九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献

2016年05月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献の写真

5月11日、福岡工業大学(福岡市東区)工学部電気工学科の田島研究室は、焼酎製造時に生じる「粕(かす)」を活用した充電池を開発したと発表しました。九州で大量に発生する焼酎かすの新たな活用法を開拓したことで、地域の環境保護や産業の活性化が期待されます。

焼酎かすの充電池で地域の環境保護や産業の活性化

今回、福岡工業大学の田島研究室が開発した充電池は、焼酎かすを利用したものとなります(図1)。焼酎かすは、焼酎を製造するときに得られる蒸留後の残渣(焼酎かす)であり、その処理が社会的な問題となっています。2007年4月からは、ロンドン条約を背景とする改正海洋汚染防止法により、焼酎粕の海洋投棄が原則全面禁止になり、陸上処理が原則となりました。

今回の充電池は、焼酎かすの廃棄費用に悩む九州の焼酎業界への貢献が期待されます。また、本来廃棄するものを利用するため、低コストであり、かつ放充電の際に劣化が少なく長期間の使用も可能な特徴を持ちます。九州で大量に発生する焼酎かすの新たな活用法を開拓したことで、地域の環境保護や産業の活性化も期待されています。

焼酎粕から充電池ができるまで

図1 焼酎粕から充電池ができるまで 出典:福岡工業大学

焼酎かすから、材料となる活性炭の作製と電気二重層キャパシタへの応用

今回の充電池は「電気二重層キャパシタ」というタイプのものです。「電気二重層キャパシタ」とは、活性炭の表面にある微細な隙間に多数のイオンが付着したり放出されたりする現象を利用した充電池のことです(図2)。

通常の充電池と比較して、貯められる電気の量は劣るものの、短時間で充放電する瞬発力に優れており、繰り返しの使用に非常に強いという特徴があります。そういった特徴があるので、ハイブリッド自動車のブレーキ時におけるエネルギーを急速に蓄えたり、発進・加速時に大きな電力を供給したりする用途に適しています。

電気二重層キャパシタの原理

図2 電気二重層キャパシタの原理 出典:福岡工業大学

今回の開発では、焼酎工場から排出される焼酎かすから、材料となる活性炭の作製と電気二重層キャパシタへの応用に成功しました(図3)。製法の工夫により、従来から多く用いられてきたヤシ殻由来の活性炭と比較して、イオンを表面に保持する能力が約13%向上しました。また、その活性炭を電気二重層キャパシタの電極として応用し、貯めることができる電気の量も全体として約20%向上させています。

焼酎粕から作製されたカーボン

図3 焼酎粕から作製されたカーボン 出典:福岡工業大学

焼酎の種類によって蓄えられる電気の量が異なる

以下にて、今回の充電池について特徴を纏めます。まず、大きな特徴として焼酎の種類によって蓄えられる電気の量が異なる点が挙げられます。そのため、様々な種類の焼酎を試すことにより、改良の余地が大きいと考えられます。なお、焼酎かすは紅乙女酒造(福岡県)が提供しており、実用化に向けて今後も協力して研究を進めていくとしています。

そのほか、廃棄物を使用し、レアメタル等を用いないため、製造コストは低く抑えられることが期待できます。加えて、充電・放電の際に劣化が少なく長期間使用できます。

また、余った電気を無駄なく回収したり、一度にたくさんの電気が必要となる用途に適しています。将来的には、何時間もかかっていた充電を一瞬でできるようになる可能性があり、電気自動車、小型モバイル機器、家庭用の充電池などへの実用化が期待できます。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年12月27日

新電力ネット運営事務局

日本で普及が進む高効率な1500V対応のメガソーラー、アイテスが点検機器を開発

アイテスは、直流電圧1500Vに対応したインピーダンス測定器である「ソラメンテ-Z(SZ-1000)」を開発しました。高電圧な太陽光発電所(1500V)の故障ストリングを特定することが可能な製品となります。

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年11月12日

新電力ネット運営事務局

日本初のバイオ燃料製造実証プラントが完成、2019年夏に次世代バイオディーゼル燃料供給開始

11月にユーグレナは、日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを2018年10月31日に竣工し、日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』を新たに宣言すると発表しました。

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月24日

新電力ネット運営事務局

大気中の粒子で太陽光を直接遮断する温暖化対策、UCバークレーが農作物への影響を発表

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームでは、硫酸塩エアロゾルを大気中に散布する温暖化対策において、全球の作物収量に与える影響を調べています。最近の報告によると、エアロゾル粒子による地球温暖化対策を行った場合、作物収穫量は増加も低下もしないとしています。

世界初、再エネ由来の水素を用いて合成した「アンモニア」による発電に成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月22日

新電力ネット運営事務局

世界初、再エネ由来の水素を用いて合成した「アンモニア」による発電に成功

10月、日揮および産業技術総合研究所で構成されるグループは、共同で研究を進めていた「再エネによる水の電気分解で製造した水素を原料とするアンモニアの合成、および合成したアンモニアを燃料としたガスタービンによる発電」に世界で初めて成功したと発表しました。

ドローンによる新たな電力設備の点検手法、「自動的」に飛行ルートを計画、2019年度の導入見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月12日

新電力ネット運営事務局

ドローンによる新たな電力設備の点検手法、「自動的」に飛行ルートを計画、2019年度の導入見込み

岡山理科大学と電源開発は9月、電力設備を自動的に撮影できるドローンを用いた「電力設備自動撮影技術」を共同で確立し、特許を出願したと発表しました。飛行制御・回避制御及び高速な画像処理を同時に行うことによって、ドローンの高精度な飛行を実現します。点検業務の安全性向上とともに点検の質向上が大きく期待でき、危険な高所作業が軽減される技術となります。