力コストは約2割減

科学技術振興機構(JST)は、早稲田大学と東京大学の研究グループにより、電気自動車保有者の充電時間帯に着目したオークション式エネルギーマネジメント手法が開発されたと発表しました。

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月28日

新電力ネット運営事務局

日本初、CO2ゼロの都市型通勤電車が実現、世田谷線の運行が再エネ100%に

東急電鉄は、東北電力、東急パワーサプライの協力により、水力および地熱のみで発電した再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を2019年3月25日から開始すると発表しました。東急電鉄によると、都市型鉄軌道線における、日本初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行になるとしています。