中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリット

2017年02月21日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリットの写真

2月15日、中部電力は新型プリウスPHV向けの新サービスの提供について発表しました。新サービス「カーエネ」は、「PHVつながるでんきサービス」の一つとして、エコ運転や充電をサポートする付加価値をユーザーに提供します。

プリウスと料金プランの連携で新しい付加価値

中部電力は、トヨタ自動車が販売する新型プリウスPHVの利用者向けに、エコ運転や充電をサポートする新サービス「カーエネ」の提供を開始しました。「カーエネ」を利用すると、家庭の電気の使用状況に併せたPHVの充電量等の「見える化」や、エコ運転アドバイスが提供されます。それらのサービスは、プリウスPHVに装着される車載通信機(DCM:データ・コミュニケーション・モジュール)を通じて得ることができる、EVモード走行距離や自宅充電量等の情報に基づいています。それらの情報をトヨタスマートセンターが受け取り、家庭向けWEBサービス「カテエネ」とシステム連係することで、サービスが実現しています。

そのほか、PHVの充電量に応じて、カテエネポイントに交換できるコインがプレゼントされます。これらのサービス利用により、ポイントも獲得しながら、毎日の運転状況やエコ運転の成果等を楽しみならがチェックすることができます。なお「カーエネ」の利用には、トヨタ自動車向け通信情報サービス「T-Connect」と「カテエネ」両方に加入する必要があります。

「カーエネ」サービスの仕組み

「カーエネ」サービスの仕組み 出典:中部電力

EVモードで走った割合などが把握できる

充電量に対する走行距離を、他のPHVユーザーと比較することができます。これにより、自身のドライブが他のユーザーと比較し、どの程度効率的に走れているのか把握することができます。また、充電した電気で走った割合(EVモード走行率)が表示され、月初めから当日までの運転状況を一目でチェックできます。加えて、より効率的な運転や充電ができるよう「エコ運転アドバイス」によりサポートされます。

運転状況・エコ運転アドバイスのイメージ

運転状況・エコ運転アドバイスのイメージ 出典:中部電力

充電をするだけでポイントを獲得

「カーエネ」では、EVモード走行によって削減できた費用やCO2排出量などが分かるようになるので、エコ運転の成果を確認することができます。また、自宅でのPHV充電量1Kwhにつき、カーエネ上で5コインを貯めることができます。貯まったコインは、1000コインにつきカテエネポイント100ポイントと交換できます。なお、カテエネポイントは「1P=1円」として、100P(100円)単位で電気料金の支払いに充てることができます。そのほか、暮らしの便利グッズや提携先ポイントへの交換などにも利用することが可能です。

運転レポートやコイン獲得のイメージ

運転レポートやコイン獲得のイメージ 出典:中部電力

過去の各種データがグラフとして見える化

日別、月別のEVモード走行率やEVモード走行距離、充電のデータがグラフで表示されます。詳細な運転・充電の履歴を確認でき、これまでのドライブの記録を振り返ることが可能です。

運転・充電の履歴表示イメージ

運転・充電の履歴表示イメージ 出典:中部電力

「PHVつながるでんきサービス」は5社で実施

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売への写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月05日

新電力ネット運営事務局

大気汚染の影響による死亡数が世界2位のインド、2030年までに電気自動車のみ販売へ

インド政府は、国内で販売する自動車について2030年までに全て電気自動車とする政策方針を発表しました。インドでは年間100万人以上がPM2.5の影響で死亡しているという報告もあり、電気自動車への変換によって大気汚染が改善することが期待されます。

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月10日

新電力ネット運営事務局

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航

5月3日、シンガポール空港はサンフランシスコ線に投入するA350-900で、バイオ燃料による太平洋横断飛行を開始したと発表しました。最初のフライトは、5月1日にシンガポール行きの便としてサンフランシスコを出発し、206人の乗客が搭乗しました。

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月24日

新電力ネット運営事務局

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功

4月20日、Liliumはドイツのバイエルン州において、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」の飛行試験が成功したと発表しました。電動のため環境や騒音への影響が少なく、滑走路も必要でないことから、都市部での利用可能性も期待できます。

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月17日

新電力ネット運営事務局

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定

4月4日、シーメンスは電気飛行機「330LE」のプロトタイプにおいて、世界最高記録である340km/hを達成したと発表しました。重量わずか50kgのモーターで260キロワットの出力を実現し、グライダーを76秒で600メートルまで引き上げる牽引力もあります。

世界初、走行中の自動車にワイヤレス給電、EVの課題である航続距離の短さを解決の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月13日

新電力ネット運営事務局

世界初、走行中の自動車にワイヤレス給電、EVの課題である航続距離の短さを解決

4月5日、東京大学大学院、東洋電機製造、日本精工による研究グループは、ワイヤレス電力伝送を用いたインホイールモータを開発し、走行に成功したと発表しました。世界初となるこの技術により、ワイヤレス通信を用いることで車体と車輪間の完全なワイヤレス化を実現しました。